長官!国家あっての政治です。決断を!

「バトルオーバー北海道」、1989年11月25日初版第一刷発行、であります。

「1995年。ついに悪夢は始まった!ソ連の反書記長派がクーデターを決行、その新政権は反動的な国内政策を行う。それに脅威を覚えた西側諸国は再び大規模な対ソ経済制裁を実施した。かくして世界の孤児となったソ連は、西側の対ソ包囲網を打破すべく、西ヨーロッパ、そして北海道への侵略を開始した--!!」

ベルリンの壁が崩壊したのが1989年11月9日です。この本のマンガは1989年のコンバットマガジンに掲載された作品なのですが、まさか作者もその年の内に東西冷戦が終わりを告げるとは思わなかったでしょう。

わたしは小林源文先生の作品が大変好きですが、特にこの「BATTLE OVER 北海道」は好きです。なんてったってセリフが良いんですよ。

ちょっと長いけど引用しちゃおう。なお小林先生のセリフは句読点に特徴があって、引用するとちょっと読みづらい場合があるのでわたしが適当に句読点を振ってある部分があることをお断りしておきます。

「敵は孤立無援だ。我方の降伏勧告を無視した。2230時に攻撃を開始し再び降伏を迫る。」
「攻撃する栄誉は我々の部隊に与えられた。これを最後の戦闘にしたい。全員最善を尽くせ!」
「準備陣地に入り待機しろ。攻撃合図は緑の信号弾で銃剣突撃だ。」
「着剣しろ。突撃のときは大声を出せ。わかったな。」
「マジかよ。」

自衛隊の反撃で押し返されたソ連軍は補給も途絶え、市街地に立てこもります。明朝6時の停戦発効をひかえ、最後の攻撃に臨む自衛隊員のセリフ。ああ、たまらん。w

タイトルは戦争開始を悟った斉藤三弥統幕議長が防衛庁長官に言うセリフ。長官の返事は「わしの任期中にえらい事になってしもた。」です。
c0019089_2032594.jpg

by namatee_namatee | 2006-04-13 19:56 | book | Comments(4)
Commented by まねきねこ at 2006-04-14 02:15 x
一等自営業氏阻止!

ワシの場合、ホビージャパンで連載されていた「黒騎士物語」がファーストコンタクトです。
Commented by ぼうず at 2006-04-14 07:52 x
本文とは全くカンケーありませんが、「Tags」っていいなぁ。ワタシのfc2にはその機能がありません。
裏ワザ的に実現する方法を見つけたら....今度はどんなふうにTag分けするか悩む....何やってんだかなぁ(^^;
Commented by ラード at 2006-04-14 11:17 x
まず表紙の人物の左腕に巻かれてるのが旧ソ連製「ボストーク」ぽいってトコから突っこもうか(w
Commented by namatee_namatee at 2006-04-14 12:49
>ねこさま
ここは軍事板ではありませんので。
もちろん黒騎士物語もありますよ。「第三次世界大戦」(バトルオーバー北海道のヨーロパ版)で、西ドイツ陸軍に黒騎士中隊が編成されるんですよ。指揮官はハント准将。

>ぼうずさま
最近追加になった機能ですね。>タブ
便利です。が、以前の記事にタブをつけるのは大変です。

>ラードさま
そういう突っ込み方があったか・・・作品の中ではソ連軍には時計を持っている兵士はいないという会話があったきがするのに。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 役得 高速船といえば >>