テスト(長物編)

空気を読まずにまた不毛なグルーピングのテスト。

今度は長物。M14socomとP-90TRでございます。
距離はおよそ20m。さすがに20mの廊下はありませんので屋外(庭)でテスト。テスト時にはわずかながら風がありまして、出来るだけ追い風になるように的をセット。グルーピングの記録方法は、前回と同じマルイのターゲットペーパーの下にカーボン紙とA4サイズの紙をしいて、弾の跡を調べるというもの。弾数は適当で20~30発。

結果は写真の通り。適当に撮ったので写真の写りがあまり良くありませんが。(汗

予想通りM14はよくまとまってます。膝射だったんですが、なにせ銃が重いので狙いをつけているだけで震えちゃって。w
それでもコレだけまとまるんですから大した物です。P-90と比較して、実際に撃ったときの集弾性の良さはこの写真以上にあります。

P-90は軽くて小柄なのでとても撃ちやすい。M14と違って楽勝です。でもってこのぐらいの集弾。必要にして十分ですが、飛びぬけて良いとも思えません。感覚的にはM14ならセミオートで仕留められるところが、P-90だとフルオートで撃ち込まないとヒットできない、ぐらいの差があります。

体力・気力の問題もあり、サバゲでのメインウェポンはP-90(かSG552)になるわけですが、M14もここ一番というときには使ってあげようと思う次第。
c0019089_18513318.jpg

c0019089_18515845.jpg

by namatee_namatee | 2007-10-25 19:17 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 台風のバーカバーカ 旅支度 >>