電池その3

c0019089_18544315.jpg

出かけないということはネタもないということで、そこら辺を見回して目に留まったものでごまかしましょう。

ウチにある電動ガン用の電池なんですが、ニッケルカドミウム電池(以下、Ni-Cd)とニッケル水素電池(以下、Ni-MH)があるのは1/13のエントリーの通り。写真で向かって右側の黄色いのがNi-Cdのラージバッテリーと呼ばれている(電ガンの世界では)もの。左側のがNi^MHのミニバッテリーと呼ばれているもの。大きさはこれだけ違いますが、容量はラージ:8.4V 1600mAh、ミニ:8.4V 1100mAhと大きさほどの差がありません。Ni-MHは容量が大きいんですね。
ちなみに価格はラージが1780円、ミニが3360円。ほとんど倍ぐらい違います。

それぞれの特徴としてはNi-Cdはメモリー効果が顕著で、放電をちゃんとしないと本来の容量まで充電できない。Ni-MHはメモリー効果は少ないので、いちいち放電しなくても追充電で大丈夫、その反面、自己放電が大きめで放っておくとすぐに使えなくなる。またあまり長期間充電しない状態で放置すると転極という現象が起きて使えなくなる場合があるといったところ。ラジコンの世界ではNi-Cdは過去のものになったようですが、RCほどシビアな性能が要求されない電動ガンの動力源としてはNi-Cdの方が扱いやすいような気がします。ちゃんと放電さえすれば使い物になるんですから。

その放電について、どういった方法が良いのかイマイチわかりづらいです。エアガン屋の店員に聞いても、人によって言うことが違ったりする。秋葉原の某店ではNi-MHは放電の必要は無いと言われましたが、地元の模型屋ではそんなことはないとのこと。
はっきりしないのでネットでイロイロと調べた結果、わかったことは

・頻度は少なくても良いがNi-MHでも放電はしたほうが良い。
・ただ電動ガン用ならそんなに気にすることは無い。
・自己放電によるバッテリー切れを予防するためになるべく使う直前に充電することに留意。

という結論になりました。やっぱりNi-Cdの方が使いやすそう。w
写真のミニバッテリーは一日ゲームで使って(大体1500発ぐらい)、夕方になるとちょっと怪しくなってくる感じ。二個持っているので不自由することはないですけどね。黄色いNi-Cdの方は同じ使用状況で余裕があります。

RCの世界でのバッテリーというのは大変なもので、本気のレースなどではほとんど使い捨てに近い使われ方をしてます。そんなものにはまらないで良かったとしみじみ思うのでした。
by namatee_namatee | 2007-02-19 19:25 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ストーブセット 暇つぶしにもってこい >>