学校出てから十余年・・・

・・・今じゃ(ry
クレイジーキャッツ、いいなぁ。(元ネタは五万節)
c0019089_2071986.jpg

by namatee_namatee | 2005-10-27 20:07 | diary? | Comments(9)
Commented by まねきねこ at 2005-10-27 20:07 x
肩の力が抜けていていいですね~w
Commented by namatee_namatee at 2005-10-27 20:54
飲んだビールが五万本~♪

気に入ったらしい。
Commented by グゥ at 2005-10-28 08:54 x
ワタクシは第2次のクレイジーブームの頃にハマりましたが
やっぱりデクさん(萩原哲晶)の素っ頓狂なバカバカしい音楽はいいですね。もともとデクさんはクラリネットかなんかでクレイジーに入っていたのですが途中でコントに比重が大きくなってしまい脱退したかと

あと、確かエイトマンの歌も作っていたかと思います

光る~海 光るおおぞら~ ひ~か~る~一平~
Commented by ぼうず at 2005-10-28 09:18 x
五万節かぁ、そういえば子供の頃ドーナッツ盤がありました。歌詞も不思議と覚えてますなぁ。今は気楽な稼業のサラリーマンです。タイムカードは無いけどね(^^;
Commented by namatee_namatee at 2005-10-28 18:49
>ぐうさま
いやぁ、わたしははまったってほどはまった記憶がありません。>クレイジーキャッツ
ちょうど生まれた頃が全盛期らしく、無責任シリーズ?をTVで見たぐらい。一番流行っていた頃を見逃したのでした。第二次というと1990年ごろなんですかね。このCDは夜中にスーダラ節が無性に聞きたくなってアマゾンで買ってしまったのでした。w

>ぼうずさま
わたしも気楽な稼業です。ちゃんとタイムカードもあります。w
今年の初めは気楽ではなかったのですが・・・どちらがよいかというと微妙なところ。
Commented by グゥ at 2005-10-28 20:23 x
>なまさん
 わたくし一時真剣に放送作家を目指していた事がありましてその頃いろいろ研究したんですよw
 あ、でもクレイジーは大瀧詠一から入ったかも…
Commented by namatee_namatee at 2005-10-29 19:07
>ぐぅさま
またひとつ、ぐぅさまの隠された過去が・・・すみません、放送作家を目指すというのはわたしの認識できる職業選択の領域を超えています。
大瀧詠一とクレイジーキャッツの関係について解説をお願いします。
Commented by グゥ at 2005-11-02 16:58 x
遅レスですが
単に大瀧詠一がデクさんの大ファンで、クレイジー(第二次の)時のこのようなアルバムの監修をしていたのです。
(多分デラックスとかそうだとおもう)ちなみに熟年行進曲は確か作曲もされていたかと。
ロングバケーションのようなロングセラーもクレイジーあってこそとヤマタツの新春放談でいっておりましたw
高田文夫(この人も放送作家です)情報なので信憑性はアレなんですが立川家元流に弟子入りしようとして断られた事もあったらしいです>大瀧氏 その理由が「いつくるかわからん」からだそうで、この辺にも福生のボケジジイ(本人談)のひととなりが…w

Commented by namatee_namatee at 2005-11-02 19:40
>グゥさま
このCDの解説にちょっとだけ書いてありました。>大瀧詠一とクレイジーキャッツの間柄
まだ毎日聞いてます。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 温めますか? 微妙な感じ >>