寒い。orz


c0019089_19033931.jpg
強烈に寒くなってまいりました。関東地方らしく雪は降りませんけど気温は低く、朝一番は部屋のなかでも1度とか。水道が凍るかどうかギリギリといったところ。その割には毎朝見る国道沿いの温度計は-3度どまりで、例年の-7度とかにはなりません。もしかして温度計が変わったんじゃないかと疑っております。w

図は「ヨコハマ買い出し紀行」第10巻第91話「冬のおわり」より。
「夕凪の時代」の気候は温暖化が進んでいるというのが定説でございます。厳密には温暖化とは一言も描かれておらず、四季の違いがあまりない気候という表現です。海面が上昇しているし、温暖化が進んだ世界であろうという認識。
かつて会社でISO14001の環境管理責任者をやらされていた(わたくしに適性や能力があるわけでなく、適任者が他にいなかったというだけ)わけですけど、まあ温暖化がどういったものかというのは勉強させられるわけです。実際の温暖化による気温の上昇ってのは実に微々たるもので、100年で平均4〜6度とかの上昇なわけですけれども、それが人為的な要因によるものであり、またほんの数度の気温上昇でもそれにともなうリスクは膨大なものであるということなんですよね。

それが「ヨコハマ買い出し紀行」の世界のような急激な海面上昇の原因となるような気温の上昇ということになると、これは現在の我々が直面している「温暖化」とは性質の異なるものであると言わざるをえません。つまり我々の持っている「温暖化」に関する知識・見解では解明できない種類の「温暖化」なんですね。

と、前振りをしておいて何が言いたいのかというと。
三浦半島のカフェアルファ近辺に大雪が降るというこの状況をどう解釈したもんかということでございます。
我々の世界の「温暖化」が進行すると、意外な事に冬には例年は雪が降らない地域にも大雪が降ったりするようになるそうです。温暖化によって大気中の水分が多くなって、降雨・降雪量が多くなるんだったかな。

で、この状況はどういうことなのかを考えて思いつくのが

1.温暖化によって冬になると大雪が降りやすくなっている
2.温暖化が沈静化して冬は冬らしくなっている

わたくしが思いつくのはこの2つ。それぞれ相反しますなぁ。
1については上記の通りです。現代の「温暖化」の常識に基づき考察するとそういうことになりますよね、と。
2については、この世界の「温暖化」が我々の常識より急激なものだとすれば沈静化するのも急激である可能性があり、現代の我々の常識で判断できる変化のスピードではないということです。

というわけで、わたくしとしては2の「夕凪の時代の急激な温暖化は鎮静する方向に向かっている」説に傾いております。
アルファさんは雪を見るのが初めてと言ってます。それなりにこの世界の経験をもつアルファさんが今まで雪を見たことがなくて今回初めて見たとしたら、それは単純に今までの気温が高かった状況から、まともになったんじゃないかなぁと。

本当のところはなんとも言えないんですけどね。夏は暑くて若いマッキにもカフェアルファまで来るのが辛いという記述もあるし、かといって冬の寒そうなシーンもある。まあ、わたくしとしては温暖化が進んでどんどん暑くなって人間はおろか動物やロボットの人も住めない世界になってしまうのは悲しいので、温暖化は治まったと考えるようにしております。w

by namatee_namatee | 2017-01-24 21:09 | diary? | Comments(9)
Commented by シロ at 2017-01-24 21:42 x
〉なまさん
そちらもけっこう冷えるんですね。最近は、夜寝ているときに腹が冷えるので困ります。

気温と雪の関係ですが、雪が降るから寒い、とは限らないみたいですね。実際にここよりも気温が高いはずの新潟やなんかの方が積もってますし。
北海道の人は「雪が降ると暖かくなる」と言うと聞いたことがあります。
Commented by colonel-mogy0079 at 2017-01-24 22:30
4年前、三浦半島にそれはそれは大雪が降りました。関東で明治以降観測史上最多の雪が降りました。暖かいはずの三浦半島でも30センチほどの雪が降ったんです。

ヨコハマ連載当時はあり得なかった大雪が事実降ったんですよ。これって凄いですが、恐ろしいことでもあります。
絵を見る限り、アルファさんの膝丈くらい、大体40センチといった所。だいたい近いですよねぇ、
日本海側に降る大雪と関東南部に降る大雪は根本的に気象メカニズムが違います(ご存知だったら申し訳ございませんが)、三浦半島で降った大雪はそんな温暖化故の地球規模の気象変化の現れの1つだと思います。

