ドイツ空軍全史

c0019089_2382938.jpg

ゴルフのレッスンの待ち時間にふらっと入った本屋で購入。

この手の本、書いてあることをまるまる信じてしまうのは良くないらしいです。某巨大掲示板や良く行くサイトの情報によると、けっこう書いた人の主観が影響しているので、読む方もその点を考慮に入れたほうが幸せ、ってな感じ。
確かにウチにある同じ題材を扱った戦史モノでも、同じ事項に関する記述に違いが見られる部分があって、他の情報で補わないとどちらが事実に近いか判断がつかない場合があります。もう60年以上前の話ですからね。戦争に関することだし、しかも負けたほうだし。乏しい資料から、読み物の体裁にしなければならんのですからね。大変だ。

この本で気に入ったのは、後半に主要な人物の解説とポートレートがあること。ドイツ空軍って、変な機体とかエンジンも興味深いんですが、それよりも空軍内部の人間模様が面白いんですよね。文章だけでなく写真付だと「ウーデットって渋いなぁ。」とか、イロイロと思いをめぐらす余地が増えるのです。w
by namatee_namatee | 2008-01-22 23:24 | book | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ハイ 虎の巻 >>