またまたネタ切れ・・・

・・・なので、在庫の写真から。
これは昔々、MTBに本格的に目覚め始めてころ乗っていたバイク、ジャイアントのAcidです。これの前はシンテシ・JADEというごくオーソドックスなXCバイクに乗ってまして、ハンドルを切り詰めてスリックタイヤにして町乗りやツーリングに使っていました。
あるとき、某巨大掲示板の自転車板で乗鞍に向けた合宿を八ヶ岳近辺の原村ですることになり、わたしも何かの弾みでそれに参加することになりました。当時(今も)、わたしは本格的にロードバイクに乗ってませんでしたので、MTBで参加したのですが、なんとなく成り行きで富士見パノラマのゲレンデDHをすることになって件のシンテシ・JADEで富士見Cコースを下ってみました。それがもう大変なの大変じゃないのって。w
タイヤこそ2.1のブロックに換えていったものの、なんつったって町乗り用にハンドルを極端に切り詰めてましたしおまけに前傾もきつかったので、ぜんぜん下れない。自転車の使い道の向き不向きを痛感しました。
その反動で購入したのがこのAcidです。完成車で買いましたが、フレームのみ残して他のパーツはシンテシから移植。ハンドルやステムは元から下り系にも向くものでしたしブレーキもメカディスクからハイドロに。アップライトなポジションなので下りに関してはずいぶん楽になりました。ただAcidは本来は下り向きじゃないらしいんですね。リアセンターが極端に短く挙動がピーキー。初心者のわたしの場合、曲がるきっかけが作れないのがオフロードの下りでの苦手な点でしたので、このピーキーな性格はその点を補ってくれて逆に乗りやすかったぐらいですが、その筋の人が乗って速度域が上がるといらぬ苦労をするらしいです。わたしはそこまで行く前にACに乗り換えてしまいましたが。
あと決定的にのぼりがダメです。この写真でもシートポストがなが~く出てますが、シートチューブが極端に寝ているのでのぼりを重視するとサドルが極端に後ろに移動してしまいます。これがのぼりで漕ぎづらいんです。それでなくとも登りは苦手でしたし、良く行くトレイルではのぼりの性能が重要なので大変苦労しました。フレームの造形など、かなり気に入っていたのでが、登れなくては下れません。そんなこんなでオールランダーたるACを買うことになるんですが、それが泥沼の始まりとはその時は知る由も無く・・・
c0019089_2135429.jpg

by namatee_namatee | 2005-02-04 21:36 | bicycle | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< シンテシ 決戦用ホイール >>