世代交代ならず。

c0019089_21032334.jpg
ネタがない。ので、先日のサバゲで使ったボルトアクションライフル2丁の図。

同じ東京マルイ製のVSR-10(ただし内部は改造済みで原型をとどめていない。)とM40A5ではありますけれども、その性格はかなり違います。見た目のみならず、操作感やおそらく重量バランスもリアルを追求したM40A5と、サバゲの道具と割り切って、あえて架空銃の形態をとったVSR-10という感じですかね。
わたくし的にサバゲで使いやすいのはVSR-10のほう。なんといっても軽い。比較的前のほうが軽いのもハンドリングの良さに寄与していると思います。M40A5は前方が重くて疲れる。重量バランスは人によって好みの差が大きいと思われますので、あくまでわたくしの印象ですけど。

集弾性能についてはノーマル同士なら互角ですかね。弾道特性が良好なのはM40A5の方で、飛距離もあるしHOPもよく効きますので重い弾も難なく飛ばせます。ただし、遠距離での集弾性能は微妙で、あまりまとまりません。距離があるからしかたないんですけど。電動なら飛距離があれば連射して何発かに1発当てるなんてことができますけど、ボルトアクションライフルではそれは無理。辛いところです。
VSR-10の強みは豊富なパーツの存在とチューンのノウハウがたくさんあることでしょう。ノーマルではパッとしない部分もそれを改善するパーツがいろいろ出ていたりする。複数あるパーツからどれを選ぶかが難しいところですけど、それはもう身を削る&自腹をさいてなんとかしていただくしかありません。w
あと改造するときの組み込みに繊細さが要求されると思います。VSR-10は適当に組んでもある程度は性能がでるような構造なんですけど、真面目に性能を引き出そうとすると繊細な取り扱いが必要です。

というわけで、ウチでは当分はVSR-10「あきつ丸」verが主力ボルトクションライフルということになりそうです。M40A5については、集弾性能の改善をはかるパーツが開発される予感がありますので、それまでは飛距離を生かした戦法を試行錯誤してまいりたいと思います。

ちなみにこの二丁のスコープ、同じブランド「VISIONKING」製です。これ、先日のサバゲでなかなか好評でしたね。特にVSR-10の方の「2-10x32 FFP」はFFPレティクルで1万8千円という価格を考えるとコスパ良すぎ、そして覗いた感じもまずまずと高評価。海の者とも山の者ともしれないブランドに身銭を切った甲斐がありました。Amazonで普通に売ってますから、どんどん買ってあげてください。w

by namatee_namatee | 2017-01-11 21:43 | survival game | Comments(2)
Commented by ダメンフィス at 2017-01-11 23:19 x
どもこんばんは。
先日触らせて貰った時の感じだと操作感とか弾道とかイイ感じでした。
でも「30メートル以上先の窓を抜く」ってなると
ちょっと不安な感じだった…かな?
真っ直ぐ遠くまで飛ぶんだけど落とし所を制御しきれないっていうか。
仰る通りその辺を詰めるパーツとかノウハウはこれからに期待ですかねー。
VSRの「山なりだけど狙った所に落とせる」感じ
に慣れてるとちょっと戸惑うかもしんないですね。
Commented by namatee_namatee at 2017-01-12 18:50
>ダメンフィスさま
ちょっと散り気味なんですよね。もう本当におっしゃる通り、落とし所を制御できない感があります。考えすぎかもしれませんけど、実際には当たってないのに撃った方は当たったような気がして、トラブルの原因になりかねない感じ。そういう感触なんですよね。>M40A5

G.A.W.さんとかがチューンナップパーツを出してくれそうな予感がするので、楽しみにしております。
が、M40A5の根本的に流速っぽいコンセプトと集弾性能を両立できるのかについてはなんとも言えないような・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< オールドファッション 原因不明 >>