2008年 02月 25日 ( 1 )

報告

c0019089_2072815.jpg

コレは何かというと、弾詰まりをおこしたSIG SG552のチャンバーから取り出した6mmBB弾でございます。

実はSG552はラード氏のところへ嫁入りしておりまして。
事の発端は、ラード氏の愛銃、H&K G36Cが長年の酷使に耐えかね、ついに発射不能となったとのこと。それならP90やM14、スコーピオンなどという個性的な銃のせいであまり使われる機会がないウチのSG552をお譲りしようと。ところがラード氏のもとでの初陣、先日のTeam2chのゲーム@デザートユニオンで、マグチェンジの際に弾詰まりを起こし発射不能に。そのときはクリーニングロッドで詰まった弾をつつきだしたんですが、今回のSEALSのゲームでも同じ症状になりまして、今度はどうやっても詰まった弾を取り出すことが出来ませんでした。

わたしとしては嫁に出した以上はウチの娘ではないのですが、さすがにちょっと責任を感じまして・・・一回引き取って修理とチェックをさせてもらうことにしました。
SG552は分解が面倒という噂を聞いてまして、正直気が重かったんですがネットで分解の手順を調べてやってみました。

まあチャンバーとバレル周りならさほど面倒でもないですね。ネジを6~7本はずす必要がありますが。P90だとネジをはずす必要すらありませんので、それに比べれば面倒といえば面倒。
で、フレームからチャンバー&バレルを取り外すと、詰まっていた弾がポロっと落ちてきました。クリーニングロッドでかなり力を入れてつついても取れなかったんですがねぇ。HOPパッキンの変形を疑っていたんですが、バレルを覗いてみたところではそんな気配もありません。組みなおして撃ってみたところ、ごく普通に弾が出ました。なんだったんだろ。

推測するに、マガジンがセットされたときに、チャンバー全体が上に押し上げられてチャンバー上部にあるHOPの調整バーがフレームに当って弾が通らないぐらい強いHOPがかかってしまったのではないかと。考えづらいトラブルなんですが、これしか考えられないんですよね。

というわけで、マガジンをセットするときはガシッと押し込むのではなく、そっと優しく挿入するようにお願いします。>ラード氏
次のゲームの時に納品させていただきます。
by namatee_namatee | 2008-02-25 20:31 | survival game | Comments(2)