またしても不発。

c0019089_18553714.jpg
「ヨコハマ買い出し紀行」第11巻第106話「道と町と住人」より。
これに登場する公園がどこか、というネタです。もうずっと前からやってますな。w

本日はお休みをいただきまして埼玉県の「秩父ミューズパーク」へ行ってまいりました。なんていうか、106話には石灰のようなものが出てきまして、石灰といったら秩父の武甲山だろ、というわけで秩父に当たりをつけて、公園らしきものは?と探すと、まあ真っ先にヒットするのが「秩父ミューズパーク」ですよね、という流れ。安直です。w

この上の図の一番下のコマ、階段の先になにか柱の根元のようなものが残っている図。これが「秩父ミューズパーク」のこのモニュメントに似てるかも?ということで、現地へ行って確認してまいりました。
c0019089_19113533.jpg
あまり似てませんねぇ。w
階段の形が違うし、周りがスカスカで作品の中のように木が生い茂る場所ではないです。そもそもが「ヨコハマ買い出し紀行」でのこの場所は公園ではなく町の廃墟です。本当にありがとうござい(ry
まあ、後ろに写っている像(たぶん音楽に関する女神)が「キノコ」や「水神さま」みたいなので、まんざら関係なくも・・・いくらなんでもこじつけに過ぎますなぁ。w

ではこちらはどうか。
c0019089_19214641.jpg
「秩父ミューズパーク」のシンボル、展望台です。
この塔(風車らしい。発電でもするのかなぁ。)が根元で折れたとしたら、図のような感じにならないか。ここは森の中なので放っておけば木が生い茂るでしょう。だがしかし、この階段が長すぎる。そしてこの写真の塔の根元は地面ではありません。ここは階段も含めて歩道橋のような高い構造物の上にあるのです。アヤセが立っているような地面からすぐに階段という構造ではないのです。
そして、この展望台からの眺めもこの通り。
c0019089_19320912.jpg
この巨大な橋、秩父公園橋は作品にはでてきません。「秩父ミューズパーク」の開園と同じ1992年ごろにできたはずで、芦奈野先生がこの第106話を描いた頃には当然存在するわけです。取材に行ったのが1992年以前だったということもなくはないですけど、それだとモデルになった「公園」も存在しないはずで、まあそれは無いでしょうね、と。
というわけで結論。「秩父ミューズパーク」は「ヨコハマ買い出し紀行」第106話「道と町と住人」の公園のモデルではありません。残念。w

だがしかし「秩父ミューズパーク」はもう一つ別の意味を持つ場所でもある。
c0019089_19431774.jpg
それがこの「野外ステージ」。
1996年8月31日にツアー「STARTING LEGEND'96 SUMMER SPECIAL」の最終ステージとして、この「野外ステージ」で椎名さんがライブをやったそうです。NACK5のラジオ番組「HOLY Shine In Naked」の収録も兼ねていたと聞いております。そのせいかセットリストが10曲と短い。
要するにここは今は亡き「NKホール」などと同じ、椎名さんの史跡でもあるわけです。
ちなみにサバゲの友人で、ことあるごとにイロイロと戴いちゃって(1/3にもまた貰っちゃった。(汗)頭があがらないアッコー中尉もこのライブに行っていたそうです。意外なところで意外な方と繋がるもんですねぇ。

今から21年前の夏、椎名さんがステージから見ていた眺めはこんな感じだったんでしょうか。
c0019089_20281453.jpg

今回は先日導入したPanasonicのデジカメ、DMC-GX8と「LUMIX G X VARIO 12-35mm / F2.8 ASPH. / POWER O.I.S.」の本格的なデビューでもありました。
やっぱりシャキッとした動作で、AFも速いしシャッターが落ちるレスポンスも素早い。リズミカルにスパスパと撮っていけます。さすが「ストリートフォト一眼」。
枚数の制限がゆるいデジタルカメラらしく、どんどん撮っていくのにこのキレの良い動作感は向いていますね。近代的だ。これがDPなんとかだと銀塩並みにあれこれ考えないと大失敗しますから、「より簡単に美しく撮れること」を目指して進化してきたカメラの本分はDMC-GX8の方にあると言わざるをえません。どちらが楽しいかというと、それぞれ楽しいとしか言えませんけどね。
レンズの方は・・・やっぱりズームは便利だなぁと。w
GX8も含め、このセットの写りに関しては全く文句ありません。画素数から期待される通り、高精細で高解像度な写り。ブログの画像だとイマイチ伝わりませんけど、空の青さ、石柱の質感、コントラスト、どれをとっても文句なし。

