トラウマ海域

c0019089_19222406.jpg
本日も平穏無事。だるさは緩和されてまいりました。
真面目に仕事してました。なので特にネタがありません。

「艦これ」は2-5と3-5を終わらせたので、もうEO海域はやりません。4-5とか5-5とか、海図を見ただけでうんざりですよ。w

あ、海図といえば、ちょっと調べ物していて、たまたま久しぶりに2013年秋のイベント海域「決戦!鉄底海峡を抜けて!」のE4「アイアンボトムサウンド」の海図を見たんですけど、もう見た途端に胃のあたりにずしっとくるものがありまして。w
わたくしの「艦これ歴」でもっとも辛かったのが、この「アイアンボトムサウンド」。なんといってもゲージの自然回復が辛かった。放っておくとせっかく削ったゲージが戻っちゃうんですよ。しかもゲージ割るのに旗艦撃破が7回ぐらい必要という長丁場。その上、どの会敵ポイントも夜戦。
今なら資材はそれなりに備蓄がありますし、強力な戦艦や駆逐艦、先制雷撃などの特殊能力を持つ艦娘も揃っているので、なんとかする自信はありますけど、当時はスタンダードな艦娘しかおらず(戦艦は改二じゃない金剛型ぐらいしかいない)、練度はそこそこ(平均するとLv30ぐらいだったはず)、資材はそれぞれ2-3万ぐらいしかなく、バケツだってせいぜい200個とか。制空権についてもよく分からない手探りの状態で艦攻や艦爆を満載の空母で突撃していたもんで、真っ先にボーキサイトがなくなりました。弾着観測射撃もなかったし。そんな状態でゲージ自然回復で夜戦の連続とか、もうね(ry
ちなみに難易度の選択もありませんでした。やりこんだベテラン提督からわたくしのような不真面目なヘタレ提督まで一緒くたで同じ海域を突破しなければなりませんでした。辛い。w

とにかく放っておくとゲージが回復しちゃうので休んでいる暇がない。旗艦撃破1回で17.2%減、回復は1時間あたり2.1%だそうなので、一晩放っておくと旗艦撃破1回分ぐらい回復してしまいます。資源や疲労度(艦娘、特に戦艦が金剛型必須なので4隻しか無く、使える数が少なかった)の関係でそう無制限に出撃はできない。攻略を始めたら最後まで一気に突っ走るのが一番正しい作戦なわけですけど、社会人にはその時間がございません。
ではどうしたか。有給とって会社休みました。w
確か早退+1日休んだような。そこまでしてなんとかクリアはしましたけど、資源が底をついて次のE5は諦める羽目になりました。なのでウチにはE5突破報酬の「武蔵」がこなかったんですね。これでいじけて大和型は運用しないことになりました。>我が艦隊
今でもイベントが始まるとゲージの自然回復はないだろうな?と気にするぐらいトラウマになっているイベントでしたなぁ。>アイアンボトムサウンド

それはそれ。図は先日の赤羽のフロンティアさんの初売りのクジで当たったもの。当たったというか外れですけどね。左端は例によってマルゼンのBB弾。これ、0.2gなのがいけない。ウチで0.2gBB弾といえばMP7やVz 61のコン電用なんですけど、マルゼンのこのBB弾はマルイのコン電用マガジンと極端に相性が悪く、特にMP7ではまともに撃てません。なので使うとすればガスブロハンドガンとなりますけど、ウチじゃハンドガンは冷遇されてますからねぇ。
真ん中はコンバットマガジンの最新号。こういう機会でもないと読まないのでこれはありがたい。右側は同じくコンバットマガジンのバックナンバー詰め合わせ。不用品あるいは在庫処分の気配濃厚ですなぁ。w
それでも読み物は暇つぶしになりますから、撃てないBB弾よりはマシです。中央上の浮世絵のラベルはコーヒーのようです。特に選ぶものがなかったので、これにしてみました。まだ飲んでないので味はわかりません。

といった感じで、ネタ切れのため支離滅裂なネタで終わります。

by namatee_namatee | 2017-01-05 21:59 | diary? | Comments(2)
Commented by ヘルニア at 2017-01-05 23:42 x
記録を見返してみたのですがあのマップはボス前の羅針盤がランダムだったんですね。
旗艦撃破から次の撃破まで15回出撃してたりして(ルート逸れ&大破撤退)辛い思い出が蘇りました。
BGMは好きですがもうやりたくはないw
Commented by namatee_namatee at 2017-01-06 12:28
>ヘルニアさま
記録・・・うっ、頭が(ry

この当時、わたくしはあまりルート固定という概念がなくて、ランダムでもそんなもんだと思ってましたけど、今となっては(ry
これに比べたら今のイベントって、楽とは言いませんけど、いろいろ考えてあるなぁと思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コスチュームの意味 仕事始め >>