ネタが混じってます。

c0019089_2017952.jpg

「世界の駄っ作機1-3巻+番外編―蛇の目の花園:岡部ださく」でございます。
この本は解説が難しい。古今東西の飛行機屋さんの悪戦苦闘ぶりを面白おかしく紹介した本といえば良いのかなあ?要するに失敗作のお話です。「世界の傑作機」は有名ですが、失敗作はなかなか日の目をみないもので、そんな不憫な飛行機にスポットを当てた本です。
そういうことを言うと日本の飛行機はどれもこれも失敗作ばかりのような気がするんですが、それはさておき、この本に登場する飛行機達は前述の通り日の目を見なかったモノばかり。ほとんどがマイナーな機体なんですが、それを良いことに完全にオリジナルな実在しない飛行機が混じっているんですね。その筋の人たちですら、コロッとだまされてしまったそうな。
それがなんという機体なのか・・・それが知りたければ買って読んでください。面白いから。
by namatee_namatee | 2006-05-30 20:32 | book | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ナルゲニスト? イスカニアン? >>