珍しくおみやげも買いました。w
c0019089_20503757.jpg
秩父っていったら「あの花」でしょう、ということで秩父駅にある物産館で「あの花 どら焼」と「心が叫びたがってるんだ。」のクッキー。
「あの花」も「心が叫びたがってるんだ。」もよく知りません。嫁さんに「「あの花」って「にゃんぱすー」って奴か?」って訊いて呆れられるレベル。w
後者は原作をネットのどこかで立ち読みした記憶があるぐらい。今さっき、Wikipediaでこの2つの作品に関する概要を調べました。明日このおみやげを配りながらまるで原作の頃から知っていたみたいに薀蓄を傾けまくるんだ。そういう目的がなきゃ土産なんて買いませんって。w


by namatee_namatee | 2017-01-25 21:05 | book | Comments(72)
Commented by シロ at 2017-01-25 21:23 x
〉なまさん
おお。まさか、こんなところで椎名さんに繋がるとはw
実際、芦奈野先生がどの程度現実の土地を元にしているかは、劇中の各シーンによって差がある気がしますね。いや、いまさら感がありますけど。「いくつか見た」というのがなんとなくキーになりそうではないですか?なにかしらの実用的なものの遺構のような気が。

「あの花」は去年の暮れに劇場版も含めて全部見てみました。万人向けというか、とっつきやすく、ストーリーも分かりやすい作品でしたよ。
羊山公園が出てたのが印象に残りましたね。子供の頃にシバザクラを見に行ったもので。
Commented by namatee_namatee at 2017-01-25 21:52
>シロさま
今回は「ヨコハマ買い出し紀行」「椎名へきる」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」と3段構えでした。これならハズレは無いということで、片道3時間、高速料金3,620円を費やして行ってまいりました。w

まったくそのまま描くってのは案外少ないですよね。>芦奈野先生
でも必ず元ネタはある、と信じて探し続けるのです。w

「石灰のようなもの」で、石灰を生産している施設が元ネタなのかなと思いました。それで秩父を選んだんです。
でも、その「いくつか見た」ってのが、公園じゃなくてそこへ至る町の廃墟の道でなんですよ。なので、何かを作っていた施設そのものではないと思われます。つまり、石灰の山は全然違う他の場所にもあるはず。
Commented by colonel-mogy0079 at 2017-01-25 22:09
ミューズパーク、遠かった。
そして、凄く楽しかった記憶があります。

私は存じ上げない方なのですが、
榎本温子さんという声優さんもFCに入っていて、その場にいたと、へきるさんの結婚報道に対してツイートしておりました。


Commented by ふき at 2017-01-25 23:10 x
■なまさん
> 「ヨコハマ買い出し紀行」第11巻第106話「道と町と住人」より ~
> 本日はお休みをいただきまして埼玉県の「秩父ミューズパーク」へ行ってまいりました。

★関東近辺とはいえ、それらしいポイント各所に足を運んでいただき、いつも本当にありがとうございます。<(_ _)>

「石灰」関連は僕も目をつけていて、それで今では 国内有数の石灰採掘量を誇る(誇っていた?)山口県や四国にまで Googleストリートビューで足を運んでいるのですが… 該当する場所が見つからず、苦戦が続いています。

なので最近は もう、「現在 鉄道が走っているかどうかは度外視」し、とにかく、「近場にビルがあって、それを俯瞰できる公園(あるいはそれに近い施設)であれば、片っ端からチェック」するようにしています。 (それらしい場所を見つけた後、「かつて昭和中期ごろには、ここにも鉄道が通っていたのだが」という話が、どこからか見つかることを信じて…(苦笑))

★ちなみに秩父市では、『羊山公園』が かろうじて自分の推測(漫画内の描写と合致する)に近いのですが、いろいろと調べた結果、ここも「違う」と結論せざるを得ませんでした。

公園から見たとき、街の中を蛇行する「荒川」が、ビル街よりも向こうになってしまっている点が、漫画内と矛盾してしまうんですよね。 …て、アレ? 以前にも同じ話をしたような気が… だとしたら、ごめんなさい(汗)

今回、なまさん が調べてくださった『秩父ミューズパーク』、「なまさんが ここは違うと断定」と、僕の 「ヨコハマ現地考察用 Excel」に、シッカリ記録させていただきますね(^^
Commented by フラフープ at 2017-01-26 03:50 x
ヨコハマ関連の記事に今でも一応目を通していますが、意外なところでへきるさんの名前が出てきて驚きました。へきるさんと(物理的に)同じ視点が持てる史跡って、FCイベント会場くらいかと思っていましたよ。野外ステージがあったか。w

埼玉県に○○の国、とかの名前はないんですか?w
Commented by namatee_namatee at 2017-01-26 07:51
>colonel-mogy0079さま
そもそも秩父が遠いのと、駅からも結構な距離と高低差がありますね。>ミューズパーク

ちょっとお聞きしたいんですけど、このライブって何時に開演だったんですか?
Commented by namatee_namatee at 2017-01-26 07:59
>ふきさま
いやいや、これは目的が複合技なのでお気になさらずに。大体、行く前からここは違うなと思ってましたし。w

羊山公園!
そこもありましたね。行くの忘れちゃった。(汗
鉄道が複数通っていて条件としては良さそうで、ストリートビューでは何度もチェックした場所でした。

鉄道が走っているかどうかを除外しちゃうとおっしゃるとおりにしらみつぶしにチェックるすことになって、むしろ辛そうです。(汗
Commented by namatee_namatee at 2017-01-26 08:02
>フラフープさま
埼玉県は「風が語りかける国」と何度言ったら(ry

野外ステージ、立ち入り禁止なのかと思ったら完全オープンでした。
行く前から、椎名さんの視点で写真を撮ろと・・・思っているわけがありません。現場で思いついただけです。
それを思いつくことがセンスの現れといえないこともありませんけど。w>自慢
Commented by colonel-mogy0079 at 2017-01-26 11:21
ライブの開演時間なんか覚えてませんて!

