エアシップ

c0019089_18551735.jpg

「飛行船ものがたり:天沼春樹 NTT出版 1995年3月22日初版」でございます。
3600円也。高けぇな、おい。

一時期、飛行船に興味を持った時期がありまして、その頃に買った本。
飛行船というとツェッペリン伯爵の硬式飛行船が有名ですが、この本ではそれ以前とそれ以降も含めて飛行船の果てしなく続いた苦難と一瞬の栄光の歴史が描かれています。
あ、歴史というと語弊があるかも。あの有名なヒンデンブルク号の墜落で、命脈を絶たれたと思われていたツェッペリンの硬式飛行船は実は今でもあるんですよ。しかも日本に。それはツェッペリンNTという名で復活し、愛・地球博にも参加していました。かつての巨鯨達とは比べ物にならないほど小さいけど。(LZ129ヒンデンブルク号の全長は245m、ツェッペリンNT号は75m。)

乗れなくても良いから見てみたいですねぇ。長さ245mの物体が空に浮かんでいるところを。

そういうわけなので去年の春だったか、このツェッペリンNT号がウチの真上を通っていったときは感動しました。エアガンで撃ったらあたるぐらいの低空を飛んでました。w
by namatee_namatee | 2006-07-05 19:51 | book | Comments(2)
Commented by まねきねこ at 2006-07-06 02:06 x
そういや戦前に、日本に飛行船が来たとき、操縦していたのは若き宇垣纒だったとか?
Commented by namatee_namatee at 2006-07-06 20:11
>ねこさま
あれ、そんな話あったっけ?と思ってこの本をもう一回読み直してみたらば、後の連合艦隊参謀長、草鹿龍之介少将(後に中将)が日本を訪れたLZ127グラーフ・ツェッペリン号に同情したとの記載がありますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 勘弁してくださいよ。(汗 なんだこりゃ? >>