銀塩の頃

これは銀塩カメラのコニカ・ヘキサーです。
もう十年以上前に買いました。見た目、普通のコンパクトカメラみたいですが、コンパクトカメラには常識のズームもストロボもついてません。当時はやっていた、高級コンパクトカメラって奴です。このカテゴリーの代表的なものはCONTAXのT2からはじまるシリーズとミノルタのTC1あたりでしょうか。他にNikonなどからも高級コンパクトカメラが発売されていました。今だったらこういう実用性よりも趣味性を重視したようなカメラは MFでレンジファインダーにしてしまうんでしょうけれども、当時はまだ銀塩全盛の時代、完全に趣味性優先と言うわけにも行かず、AFにしてしまったんでしょう。これの後継モデルのヘキサーRFはその名の通りレンジファインダー式になりました。このレンズはとても評価の高いレンズで、後にライカLマウントやヘキサーRFのKMマウント(事実上ライカMマウントと同一)でも発売されました。実際に使ってみた感想でも、大きな一眼レフ用レンズと比較しても全く遜色ない写りです。
これは初期のモデルで、後期モデルとの違いとしてサイレントモードがあります。シャッターの音を小さくするというもので、このモードではシャッター音はほとんど無音になります。一体何に使うのか、というとハッキリした使い道が思いつかないのですが、M型ライカのシャッター音の小ささが伝説となっているところから考えるに、カメラの世界にはシャッター音の大きさや音質にこだわると言う楽しみがあるようですから、趣味性を追求したこのカメラの場合もそういったマニアックなところに訴えようとした結果の機能なんではないかと思います。カメラ上面の造形もなんとなくM型ライカに似ているし、レンズの焦点距離も35mmということから、もしかするとコニカとしてはM型ライカを近代的に作ってみたかったんじゃないでしょうか。
欠点としてはシャッタースピードが1/250までしかないことです。せっかくレンズが明るいのにこれではしぼらないと使えないんです。これは残念な点です。

ウチにはこれのライバルにあたるCONTAXのT2もあります。ヘキサーと比較すると、カメラとしての性能はヘキサーの方が上ですが、持って使った時の楽しさみたいなものはCONTAXの方が上回っています。ただT2は多分に見た目重視なところが目について、上に書いたようなライカM型を現代風に解釈するといったような骨太な思想が感じられないのは残念です。とか勝手なことを書いてみます。
c0019089_20303848.jpg

by namatee_namatee | 2005-03-02 20:30 | camera | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< i-DRIVE0.0 麗しのMPC-GX1 >>