でも、当時私は高2だったと思いますが、お金も無いので新幹線は使わず、宇都宮線快速ラビットで大宮、大宮から川越線で高麗川経由八高線直通で飯能、そこから西武秩父線で秩父という経路で朝出て行ったので、スタートは午後だったと思います。
帰りはどうやって帰ったっけなぁ、西武池袋線で池袋、そこから埼京線赤羽、で宇都宮線だったかな。あの頃は湘南新宿ラインとかありませんでしたからね。
埼玉と言えば秩父もいいけど、また大宮ソニックシティでライブを聴いてみたいなぁ。何度も行った思い出の地ですよ。
Commented by フラフープ at 2017-01-26 12:46 x
いや、やるかどうかはさておき、へきるさんの視点で撮影って普通の発想ですから。w>センス

この、○○の国って表現が全都道府県にあるなら、いつかネタにしてください。w
Commented by namatee_namatee at 2017-01-26 16:35
>colonel-mogy0079さま
前にお話ししたかも知れませんけど、当時のわたくしは「小金井」在住でしたので、快速ラビットは懐かしいですなぁ。w
時刻は大体で良いんです。午後の明るいうちに始まったわけですね。>ライブ
8月だから暑かったのかと思ったら、曇りで気温は25度ぐらいとすごしやすかったみたいですね。

大宮ソニックシティは聖地と呼び名の高いところですよね。以前、ホールの使用料を調べていて、大宮ソニックシティをサンプルにしてました。ちなみに、土日にまる1日借りると70万円ぐらいです。w
Commented by namatee_namatee at 2017-01-26 16:40
>フラフープさま
書くときにリアルタイムで考えるので、そんなものはありません。w>○○の国って表現
群馬とかが難しいんですよね。特に際立った名産が思いつかないんで。(汗
温泉の国じゃつまらないしなぁ。「こんにゃく」か「ネギ」か・・・

まあ、思いつくだけなら誰でも出来るんで、実際に実行するかどうかも評価していただきたいところです。w
Commented by colonel-mogy0079 at 2017-01-26 19:06
>なまさん
>時刻は大体で良いんです。午後の明るいうちに始まったわけですね。

そうですね、たぶん13時とか。
そして明るいうちに飯能辺りまでは戻っていたので、そんなもんだと思います。
確かに、8月31日だけど、暑くて耐えられないというほどの気温じゃなかったと記憶してます。時折小雨が降ったんじゃなかったかなぁ…。
曖昧。
Commented by namatee_namatee at 2017-01-26 20:32
>colonel-mogy0079さま
ありがとうございます。
秩父駅からはバスですね。シャトルバスがあったのかな。
わたくしが調べた当日の天気は熊谷のもので、最高気温25.3度、最低気温20.5度、降水量1mmとあります。秩父でもそんなに大きくは違わないと思いますし、ミューズパークは山の上だからもっと涼しかったかも。

なぜ、こんなことにこだわっていたのかというと、ミューズパークみたいな森の近く、椎名さんの嫌いな虫、特に蚊はいなかったんだろうかと思ったからでした。w
Commented by フラフープ at 2017-01-26 22:23 x
いっそ突き抜けて「忘れられた国」とか?w>群馬

8月で25度ならかなり涼しいです。主催者も安心したんじゃないですか?熱中症は怖いから。w
Commented by 猿実 at 2017-01-26 23:19 x
>ライブの開演時間
FC会報のライブの案内の所見たら、開演予定時間書いてませんかね?
Commented by namatee_namatee at 2017-01-27 08:38
>フラフープさま
そりゃ群馬県民に失礼になっちゃいますよ。笑ってすむレベルのネタにしておかないとダメです。
難しいのは京都とかかな。「西の都」とか言ってますけど、京都府全体を指す場合はどうしたもんかと。
Commented by namatee_namatee at 2017-01-27 08:41
>猿実さま
あ、その手がありますね。会報はそういう使い方があったか。(汗
わたくしの先入観なんですけど、なんとなくこのときのライブは午後遅く~夕方にかけてだったのかな、というのがありまして、昼からだったのか夕方だったのかが知りたかったのでした。
Commented by フラフープ at 2017-01-27 19:17 x
たしかに、群馬の方に失礼な発言でした。房総も似たようなものだと思っているので、軽はずみな発言をしてしまいました。

