危険物

c0019089_1954068.jpg

「講談社MOOK エコ旅・道具完全ガイド ポンチョ 2006春・夏」でございます。

これは危ない。こういう本を読むと掲載されているアイテムを片っ端から買いたくなります。血が騒ぐってやつですか。今のところはウチの財政が危機的状況から脱しきっていないのでどうにもなりませんが。来月はボーナスの月ですからね。何が起きても知りませんよ。w

でも自転車についての記事にはちょっと異論あり。BD-1はフレームに折り畳み機構をもうけず、サスペンションにその役目を持たせたことがフォールディングバイクとして優秀、みたいなことが書いてありますが、かえってその構造のせいでたいして役にも立たないサスペンションを持つ羽目になっているんです。実際に乗ってみると、フレームをまっぷたつに折り曲げてしまうダホンのヘリオスの方がずっと速いし、構造的に不利な点も特にないのでした。なんてったって両方買って乗り比べたんだから間違い無し。見た目やメカニズムでは確かにBD-1の方が面白みがありますが、自転車としての性能はヘリオスの圧勝です。残念。

そうはいってもまたBD-1に乗りたくなったのですが・・・
by namatee_namatee | 2006-06-09 19:54 | book | Comments(5)
Commented by ラード at 2006-06-10 00:05 x
南の島に野宿しに行く、なんつー椎名マコトのような旅をしたくなる本だと思いましてナ。で、ご紹介したト。いや、ワタシはまだ買ってないです(w
そうしてワタシの偏愛する「座椅子」がスキらしいのネ、編集長。イイひとだ、きっと(w 

ちなみにこの本を知った直接のキッカケは、ココ。
http://morikatu.seesaa.net/
また濃いヒトなんだ、著者がサ(w
Commented by まろやか軍曹 at 2006-06-10 08:25 x
>これは危ない
危ないですねぇ。害悪図書ですねぇ。
自転車関係もMTBだのロードだのパーツカタログだの・・・
雨後のタケノコか ネコの出産か!ちゅー勢いでポコポコ出版されてて困ります。

でももっと危ないのは、カタログ本には全てのアイテムが載っているワケではない。ちゅーところ。
たくさん載ってると、ついソコから選んじゃう。
んで一番危ないのは、載ってなかった商品をショップで紹介されちゃうところ。
「掘り出し物っスよ」 「ウ」

本当に危ないのは、ゆるゆるの財布のヒモ、ちゅーオチ。
Commented by namatee_namatee at 2006-06-10 09:11
いやしかし、この本といい紹介してもらったリンク先といい物欲をかきたてるものばっかりでたまりませんな。(汗

>ラードさま
座椅子、載ってましたね。w
ストームクッカー(黒)も載っていたなぁ。危険だ・・・

>軍曹どの
そのわりには軍曹は物欲の制御に成功しているように見受けられましたが。w
Commented by まろやか軍曹 at 2006-06-12 00:45 x
>成功
玉砕しました(爆)

掘り出し物のロード用フレームを買ってしまいました。
クロモリのカーボンバック、未塗装で3万え~ん。
今日、ショップで色指定して来ましたよ。これからオレ色に塗ってもらいます。
ハンドル、ステム、デュアルレバー、シフターは手持ちのを使うから、
カーボンフォークとホイール新調しても
10万くらいでイケるかな~と。つい。魔が。
Commented by namatee_namatee at 2006-06-12 06:56
>軍曹殿
玉砕、ですな。w
わたしは今週末はBD-1の呪いを跳ね返しました。来週はわからないけど。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 自作しました。 本当に大丈夫なのか? >>