東部戦線の将兵に告ぐ

「憂慮のうちに数ヶ月にわたる沈黙を強いられた末、いまや将兵諸君に真相を語りうる時が来た・・・わが国境にはソ連軍160個師団が配置されており、ここ数週間、国境のみならず高緯度地方およびルーマニアにも部隊移動が絶えない・・・東部戦線の将兵よ、この瞬間に史上最大の規模の作戦が開始されるのである・・・」

1941年6月22日の総統命令でございます。運命の「バルバロッサ作戦」開始の瞬間。
格好よいなぁ、おい。

写真は「バルバロッサ作戦」パウル・カレル著:学研M文庫であります。ずっと前に買ったけど実は未読。だって上中下って3巻もある上に内容が難しいんですよ。(汗
ここのところ、Webなどでもっと読みやすい資料を漁り、やっと挑戦できる予備知識が身に付いたと思えるようになったので、再度挑戦しようとしているところであります。
c0019089_18425955.jpg

by namatee_namatee | 2006-04-26 18:43 | book | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 春と夏の間 久々のお昼シリーズ >>