埼玉と同じ発想で「歴史が語りかける国」なんてのはどうでしょ。w>京都
Commented by namatee_namatee at 2017-01-27 21:10
>フラフープさま
まあ、グンマーの未開人なんて気にすることは無(ry
嘘です。スキーや温泉でお世話になってます。
ちなみに「グンマー」についてはこちらをどうぞ。w
https://matome.naver.jp/odai/2133925662861896901

同じ発想?
あー、「風が語りかける」の意味を忘れてますね。w
前にも説明しましたよ?
Commented by シロ at 2017-01-27 21:39 x
〉なまさん
今回はまた、ネタがてんこ盛りでしたねw
秩父は昔、なんどか行きましたね。SLを見に行ったりしました。

芦奈野作品の登場場所は高確率でモデルがあると思います。ただ、同じ場面でも一つだけとは限らないわけでして。いくつかの場所を組み合わせて作られたイメージといいますか。
「秩父ミューズパーク」にしても、これまるっきりそのまま舞台、とかいうことではなく、一つのモチーフにはなっている可能性があるんですよね。これもやはりいくつかの場所が融合するような感じで劇中に出されているのかも。
Commented by フラフープ at 2017-01-27 22:00 x
なんかのCMでしたよね?饅頭だか最中だったかな。今思い出しました。w>風が語りかける

もうグンマーの国でいいじゃねぇか。w>群馬
Commented by namatee_namatee at 2017-01-28 07:42
>シロさま
普段は画像をこういう使い方しないんですけど、まとめようとするとやはり大掛かりになってしまいますね。

>いくつかの場所を組み合わせて作られたイメージ
そうだと思います。思いますが、その結論に達するにはできる限りの調査が必要だと考えておりまして、簡単に合成されたイメージが元ネタと結論づけるわけには・・・いやまあ偉そうに言ってますけどツーリングに行く口実になっているわけです。w
「カフェアルファ」の場所なんかが「いくつかの場所を組み合わせて作られたイメージ」の例になりますね。あれはさんざん各方面・角度から検討された結果なので、それで良いと思います。

もう少しでも作中の条件にあった場所があれば、そしてそれが複数存在し、いくつかの特徴が一致すれば、複合されたイメージと言えるんですけど・・・
Commented by namatee_namatee at 2017-01-28 07:45
>フラフープさま
グンマーはいくらバカにしても大丈夫です。架空の国だから。w

埼玉銘菓「十万石まんじゅう」ですね。「うまい、うますぎる!」のCMは何度観ても感動します。w
Commented by シロ at 2017-01-29 21:40 x
>なまさん
今回は画像も多かったですね。

それはもちろんです。>できる限りの調査
ただ、いくつかの場所を組み合わせたイメージである可能性を十分に考えて、舞台を探すのが有効である、というわけですね。
そうそう、わたしもまさにカフェアルファを考えていましたよ。

今回はバイクで行かれたんですか>?
Commented by namatee_namatee at 2017-01-30 08:43
>シロさま
今回は車です。車のツーリングですね。この時期の秩父は二輪車だと寒くて死にそう。w
路肩には雪が残ってましたし、周りの車はほとんでスタッドレスで、シイナ号は夏タイヤなので天気が良くてよかったと思いました。(汗

複数の人間で冷静に理詰めで検討しないとダメですよね。>場所の特定
そうして出した結論にしても可能性のある所というレベルではありますけれども、思い入れに傾きすぎて(思い入れを否定するわけではありませんけど。)ゆがんだ結果になってしまうのは避けたいところです。
Commented by ふき at 2017-01-30 21:42 x
■なまさん
> 複数の人間で冷静に理詰めで検討しないとダメですよね。
> 思い入れに傾きすぎて ゆがんだ結果になってしまうのは避けたいところです。

深く同感です。

『ヨコハマ』は、作者さんが明確な答えを示していない分、ファンの推測・妄想の許容も広く、その意味では懐の深い作品なのですが…

一方で ファンの中には、ひとたび自分の主張に憑りつかれてしまうと、「発言の自由」を盾に 断固としてその主張を取り下げなかったり、自分に都合の悪い意見を発する他のファンと「縁を切る・攻撃を仕かける」といった暴挙に出る者までいるのは、情けないかぎりです… (発言の自由を主張したいのであれば、発言の責任(明確な裏打ちを用意する など)も取るべきです。 「自由」とは、「責任」と1セットになって、初めて行使できる権利なのですから。)

「自分の思い入れ」と「作品から読み取れる、(できるかぎりの)客観的事実」とは、分けて考える…
「作中考察」の、基本中の基本だと思っております。
Commented by namatee_namatee at 2017-01-30 21:59
>ふきさま
同感っていうか、これはふきさんから教わったことです。w
結論を先に規定してしまってはいけないと思うのです。仮に自分が最初に思った場所じゃなくても、それが判明する過程も楽しいと思うんですよね。
Commented by ふき at 2017-01-30 23:33 x
■なまさん

