今日も懲りずに。

いつものトレイルへ。昨日と同じコースで登りましたが、昨日の今日で足が弱ってて辛い。昨日の倍ほども休みながらなんとか登りきりました。
写真は昨日予告した「下げ馬」です。高低差3mぐらい?40度ぐらい?の斜面です。写真の通り岩むき出しでガレガレ、しかもおりた先(写真を撮っているところの背後)は崖ですので、そういうプレッシャー、さらにアプローチも小さな段差が連続しながら回り込むという難しさ。前に乗っていたUN 33rpmはこういうところでコントロールしやすくて、なんとかクリアしてましたが、今のi-DRIVEだと登り向きのセッティングのためもあり、とてもとても。
33rpmやクロニックデライトgeoはトップチューブが短めで漕ぎ辛いので登りは遅いですが、こういった数センチ刻みのライン取りを要求されるようなところでは、もう自由自在といった感じでコントロールできるというのがわたしの印象です。速度域が上がっても自信を持って曲がり込むことができるので、すくなくともコーナーの突入は素早いです。フルサスのACは曲がりだせば非常に安定して速いんですが、曲がりださない。w
今使っているi-DRIVEは上り下りの性能をバランス良く追求したと言う感じの乗り物ですので、ACほど顕著ではありませんがメリハリつけないと曲がりださない面が感じられます。シートポストの調整幅が少なくて、サドルを下げきることができないため、油断すると前乗り気味になってしまうのもリラックスできない原因の一つです。で、今日はそこのところを重点的にチェック&トライしてみました。具体的には斜度とコーナー入り口〜出口での腰の最適な位置を探る、というもの。なんとなくイメージは掴めましたが、体を前後に大きく動かすことになるため、足、特に太腿に負担が来ます。相当鍛えないといけません。
c0019089_22264192.jpg

by namatee_namatee | 2005-02-13 22:28 | bicycle | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< リンク トレイルライディング >>