芦奈野先生がどこまで考えていたかは、
謎ですが。
Commented by namatee_namatee at 2017-01-25 07:34
>シロさま
夏も冬もそんなに極端に暑くも寒くもないと思います。>納豆の国
最低気温はマイナス2桁はないですね。

寝るときは暖房しないんですか?
以前わたくしが聞いた話だと、ひどい時には醤油まで凍ってしまうので冷蔵庫にいれるとか・・・
Commented by namatee_namatee at 2017-01-25 07:51
>colonel-mogy0079さま
わたくしは「温暖化といっても冬が暖かくなるわけではない」ぐらいの理解です。(汗
日本海側と太平洋側の降雪の仕組みの違いはなんとなくわかりますけど、このネタで問題にしたいのは我々の経験している「普通の温暖化」と「ヨコハマ買い出し紀行」の中で描かれる「温暖化(のようなもの)」は違うんだろうな、ということです。
違うというか、「ヨコハマ買い出し紀行」の世界には「普通の温暖化」と「急激な温暖化」の2つの温暖化があったと考えています。

「普通の温暖化」なら心配することはないと思うんですよ。「夕凪の時代」の初めには人が多かった頃の慣性みたいな感じで、それまでの「普通の温暖化」が継続するかもしれませんけど、そのうちに人が減少して原因になるといわれる二酸化炭素の発生量も減ってしまうので、いずれは沈静化するだろうと。
その程度なら残された人々やロボットの人の生存に差し支えるほどではないでしょう。

問題は海面が一気に10何メートルも上昇し、四季の区別がなくなってしまうような「急激な温暖化」の方で、これが今後も継続するようなことになると、いずれ地上には人が住めなくなる環境になってしまうのではないかということです。
なので、その「急激な温暖化」が収束する方向に向かっている描写はないかと思って読んでいると、この第91話が気になるということなんですね。

もっと長い目でみると最終的には地上は不毛の世界になり、ターポンが成層圏からそれを見下ろしながら延々と飛び続けるなんてことになりそうですけど、それは「ヨコハマ買い出し紀行」の世界じゃないですから。w
Commented by シロ at 2017-01-25 17:01 x
〉なまさん
やはり過ごしやすいんでしょうか?〉納豆の国

寝ているとき間は怖いのでストーブはつけていません。寝ている間は布団で我慢できるんですが、朝は辛いです。
部屋の中は今のところは氷点下にはなっていません。ただ、人がいないとどうなるか分かりませんね。こないだ帰省したときも、水道管の水は抜いていきました。

追伸
今日、月刊アフタヌーンを読んだのですが、コトノバが4巻でついに完結するそうです。
Commented by namatee_namatee at 2017-01-25 21:19
>シロさま
連載期間がだんだん短くなってきてる。(汗

夏はすごしやすいと思います。名古屋に比べてですけど。w
最高気温はさほどちがいませんけど、納豆の国沿岸部は夜になると涼しくなります。赤味噌帝国は夜になってもそのままですから。クマゼミが鳴きまくりで、五月蝿いのと暑いので窓開けてなんて寝ていられません。w
Commented by シロ at 2017-01-25 21:27 x
〉なまさん
そ、それは・・・
作者コメントを見た限りでは、まだ引退される感じではなかったですが。

海の近くはわりと気候が安定してますよね。なまさんのお住まいは海岸からは近いんですか?
Commented by namatee_namatee at 2017-01-25 21:58
>シロさま
もう開き直って「ヨコハマ買い出し紀行」の続編とか外伝とか描いてくれると良いんですけどね。いくらでもネタはありそうですし。

安定ということなら名古屋の方が安定していると思いました。ずっと安定して暑いという。w
真面目な話、名古屋は天候が変わるのが風向きですぐにわかりました。それに比べると納豆の国沿岸部は予測がつきづらい感じです。いきなり海から冷たい風が入ってきたり、強烈な夕立になったりします。
ウチは海鳴りが聞こえる程度には近いです。>海
Commented by シロ at 2017-01-27 21:47 x
〉なまさん
たしか、最終巻の作者後書きでそれを匂わせるようなことを書かれていましたね。〉ヨコハマの続編
そうなればもう本当に願ってもないことなんですが。

やっぱり納豆の国は名古屋より北ですから涼しいんでしょうか。
こちらもわりと天気が、変わります。今日はわりと暖かかったですが、昨日までかなり寒かったですし。そういえば、もうすぐ流氷が来るみたいです。

海に近いというのは良いですね。何かと楽しみも増えますし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< またしても不発。 グロ注意 >>