いえいえ。 キッカケは僕だったかもしれませんが、それを言葉だけではなく 実際に「実行」できている時点で、同感(同意)すべき「なまさんの信条」と言えます(^^

「ヨコハマ」連載終了から10年、現在も活動している数少ないヨコハマファンの1人である なまさんが、そうした基本を大切にしつつ現地考察を続けてくれていることは、僕にとって お世辞でもなんでもなく「うれしい」ことなのです(^^
Commented by namatee_namatee at 2017-01-31 12:06
>ふきさま
精進します。w
なんでも有りの妄想っても有りですけど、やっぱり多くの人に納得なり共感なりしていただかないと、ネットに後々まで残る「情報」としては意味が薄いことになると思います。変なものを残さないためにも、多少は自分に厳しくないとダメだなぁ、と。
Commented by シロ at 2017-02-03 18:48 x
〉なまさん
山間部はまだ雪が残っているんですね。
雪道の運転は冬タイヤでも怖いです。
ツーリングってバイクのイメージがありましたけど、車でも使うんですね。

全くその通りです。〉思い入れに傾きすぎてしまう。
私自身、作品の舞台(と思われる場所)に思い入れのある場所を当てはめたい、という気持ちがないわけではないので気をつけねば。
Commented by namatee_namatee at 2017-02-03 21:57
>シロさま
わたくしが行った時は快晴でしたけど、あれで曇りとかだったら・・・そもそも天気予報を見た時点で断念しますね。>秩父

先日、ウチの周りに降った雪の時、スタッドレスの感触を確かめるために相当乱暴な運転をしてみましたけど、数センチ程度で凍ってもいない関東平野のしょぼい雪なら全く恐るるに足りずという感じでした。これが山の中に行って凍結しているところとか、深い雪で轍になっているところかになると途端に(ry

思い入れを持つのは当然で全く問題はないのですけれども、それはやはり個人の中での話なので、公式とかそれに準じたレベルでの議論となると、やはり自重する必要があるなぁと思いました。あと、その議論自体を楽しめるかどうか、もありますね。
Commented by 神代 at 2017-02-06 12:03 x
大宮ソニックシティーでのライブはまたやってほしいですね もう聖地でやる事はないんでしょうね…… 秩父は15時開演でしたね
Commented by namatee_namatee at 2017-02-06 16:04
>神代さま
機会があれば行ってみたいですね。>ソニックシティ
可能性がまったく無いなんてことは無いでしょうけれど、今のところはそういう方向性じゃないみたいですから。>椎名さんのライブ

やっぱり涼しかったですか?>秩父
Commented by 神代 at 2017-02-07 17:53 x
私は暑かったです 今の集客力だとソニックシティーは厳しいかもしれないですけど…
Commented by namatee_namatee at 2017-02-07 19:25
>神代さま
暑かったですか。当時の証言を聞くのって面白いですね。記録して残しておきたいなぁ。

>集客
予算しだい、ですかねぇ。本当の意味での人気とか実力はあまり関係ないと思います。予算を投じてペイするポテンシャルがあるかどうか。わたくしは椎名さんには有ると思いますけど、椎名さん陣営はそうするつもりはなさそうです。w
Commented by シロ at 2017-02-09 00:18 x
>なまさん
先日、自動車免許の教習をこちらで終えました。雪にはけっこう悩まされましたよ。路面状況も悪かったですし、吹雪の日にやったときは恐怖を通り越して笑いましたねw
まぁ、おかげでバイクや自転車が少なかったのは良かったのですが。でも、都会での運転に全く慣れていないので大丈夫かなぁ。

うまく自分の気持ちをコントロールしていかなければなりませんよね。>考察と議論
Commented by namatee_namatee at 2017-02-09 06:55
>シロさま
雪道で教習ってのはこちらでは想像がつきません。状況に応じて冬タイヤで慎重に走ればどこでも同じことという理屈なのかもしれませんけど、不慣れなのは不慣れですからねぇ。(汗
といっているそばから本日は納豆の国も雪です。

議論そのものを楽しめればよいのですけど、結論ありきで頑張っちゃうと・・・
Commented by シロ at 2017-02-09 22:04 x
>なまさん
どうせとるなら少しでも条件が悪いときにやった方が経験にもなるだろうと思いましてw
といって車を持つつもりは今のところないんですけど。
轍から出るとハンドルをとられて怖いですw

関東でも降雪があったようですね。

一番まずいのが自分のこだわりで人の意見を否定してしまうことでして。
Commented by namatee_namatee at 2017-02-10 07:03
>シロさま
雪道は条件が悪すぎます。w
路面の表示とか見えなかったりして、独特のテクニックが必要な気がします。
勝手なイメージですけど、そちらは車がないと不便じゃないですか?

