テスト

いくつかのエアガンのグルーピングを調べてみる。
方法は距離およそ四間(いやほら廊下でやったから。約7.2mぐらいか。)離れたところに置いた的を普通にセミオートで10発撃つ。的はマルイのエアガン附属の奴。下にA5サイズの紙を敷いておいて、それに残った弾の痕にマークを付けました。

スコーピオンとUSPとMk.23はマルイ純正0.2gBB弾、デトニクスとデザートイーグルはSIISの0.25gBB弾です。気温はおよそ20度。電動USP以外はノーマル。USPはバレルをPDIの01バレルに換えてあります。

適当なテストなので真に受けないように。相対的な参考ということにとどめておいた方が吉。(逃げ腰)

結果はこんな感じです。
c0019089_20133918.jpg

c0019089_20134641.jpg

c0019089_20135370.jpg

c0019089_2014125.jpg

c0019089_20141149.jpg

どうも狙いが左にずれる癖があるようです。>自分

それはとにかく、解説(言い訳)をしてみると・・・

スコーピオンvz.61は最初に撃ったせいか、このテスト方法に不慣れでした。イマイチ成績が良くないのはそのせいかも知れません。まあ、精密な射撃をする銃ではないんですが。屋外で適当に撃っている分には、このテストの成績ほど弾のまとまりが悪いとは感じません。

電動USPはこんなもんでしょう。1発どこか的の外へ飛んでいったようです。バレルを換えたのは失敗だったかもなぁ。(汗
サバゲの実用では不便を感じた事はありませんけどね。

デトニクスは思ったよりまとまってます。2発ほど的の外へ着弾してますが。銃の性能というより、わたしが撃ち慣れてないことの方が影響が大きいかも。しっかり握って撃つと以外に良く当たりますが、小さいのでそれが難しいと感じました。慣れると良い感じになる予感。

Mk.23(固定ソーコム)はかなり良く当たる。パワーも十分。ただトリガープルが重めなので、撃つ瞬間にわずかに銃がぶれてしまう感じがあります。惜しいなぁ。これはうっかり11発撃ってしまいました。

デザートイーグルは文句無し。パワーもあるしリコイルも強力。でもって、このグルーピング。さすが「Team2ch秋の陣SC」でのウチの殊勲銃。

ほぼ予想通りの結果でした。デトニクスが思ったより当たるのが印象的。もっとダメダメかと思っていたんですが。0.25gの弾を使うとゲームでもまずまず使い物になりそうな感じでした。あ、もちろんハンドガン戦限定ですよ。

ちなみに長モノは室内ではテストは無理。というか無意味。この条件だとたぶんこれらの銃の半分以下のグルーピングだと思います。>長モノ
by namatee_namatee | 2007-10-22 20:14 | survival game | Comments(2)
Commented by わたおに at 2007-10-24 01:03 x
え〜と、これからサバゲは裸にデザートイーグル一丁で出撃って事で
いいのでしょうか?
それにしても露骨に差が出るものなんですね。
Commented by namatee_namatee at 2007-10-24 07:07
>わたおにさま
なぜ裸になるのがわかりません。(汗
残念ながらガスブローバックはこれからの季節は使いモノにならないんですよ。気温が低いとガスが気化しづらくなってしまうので。面白くないのを承知の上で電動USPを使うことになりそうです・・・

どの銃の着弾も7mはなれたところのA5の紙に大体収まるんで、たいした差はないとも言えるんですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鍵盤 小細工 >>