1990年

c0019089_20142643.jpg

昨日ははしゃぎすぎましたので今度はちょっと落ち着いた本のネタでも。

写真の本。実は嫁さんが図書館で借りてきてくれました。

もう返しちゃったのであやふやですが、この本の取材は1988年頃で1990年に上梓されたようです。どうもその頃はモルトウイスキーというものがまだ今ほど一般に認知されていなかったようで、この本にはブレンデッドウイスキー一辺倒だった日本のウイスキー事情を啓蒙しようという意図が感じられます。これはモルトウイスキーが安価・手軽に買えるようになった今となってはすごく違和感がありますねぇ。今やマッカランとかグレンフィデックあたりは南東北のスーパーでも売ってますからね。

1988-1990年頃と言えばビールがブームだったような・・・スーパードライとか一番搾りとかモルツとか、それまでビールといえばキリン・ラガーしかなかったところへいろんな種類のビールが一斉にでビュ−した時代ではなかったか・・・こちらについてはたぶんラード氏が熱い解説をしてくれるはず。w

スコットランドの蒸留所を片端からすべて取材して回るという雄大な企画。文章全体が楽観的で希望が感じられます。なんとなくバブルの風味が感じられると思ってしまうのはわたしのヘソが曲がっているせいでしょうか。ジャパンマネー!って日本が盛り上がっていたあの頃の雰囲気を感じるんですよね。とにかく最近の環境とかエコとか、その類の悲観的な雰囲気は皆無。
読んでいてなんか景気良いなぁ、と思って奥付を見たら1990年初版とあったので、成る程なと思った次第。(汗

さて、今飲んでいる竹鶴が無くなったらこの本お勧めのクラガンモアでも買うか。さすがにコレはスーパーじゃ見つからないので通販でポチっとな。
by namatee_namatee | 2008-05-15 20:14 | book | Comments(5)
Commented by ラード at 2008-05-16 16:10 x
そうまで言われると(w

アサヒ・スーパードライが世に出たのが、1987年。
それから狂騒のドライ・ブームが始まったト。おりしもバブル全盛時。しかし「ナマ缶ビール」ブームは当時は、まだ。ドライで会社がコケかけた王者「キリン」は、起死回生のイッパツで出してヒットした「一番搾り」は、たしか1990年の発売だったかト。

間違えないでいただきたいのは、上記2系統の新型ビールの登場で、初めて「ラガー」というカテゴリーが設けられたワケ。従来の・ジジくさい・ニガニガ味でナ。それ以前は「キリンビール」で全てが通じたもん。否。ビールといえばキリン・ラガーしか出てこなかったね、店では。ナマも置いてある店など、ごく少なかったし。

きょう、「サッポロ」が4番手に落ちたというニュースあり。
所属局にソコのチームがあるからね、ショックを受けてる。もちろん赤坂に抜かれたワケだが、プレモルにやられたの?と聞いたら、そんなのはビビたるネタで、「金麦」と値上げ未実施が、その理由とのこと。金麦、ワシは甘くて好きじゃないけどなァ。
Commented by namatee_namatee at 2008-05-16 21:28
>ラードさま
コメント、乙です。w
サッポロの黒ラベルって普通に無かったでしたっけ?
あ、成人した頃はサントリーが流行っていたころ(松田聖子&ペンギン)なので、サッポロはもちろん、キリンとかアサヒは眼中に無かったような・・・
Commented by ラード at 2008-05-16 21:59 x
「サッポロの黒ラベル」ではなく、サッポロビール、ならあった。
学習したまい(w

サントリーは「ペンギンズバー」(1983年)とか「ジアス」なんつーくだらん企画モノを出すまでは、「純生」一本。あ、このころ純生とは名乗らんかたかも知れん。コレはつまり、今でいる生製法の缶ビールかもね。ラガーの対抗勢力であるところの。

ただしかし、ユーが成人した直前までは、ビール業界は世にもくだらぬ「容器戦争」を繰り広げていたワケだ(w 入れもの(だけw)で、他社との差別化を喧伝しまくっていた、という。
Commented by ラード at 2008-05-16 22:08 x
筆が止まらぬ(汁

ちなみにペンギンを出した同年に、赤坂はアンホイザー・ブッシュ社から権利を買って「」バドワイザー」を大々的に売り始めた。よく見開きの雑誌広告を進行したモンだった。権利が切れてからは、赤坂は「カールスバーグ」を売り始めた。大々的にだ。ま、その後に「モルツ」という特徴的なドライもの対抗商品(当時は好物だったナ)を出すワケだが。

そういえば赤坂の宣伝セクションで、その昔、女傑でならした担当は、ほらスペイサイドもの(マッカランとかヨ)を日本に紹介・販売したワケだが、そこらへんのヨシミがあったのか、たしかアイスランド人とケコーンして嫁いで行っちゃった、なんつーファンキーなエピソードがあったなあ(w

以上、この項コメント終了。
では明日、戦場で逢おうぜ(w
Commented by namatee_namatee at 2008-05-18 20:52
>ラードさま
期待通りの熱いレス、ありがとうございます。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 17T ONCE UPON A TIM... >>