昨日はそれなりに雪が降りちょっとだけ積もりました。もうほとんど溶けちゃいましたけど。今朝の凍結が怖かったんですけど、気温は+2度で心配したほどのことはありませんでした。

>こだわり
バランスが重要ですよね。こだわりがないと何のために楽しんでいるのかよくわからないし、かといってあまりにこだわってしまうと周り中に迷惑をふりまく結果になりますし。
議論する上では相手の主張を否定することも必要だと思われますけど、その裏づけは必要かなぁ。相手に対して「それは違う」と言うほうも節度がいるということだと思います。ただ否定するほうに走ると議論になりませんし。(汗
Commented by シロ at 2017-02-10 19:52 x
>なまさん
おまけに、キツネが飛び出してくるというw>路上教習
そうですね。車があった方が便利なのは間違いないと思います。私も一応、原付を一台買ったんですけど、冬は乗れないわけでして。

もちろん根拠がある否定ならいいんですよ。自分以外の意見を聞くために議論をするともいえるわけですし。危険なのはこだわりのあまり、他者に対して「もう聞かない・もう知らない」となってしまうことだと思うのです。
Commented by namatee_namatee at 2017-02-10 22:27
>シロさま
わたくしは卒検の時に体調不良でして、本当に受かるのかと非常に不安だったのを覚えております。八王子の街中だったので動物の心配はありませんでしたけど、無法な車に追い越されたのを教官が激怒して、その車を停めさせて説教してました。「おい、あの車とめろ!」って、わたしゃ仮免ですぜ。まあ、おいかけて停めましたけど。w

何か良い方法はないもんでしょうかねぇ。>議論
中立の審判みたいな人を置くとか。それも大げさだし、無関係な第三者だと議論として必ずしも正しい結論に向かうかどうかはわからないし。
Commented by シロ at 2017-02-10 23:01 x
〉なまさん
あ、八王子でとられたんですか。
実際、教習車相手にお構い無しで無謀な運転をする人はいますからね。私もなんどかヒヤッとしたことがありますよ。一停で左右確認しないで出てこられたりとか。

こればっかりはお互いの節度でなんとかするしかないと思いますよ。〉議論
Commented by namatee_namatee at 2017-02-11 21:09
>シロさま
大学生の時に免許を取ったので、八王子在住だったんですよ。それなりに街もあるし、でも基本田舎で教習の環境としては恵まれていたんじゃないかと思います。
気持ちはわかるんですけど、教習車相手に喧嘩売っても仕方ないですよね。あれはのろいもんだと諦めてもらうしか。あと、自分も通った道でしょ?と。w
Commented by シロ at 2017-02-11 22:51 x
>なまさん
八王子の街の雰囲気はわかります。私も中学、高校とも八王子市だったもので。
それは本当に思います。>自分も通った道
上手くなってくると高圧的になったりする人もいますからね。
Commented by namatee_namatee at 2017-02-12 21:57
>シロさま
おお、八王子にお住まいでしたか。わたくしは大学生の頃と社会人になってからの一時期に高尾と南大沢に住みました。
南大沢にいたころは営業で西東京のあちこち行きました。
なので「耳をすませば」を見ると懐かしくて仕方ないし、尊敬するあびゅうきょ先生の大学が多摩センターの最寄りだとか、なにか縁を感じてるんです。

運転が上手いってのは極言すると無事に行って帰って来ることだよなぁ、と思うこの頃です。
Commented by シロ at 2017-02-12 22:47 x
〉なまさん
私の学校は最寄りは高尾でした。南大沢や聖蹟桜ヶ丘に住んでいる友人もいますよ。あ、そうだ。「耳をすませば」と言えば、あの映画のとあるコマの背景に私の学校の広告が描かれているらしいですw

ドライビングテクニックを磨くのは趣味の世界だと思います。それはそれで良いとは思うんですが、実用品として見ればそういうことになるんでしょうね。〉無事に行って帰ってくる
Commented by namatee_namatee at 2017-02-13 09:32
>シロさま
「耳をすませば」を観ると、こんな話があってたまるかという行き場の無い憤りとともに何故か懐かしさに泣き出します。w

高尾ですか。奇遇ですね。w
わたくしは高尾スターレーンの隣に住んでました。

モータースポーツでもテクニックは無事にゴールへたどり着くためにあると思いますね。タイムが良くてもリタイヤしちゃうと結果になりませんから。
まあすごく速いけど自爆しちゃうようなスタイルにも魅力を感じるのは確かですね。w
Commented by シロ at 2017-02-13 20:05 x
>なまさん
数年前に金曜ロードショーか何かでやっていたので全部見ました。>耳すま
あの坂はちゃんとモデルがありますけど、自転車でのぼるのは相当にきつかったですw

私の学校は高尾スターレーンからだと直線距離で1.5kmくらいですかね。八王子医療センターなんかが近かったですよ。

結局はそれなんでしょうけど、魅せる運転というのかな。ドリフトとか、ああいうのは趣味の世界になるんでしょうね。
Commented by namatee_namatee at 2017-02-13 21:05
>シロさま
あー、わたくしの通った学校に近いですね。w

