シャレになりません

c0019089_18505979.jpg

今日は仕事で、特にネタがないので本棚から。

「THE BLACK BOX」(邦題:「墜落!の瞬間」ボイスレコーダーが語る真実)

見ての通り、飛行機事故の時の「ボイスレコーダー」の内容を淡々とつづった書。
大韓航空機007便(領空侵犯の疑いで旧ソ連の戦闘機に撃墜された)や日本航空123便(後部与圧隔壁の破損で墜落)など、有名な飛行機事故の記録が収録されています。変わったところではスペースシャトル・チャレンジャーの爆発事故のものもあります。

これがね、ボイスレコーダーの内容が変な脚色や解説無しで本当に淡々と書いてあるんですよ。大抵は最後に「テープ終了」「乗客乗員は全員死亡した。」とかなっていて、鬱々とした気分になること請け合い。特に日本航空123便の事故は、ニュースをリアルタイムで見ましたし日本国内の話ですから、わたしのようなガサツな者の心にも響くものがあります。機長の「これはだめかもわからんね。」とか「どーんといこう。」とかの言葉、まあネタの時に使いますけど、さすがにちょっと後ろめたい部分がありますわな。(汗

ちょっと救われる気がするのが、この本の最後に紹介されるユナイテッド航空232便の事故。この事故では日航123便と同じように油圧を失ってしまうんですが、日航123便の教訓からエンジンパワーで操縦する訓練を受けた機長(当機の機長ではなく非番の人)が乗り合わせており、彼ら乗務員の協力でなんとか不時着し、乗員乗客296名中185名が生き残ることができました。この話を最後に持ってきたところに、編者・作者の優しさを感じます。
by namatee_namatee | 2008-04-26 20:19 | book | Comments(2)
Commented by ラード at 2008-04-26 21:09 x
それ、ワシも読んだよ。名古屋にいたとき。
カバーのデザインがエグくなってるから、気づくのに時間かかった。
どれだが忘れちゃったけど、海中に突っこんで全員アウト、なんて事故もあったっけね(汁

例の「123」、このサイトをご紹介しておきましょう。

当時、弊社と「鶴」本社は、同じビル。そしてクライアントであり。いろいろありましたね。「どーんといこうや」発言は、このサイトの「FLASH」を見れば、一切のギャグは言えなくなろう。涙がでるもん、その努力に。
http://sk.fox.ac/jal123/photo.htm
Commented by namatee_namatee at 2008-04-27 17:36
>ラードさま
いやだからシャレになんないですって。(汗>JAL123

沼に突っ込んで遺体が上がらないってのもありました。飛行機事故は大変だ・・・
もっともわたしは飛行機は全然怖くありませんけど。離陸するときの自然を打ち負かしている感じが好き。一気に回転をますタービンの音も好き。747に乗るときはかつて欧州や日本の空を飛んだB17やB29の末裔に乗っているんだなぁ、という感慨もひとしおです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< また買ったの(ry 再び内蔵 >>