11年ぶり


これは何かともうしますと、サバゲで使うマーカーでございます。
サバゲは戦争(戦闘)ごっこなわけで、敵から身を隠すのが基本なんですけど、敵味方の判別のためにこのようなマーカーを装着するんですね。赤チームと黄色チームみたいに。まれに大人数のゲームの時は赤黄に加えて青とかがあったりする。あとヒットされて「死体」の人がつける「デッドマーカー」というものもあります。ありますが実際に運用されることはマレですなぁ。

迷彩服は植生や季節にも気を配って、その場でもっとも高い迷彩効果を狙うわけですけど、敵味方を明らかにするためにこんな派手な色のマーカーを付けるという矛盾。ままならないもんですなぁ。w
なので貸し切りのゲームなどではマーカー無しというレギュレーションの時があります。先日の15氏にお呼ばれしたゲームがそうでした。これが手強いんですよ。敵味方のおおよそは向かっている方向で判別できるんですけど、ややこしい局面になると話は別。例えばゲーム終盤になって攻め込まれているとき、敵がバックアタックをかけてくるときがあります。どういう状況かというと、こちらの背面に敵が侵入し背後から攻撃してくる。この場合は向かってくる方向で敵味方の判別はできません。こうなると敵か味方かを覚えておかないとどうにもなりません。まあ、大体はわたくしは一番後ろに居るので、その後ろから来るのは敵なんですけどね。
そういう場合は「敵か味方かわからないときはとりあえず撃つ」という先陣の知恵にしたがうことが多いわけですけど。w

で、このマーカー、その15氏のゲームにお呼ばれしたので買ったものです。久しぶりだったのでマーカー無しのレギュというのを忘れてました。
そもそもマーカーを買わなきゃと思ったのは、黄色のマーカーを無くしてしまったから。それはサバゲを始めた11年前に買った奴で「大阪のファーストさんでデザートピクセルのBDUとセットで買いました。デザートピクセルとか、いかにも初心者らしくてほほえましいですなぁ。w
森の中では全く使えず、すぐに買い換える羽目になりましたけどね。>デザートピクセル

その最初のゲームは2006年の9月に「スプラッシュ」であったTeam2chの16時間耐久ゲームでございます。わたくしのデビュー戦は耐久ゲームだったんですよ。思えば某工房のボウコウ氏との関わりはこの時から始まるわけですなぁ。>遠い目
当時はパワー規制が始まるということで、もうサバゲはおしまいだ的な雰囲気があったのを覚えてます。それが2017年の今になってもまだ成長し続けるほどの隆盛になるとはなぁ。

というわけで、11年ぶりにマーカーを更新したという、本当にどうでもよいネタでございました。
by namatee_namatee | 2017-12-07 18:42 | survival game | Comments(2)
Commented by at 2017-12-09 00:14 x
あれからもう11年ですか。早いですなあ。
Commented by namatee_namatee at 2017-12-09 17:50
>タ氏
もう11年経つんですよ。なので、もはや耐久ゲームに臨む体力も気力もありません。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 卒業 回線の限界? >>