実際にその場所へ行ったことはありませんけど、普通に通っていた道なので、その街の雰囲気がたまらなく懐かしいです。>耳をすませば
お話としては前述の通り、ふざけんなと言いたくなるような羨ましいストーリーですけど。w

雪道は速く走ろうとするとドリフトの方が安全・・・っていうか、ドリフト前提で運転したほうが気楽かもしれません。
競技としてのドリフトはなぁ。見ていて気持ちいのは確かですね。w
Commented by シロ at 2017-02-13 21:25 x
>なまさん
あの辺り2つくらいありますよね。>大学
どちらにも入ったことがあります。これ以上書くと、お互いバレますよ、たぶんw まぁ、いいか。

ちなみに私の学校の制服はあそこでつくりました。>聖蹟桜ヶ丘
あっ、そうだ。数年前に自宅から自転車で行きましたね。
あんなにうまくいくはずがありませんw>ストーリー

この辺り(網走)、峠道みたいなところも多いですから、やっている人もいるかも。>峠攻め



Commented by namatee_namatee at 2017-02-14 15:55
>シロさま
八王子は大学が多いから・・・それにわたくしの出身校なんて誰も気にしませんよ。w

西東京のなんとなく立体的な町が好きですねぇ。納豆の国は平坦なもんで。北のほうへ行けば山がちになるのは確かですけど、今度は町が小さすぎるんですよね。都市と山地の組み合わせのドラマチックさがないという感じ。

こういうネタはその後どうなったのか、これも作品(公式な)にして欲しいですね。どこかで読んだラピュタのその後は面白かったですね。もちろん公式なものではないですけど、いかにもな感じで。

人通りの無い、しかも厳寒なところで事故ると命に関わりますのでほどほどに。w
Commented by シロ at 2017-02-14 19:39 x
>なまさん
私の高校があるあのエリアはとくに密集しています。>学校

高尾あたりからは本格的に山になってきますからね。あこらから山梨や長野にかけて山ばかりです。
多摩丘陵なんかもありますしね。

そういえば、ナウシカは2話がでるなんて話がありましたね。

数年に一度事故が起こるエリアですから。ほとんどの原因がスピードの出しすぎですけど。
Commented by namatee_namatee at 2017-02-14 21:51
>シロさま
トヨタかなにかの整備学校もあったような気がします。自動車部だったので整備の競技会かなにかがあってそれで行った記憶があります。
高尾が関東平野の西の端、わたくしのウチのあるひらがな5文字市のちょっと北のあたりが関東平野の北の端ですね。端から端へいどうした、というわけで。w

パズーがあの冒険で味をしめちゃって、鉱山で地味働くなんて嫌だと思っているところに不景気が重なり、山師みたいになっちゃってシータに愛想をつかれちゃうというお話だったんですけど、今になって読もうとすると見つからないんですよ。
Commented by フラフープ at 2017-02-16 23:50 x
それ僕も読みたい。w>山師パズー
もし見つかったら教えてください。w
Commented by namatee_namatee at 2017-02-17 11:37
>フラフープさま
いや、むしろ探してわたくしに教えて欲しいぐらいですよ。(汗

いくら探しても見つからないんですよね。>パズーのその後
幻のエンディングとかのネタはみつかるんですけど、わたくしが見たパズーとシータのその後の話は見当たらない。ブログのエントリーだったような気がするので、削除されちゃったのかもしれません。
Commented by シロ at 2017-02-18 21:10 x
>なまさん
それは初耳です。>整備学校
自動車部、というのは車を造ったりもするんですか?

ドーラの下で働く、とかもおもしろそうですw
Commented by namatee_namatee at 2017-02-18 21:41
>シロさま
自動車部は大洗女子学園のアレと同じで戦車を(ry
いやそうじゃなくて、競技用の車を製作して整備をしますね。もちろん競技(ラリーとかダートラとかジムカーナ)も学生の選手権みたいなのがあってそれに参加したりします。ダートラ(ダートトライアル)とラリーは代表になってドライバーとして参加しましたよ。成績は推して知るべしでしたけど。w

たしかドーラのところに行くんだけど景気が悪くて断られたとかだったような気がします。>パズーのその後
Commented by シロ at 2017-02-20 19:55 x
>なまさん
あ、そういえばそうじゃないですか!>大洗女子学園
なるほど。そういう活動をするんですね。

やっぱり、そういう発想にはなったんですね。>ドーラのところにいく。
Commented by namatee_namatee at 2017-02-20 21:49
>シロさま
あとは峠道を攻めるとかですね。むしろこっちが本職みたいになってました。「イニシャルD」みたいな感じ。w

