ちーむ2ちゃんねる秋の陣The3rd(雑感)

c0019089_18441873.jpg

特にネタがないのでサバゲネタを続けますよっと。

中央にブラックホークダウンのシュガート軍曹とゴードン曹長みたいな人たちがいますが、彼らが黄軍の大将(代行)と参謀長でございます。右の方にSSの将校が写ってるような気がしますが、気にしない気にしない。左側にはTVのプロデューサーみたいなのも居ますが、見た通りプロデューサー(でも偽物)なんで、これも気にしない気にしない。

これはゲーム開始前の宣誓をしているところ。本来の大将は他に居るんですが、仕事で遅れる(結局、夜中に来て朝に帰った。)との事でシュガート軍曹が代わりに宣誓をしました。w

この二人が容赦なく我々を戦場に駆り立てるんですわ。ヒットされて本陣に帰ってくると、即座に状況報告を求められ、弾の補給が終わり次第、出撃するようにとおっしゃる。(汗

そもそも黄軍は赤軍に比べて兵隊の数が少なかったようで、その分、体育会系といわれるチームの特質を生かして、フル回転でがんばるようにと、ゲーム開始直前にお達し。なんていうか、もう悲壮感漂うなかでの戦闘開始なわけですよ。

まあフタを開けてみれば、赤軍の腰抜けぶりは去年と同じで、戦況は全体的に黄軍が押し気味で推移しました。最終的なポイントも黄軍の-500対赤軍の-950ぐらいで圧倒的な勝利でした。お祭りですので勝ち負けは関係ないといいますが、スコアがある以上、どっちが勝ったのかは気になりますよね。

今回のゲームでは大将ってのはルール上、一回ヒットされるとマイナス50ポイントだそうで、うっかり本陣から出るわけにも行きません。その本陣ですら、わたしたちがしたように、奇襲や強襲を受けるわけで、シュガート軍曹は敵襲がありそうな時には本陣の地べたにずっと伏せていたそうですよ。それはそれで大変ですなぁ。w

今回は本格的に無線を使ってサバゲに参加してみました。その効果のほどは・・・実はなんかよくわからないってのが本音。本部からの指示に基づいて行動するってのが、イマイチ身についてないもんでねぇ。あとグループごとに指揮されていたので、個人行動がベースのわたしにはそもそも合わないやり方だったのかもしれません。個人同士で指示や連絡、あるいは会話するというのなら、大声を出さなくても済みますので夜襲の時なんかに便利かな、と思いましたし、実際にそういう使い方をしましたけど。

使った銃器などについては・・・あ、これは明日のネタにしようっと。
by namatee_namatee | 2008-10-14 18:44 | survival game | Comments(2)
Commented by aohige_the_great at 2008-10-15 15:22
何この石田純一
Commented by namatee_namatee at 2008-10-15 18:44
>&さま
いやだから、プロデューサーですってば。いろんな意味で。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 仕方ない ちーむ2ちゃんねる秋の陣The... >>