カントリーロード、この道ぃ(雫の歌声で)

「耳をすませば」の舞台になった(と思われる)聖蹟桜ヶ丘の近くにはわたしも学生時代と6年ぐらい前に住んでいました。

もうね、このアニメを見るとストーリーなんてそっちのけで、町の描写だけで泣けて泣けて。

今住んでいるところが基本的に平坦な土地なので、多摩丘陵の妙に立体的な町並みが懐かしくて・・・ふと思い立って、自分が生まれた町に行って見ましたらば、そこもけっこう坂道の多い町でした。もしかしたら、そんなところで生まれ育ったせいで上り下りのある町が好きになったのかもしれません。

この写真はわたしが七五三に行った神社から撮りました。地球屋から聖蹟桜ヶ丘駅を眺めたようなわけには行きませんが、なかなか立体的でしょ。
c0019089_1943576.jpg

by namatee_namatee | 2005-10-05 19:42 | camera | Comments(5)
Commented by ぼうず at 2005-10-05 22:07 x
幅広いですねー、参りました。
坂の多い街と言えば、私の生まれ育った横浜も坂の多い街でした。坂の向こうに街並みが見えるなんて風情があって良いですよね。
自転車で走るのはイヤですけど(^^;
Commented by まねきねこ at 2005-10-05 22:22 x
生まれたときから坂の町なんで、あまり意識したことがなかったわっ。
東京に行くまでは、関東平野というくらいだから平野ばかりと思っていたら、やたら坂が多いのに閉口しました。
Commented by namatee_namatee at 2005-10-06 18:43
>ぼうずさま
幅は広いかもしれませんが、厚みはありませんので。(汗
坂道を自転車で走るのはわたしはそれなりに面白いと思います。辛いのは辛いんですけれども、ありがちですが登りきった時の達成感とか、タイムを取ってみてだんだん速くなってくるとか、いろいろ楽しめます。どちらかというと、登ってからの下りが怖いので嫌いです。

>ねこさま
関東平野といったってずっっと野っ原が広がっているわけではないんですよね。谷もあれば丘もあります。全般的には平らですけれども。

多摩丘陵のあたりがウチの方と違うのは、丘や谷の周りにも住宅があって、人が住んでいる地形が立体的なことですね。これがなかなか風情があるんですよ。おそらく「耳をすませば」はそういった事を物語の要素のひとつとして重点を置いている思われます。
Commented by ぼうず at 2005-10-06 21:29 x
やー、幅も広く十分厚いかと。

坂道、すげー嫌なんですが、また挑戦したくなります。次は小滝沢への坂を登れるようになっておきたいなぁ(^^;
Commented by namatee_namatee at 2005-10-07 06:41
>ぼうずさま
ある山道のある区間を区切ってタイムをとってみるとか、面白いですよ。できれば心拍計も使ってどんな風に心拍が変化するか、とか。ポジションやギア比をいじったり、タイヤを変えてみたり・・・フレームを変えてみたり。w

あとは、お気に入りの峠を見つけたりするのもアリかと。
そんな楽しみ方にはMTBよりロードレーサーの方が向いていると思うのです。どうですか、おひとつ。輪行のときも軽くて楽ですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 液冷といえば 橋 >>