親方とおかみさんは鉱山に見切りをつけて町へ引っ越し、パズーも一緒に来るように誘われるんだけど、あの冒険の刺激が忘れられなくて、という展開だったような。結局、呑んだくれになっちゃって、シータが愛想を尽かして出て行くとかだった気がします。
このお話がネット上のブログかなにかにあったんですけど、いくら探しても見つからないんですよね。
Commented by シロ at 2017-02-21 23:31 x
>なまさん
峠攻めといえば、そりゃ思い出しますよねw>頭文字D

バッドエンドになっているところがおもしろいです。>後日談
Commented by namatee_namatee at 2017-02-22 12:38
>シロさま
わたくしが峠道を走っていたのは「イニシャルD」よりも10年ほど前、1984年ごろのことでございました。w
なので初めて「イニD」を読んだときには「なんだって今頃86を?」といぶかしく思ったものでした。わたくしはAE86はデビューしたときからメカの面でも思想の面でも時代遅れだと思ってましたから。時代遅れだから遅いということもありませんけど。
なので86が強敵を破っていくサマは、こんなの無理と思う反面、軽量でシンプルな86ならあるかも、と複雑な心持でした。

物語にはその後があって、必ずしも良い結果になるとは限らないという現実を突きつける、しかもラピュタでというハイレベルなネタでした。w
Commented by フラフープ at 2017-02-22 21:21 x
刺激が忘れられずに飲んだくれるってことは、きっとギャンブルにも依存してますよ(確信)。どんどん夢が壊れていく。w>ラピュタ

ハッピーエンドの後がバッドエンドというのは面白いですけど、その逆は見かけませんね。w>後日談
Commented by シロ at 2017-02-22 21:59 x
>なまさん
作品の時代設定において、時代おくれの機械が活躍するのは浪漫があると思いますよ。

ハッピーエンドだけが締めの形ではないですからね。
Commented by namatee_namatee at 2017-02-23 10:01
>フラフープさま
描かれた部分の他にまだ物語があるという現実を突きつけられる大変良いお話ですね。w

ハッピーエンドの後がバッドエンドの逆は単純にハッピーエンドでしょう。w
Commented by namatee_namatee at 2017-02-23 10:24
>シロさま
わたくしは峠道を走っていた当時は最新テクノロジーの4WDの信奉者だったので、86には懐疑的でした。その10年後に「イニD」を読むとかつて旧式と侮った86が活躍していて、その着眼点の鋭さに「しげの先生はよくわかっているなぁ。」と感心しましたね。

個人的にはバッドエンドは嫌いですけれども、物語の切り方でハッピーにもバッドにもなると考えさせられました。>その後のパズー
Commented by シロ at 2017-03-04 13:09 x
>なまさん
あの作品では86は改造されているんですか?

私もハッピーエンドの方が好きですが、結論を知った上で何を読むかを決めるのはあまり好きではないので、バッドエンドで鬱になることもよくありますw
Commented by namatee_namatee at 2017-03-04 21:41
>シロさま
イニDの作中の86は5バルブのヘッドに換えてあったような。高回転型で、その伸びが武器だったはずです。最終回にも関係してますね。ちなみに、その最終回のゴールシーンは「サーキットの狼」の「公道グランプリ」のそれへのオマージュのような気がするんですけど、気のせいかもしれせん。w

先に結論を知っちゃうと読むことが単なる作業になってしまいますからね。バッドエンドといっても、単に悪い終わり方のための展開ってのは好きじゃないですね。味わい深さみたいなのがないと納得いかなくて、勝手にその先を考え始めます。w
Commented by シロ at 2017-03-13 00:49 x
〉なまさん
やはりそういうポイントがあるんですね。〉イニD

それは私もやりますよw 〉結論の先の妄想
Commented by namatee_namatee at 2017-03-13 20:22
>シロさま
悪い夢を見て夜中に目が覚めた時とか、強引にその先を都合が良いように改変した夢を見ようとしますね。w

AE86はその前のTE71とあまり進歩がないなぁ、とデビュー当時は思ってました。エンジンこそ新しくなりましたけど、リアサスはリジッドのままだし、そもそもコンセプトが古臭いなぁと。同じエンジンのカローラFXの方が主流になると思ったんですけど・・・
Commented by シロ at 2017-03-14 23:18 x
〉なまさん
私の場合はそこでもう寝る時間がないと一日憂鬱になってしまいますw

なにかしら思い入れがないと、あのチョイスはあまり考え付かないという感じでしょうか?〉頭文字Dの86
Commented by namatee_namatee at 2017-03-15 15:09
>シロさま
寝る時間がなくても結論はこうだったはずと無理やり言い聞かせます。w

あまり詳しくないんですけどドリフトが流行り始めた時期のような気がするので、土屋圭市氏の86推しあたりも関係しているような気がしますね。あとは4WD全盛になった反動で軽量なFRでDHならまだ戦闘力のあった86が注目されたのかも知れません。
「下りでむちゃくちゃ速い幽霊のような車」というキャラ付けにぴったりといえばぴったりです。>AE86
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 発掘! 寒い。orz >>