何物/何処


P1000190

またしても古い漫画雑誌をget。見ての通り「アフタヌーン シーズン増刊 Autumun No.1」でございます。1999年11月8日発行となっております。

目的はもちろんこちら。↓



芦奈野ひとし先生の「PositioN」。その第1話が掲載されております。
「PositioN」ついては以前にもネタにしております。単行本化されていなくて、読みたければ当時の掲載誌の「アフタヌーン シーズン増刊」を見つけてこなければならないのです。要するに「黄色魔術オリエンタルガール」の第10話以降と同じ。こうやってたまたま見つかれば買いますけど、もう本気出しては探さないぞ。w



「PositioN」第1話は「P:1」となっておりまして、内容はインコの女の子「南沢ちぬ」のお話。そのスジでは有名かな。
「コトノバドライブ」にもインコのお話があり、それもあってインコのネタは有名なんでしょうね。ここは「コトノバドライブ」を読み返して比較したいところなんですけど、片付け方が悪くてちょっと変なところへ行ってしまったらしく見つかりません。(汗
なので記憶を頼りに書くと、この「PositioN」は「コトノバドライブ」よりより研ぎ澄まされた感じを受けますね。見ての通り、絵柄もまだ細かい書き込みがあります。これが「コトノバドライブ」になると象形化とか記号化とでもいうのか、実際の形とは懸け離れているけどそれがなんなのかはわかるという不思議な絵柄になります。それじゃ「コトノバドライブ」の方が研ぎ澄まされた表現なんじゃないの?とお思いになるかもしれませんけど、「コトノバドライブ」には登場人物の描かれ方をはじめ、文章にもなんとなく温かみみたいなものがあると思います。「PositioN」は細かく書き込まれていて、その線も硬い。なので表現としては「コトノバドライブ」の方が洗練されているのかもしれませんけど、読み手に鋭く切り込んでくるような感じ、つまり研ぎ澄まされた感は「PositioN」の方がより強いと思いました。

「PositioN」の「南沢ちぬ」は自分でインコであるとカミングアウトするんですけど、姿は最後まで人のまま。人の姿のまま空を飛ぶ。異様な光景ではあるものの、各話がよりオカルトっぽい「コトノバドライブ」に比べると後に残らない、カラッとドライな異様さ?そんな風に感じます。

ちなみにこの「アフタヌーン シーズン増刊 Autumun No.1」には「蟲師」の連載が始まった号です。漆原先生と芦奈野先生はアフタヌーンの企画でお互いの作品(「蟲師」と「ヨコハマ買い出し紀行」)のキャラを描いたりしてまして、なんとなく縁がある感じを受けます。

・・・いやそれにしても、なんで「インコ」なんでしょうね。何かインコにこだわりがあるのかなぁ。>芦奈野先生

by namatee_namatee | 2017-02-20 21:43 | book | Comments(14)
Commented by フラフープ at 2017-02-20 22:39 x
ちぬと聞いて最初に戦車が浮かぶ自分。末期とは言わなくとも、症状は進行中みたいです。w
Commented by colonel-mogy0079 at 2017-02-20 22:42
この作品は知りませんでした。
というか、ヨコハマ以外読んでない。

ゆうきまさみ先生好きだと言いながら、「あーる」と「パトレイバー」以外読んでないし、
私はそのへん雑なオタクです。あ、オタクじゃないのか。。。

芦奈野先生は、作中の根拠とか設定とかそれほど意識しない方針なんじゃないですかね、
無論設定はあるんだろうけど、ちょっと語弊があるかもしれませんが、それほど突き詰めないというか、がんじがらめにしないというか。

つまり、そういうのを突き詰めようとするオタク達を俯瞰してるというか(これは私の勝手な深読みですが)。

設定は抜きにして、現象とか、絵として話として、描きたいように描くんじゃないかな。一般論から言えば理解が難しいと思いますよね。解りにくい作品になると思います。担当編集者も勇気と理解がいるんじゃないでしょうか。
でも、ヨコハマにしても、伏線をひいて回収する気がなかったわけではないと思うんですが、事情が許さなかったのか、どうも、唐突に終わるような気はしますから。ライフワーク的に続きを描いて欲しくもあります。時間的経過ではなく、広げた伏線を回収するような話。アルファさんではなくアヤセ視点でもいいかも。

と、すこし取りとめなくなりましたね。
インコの件は、よくわかりません。
数年前、すこしインコブームがありましたよ。
インコって、いい臭いがするそうです。
Commented by namatee_namatee at 2017-02-21 08:00
>フラフープさま
一般的に「チヌ」と言えば「クロダイ」ですかね。戦車はその次ぐらい?
Commented by namatee_namatee at 2017-02-21 08:08
>colonel-mogy0079さま
「PositioN」は芦奈野ファンには有名ですけど、読んだことのある人は少ない・・・のかなぁ。いやむしろ「ヨコハマ買い出し紀行」全盛期と重なるので、当時からのファンなら読んだことはあるはず。でも、わたくしのように遅れてきたファンは資料を読んでいると出てくる作品名のみが認識されているというような作品ですね。

芦奈野先生が作品にどういう設定をどのようにしているのか、手に入る限りのインタビューなどを読んでも具体的には語られていないので想像するしかありませんけど、このインコの話のように同じテーマ・雰囲気の作品があるのを考えると、ころねるさんのおっしゃっているのが近いのかもと思いました。
雰囲気を楽しむ作品だと思うので、それおああでもないこうでもないと深読みする読者をニヤニヤしながら眺めているのかもしれません。>芦奈野先生
Commented by namatee_namatee at 2017-02-21 21:22
>フラフープさま
前に話した知波単のネタ、友人がRTしていたので見つけることができました。下記をごらんください。
https://twitter.com/genkidown/status/747688633361117185
Commented by フラフープ at 2017-02-21 21:42 x
話が変わってすみません。

車の中で、iPodにシガーソケットで充電しながらAUX端子を接続して曲を再生すると、なんか雑音がするんですよね。僕だけ?w
経験があったらアドバイスもらえませんか?
Commented by フラフープ at 2017-02-21 21:50 x
すみません、5のコメント今読みました。

これこれ、こういうの大好き。w特に「知波単魂を安売りする気か」っていうのが良い。さりげなくハンカチを差し出すダー様、四コマでも流石です。w

こういうネタ大歓迎です(真顔)。
Commented by colonel-mogy0079 at 2017-02-21 22:42
>フラフープさん
車乗ってないんじゃなかった?

車の電気関係は、一筋縄でいかないこともあるので、誰でもその現象が起こるとは限りませんが、アーシングでもしないと解決しないかもしれないし、しても解決しないかもしれません。

>なまさん&フラフープさん
西さんとダー様の特徴よくとらえてるww
Commented by フラフープ at 2017-02-21 23:05 x
>ころねるさん
つい先日、友人(正確には親戚)からお古を譲り受けまして。もちろん「あの」番号ですよ。陸運局とやらでやたら時間がかかりました。
Commented by シロ at 2017-02-21 23:49 x
>なまさん
三式中戦車もそうですが、わたしも最初にクロダイを連想しましたね。>ちぬ
たしか、ヨコハマの「プレ・寝正月」に「チヌ」と書いた帽子をかぶったおじさんが出てきたような。あと、「エンドレス町内会」でも魚拓が張ってありましたよね。たしか。

まだ、ヨコハマ連載中の作品だからか、コトノバよりもヨコハマっぽい絵ですよね。>PositioN

蟲師第一話も載っているんですね。私的には価値が高いですw
Commented by namatee_namatee at 2017-02-22 12:27
>フラフープさま
あとは自分で探してくださいね。w

充電しないと雑音がでないとかなら充電を諦める、でしょうか。>対処
もしくはAUXじゃなくてUSBで接続できるようにする、かなぁ。

>お二方
これはなにかとレベルの高い友人が知波単のネタで一押しと言う位です。よくわかった良い作品ですよね。
Commented by namatee_namatee at 2017-02-22 12:32
>シロさま
わたくしは釣ったことがありませんけど、三浦半島のあたりではメジャーな釣魚なんですか?>クロダイ
もしかしたら芦奈野先生は釣り好きかも。w

アルファさんはすでに丸くなりかかっているのに対して「PositioN」の登場人物は体も手足も細くて長いですね。作風が違います・・・というか違うように描いたのかもしれません。

「蟲師」は嫁さんが好きで、単行本は全部あるはず。これもかなり長い間連載されていたと記憶しておりますけど、「PositioN」の第1話と同じ号が最初なんて、なんとなく縁を感じます。
Commented by シロ at 2017-02-22 22:18 x
>なまさん
クロダイは釣魚としてはメジャーな魚ですし、三浦、湘南あたりでもやっている人は多いです。仮に、芦奈野先生のご趣味が釣りでなかったとしても、生活環の中に存在して不思議はないと思います。

背景や色使いはコトノバよりヨコハマよりではないですかね?たしかに、キャラはより鋭い印象を受けますが。

うちにも単行本は全巻あります。>蟲師
外譚集も読まれてみては?
Commented by namatee_namatee at 2017-02-23 10:47
>シロさま
クロダイは普通に釣るんですね。芦奈野先生の趣味の探索にはなりませんか。w

改めて「コトノバドライブ」を読み返してみると、もうほとんど描きこみみたいなものがない。w
これはこれで大したテクニックだとは思いますけれど、どちらかというと「PositioN」や「ヨコハマ買い出し紀行」の雰囲気の方が好きですかねぇ。ストーリーなどはまたそれぞれに良さがありますけど。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新顔 ドゥーチェ!ドゥーチェ! >>