HAHAHA!

c0019089_18421539.jpg
「私はやると言ったことはやる女だ。」by ココ・ヘクマティアル
言うまでもなくわたくしは男ですけど。w

というわけで、図の通り。「COMICパピポ1992年3月号」がやってまいりました。例によって駿河屋さんから入荷通知がまいりまして、一も二もなく発注。それが11/19。即日発注で本日到着でございます。到着まで3日か。以前に比べたら随分早くなったと思います。>駿河屋さん
包装もAmazon真っ青の巨大段ボールとかじゃなくて、それなりの封筒に変わりましたし、着実に改善されているようです。w

これで「黄色魔術オリエンタルガール」の掲載された「COMICパピポ」は1992年3月号から1994年5月号までの14冊、全て揃いました・・・我ながら執念深いと思います。(汗
「悲願、であります 一佐!!!」・・・もう良いから。w

いやまあ、別に掲載分のオリジナルを全て集めるつもりはありませんでした。単行本が出ている分については、オリジナルを集めても特にメリットは・・・カラーで観られる場合があるのはオリジナルに価値があるかな。あとは下の図でもわかるように、「COMICパピポ」の煽り文句が読めることもメリットですね。

「黄色魔術オリエンタルガール」はこの通り、24年も前の作品です。連載当時のインパクトを覚えている方がそんなにいるとは思えません。でも今なお記憶に残っている数少ない方にとっては、その印象が極めて深く心に刻まれているように感じます。もちろんわたくしもそうです。
どちらかというと不成功に終わった作品だと思いますし、掲載誌もさほど一流というかメインストリームであったとも言えず、その上、作者の完顔阿骨打先生の当時の代表作「嘆きの健康優良児」とはまったく違う作風と、まあ人気が出る要素には乏しい。
だがしかし、超個性的で魅力的なヒロインのオリエンタルガールと無駄に凝ったストーリーは、一般受けはしなくともせめて知る人ぞ知る作品の一群にノミネートしてあげたいと思います。そのためにわたくしはこのブログで情報を発信し続けるのだ。w

っていうか、ただひたすらこの↓女性(ひと)が好きなんですよ。>わたくし
c0019089_18422618.jpg
これこれ、これですよ。「オリエンタルガール」はこうでなくちゃ。w
この上から目線というか、なんだか意味がわからない存在感。実際に上から見下ろす構図が多い。そして扇子。これこそオリエンタルガールですよ。「美少女戦士セーラームーン」とか「キューティーハニー」とか、そういう美しくて強い、でもどこか線の細い、繊細なあのエッセンスが詰まっている。
無茶苦茶格好良い。本当に死ぬほど大好き。w

by namatee_namatee | 2016-11-22 19:52 | book | Comments(4)
Commented by フラフープ at 2016-11-22 22:58 x
実際のところ、コミックにない魅力というのもありますよね。>雑誌
すごい単純な話、ページの面積が違うだけでも迫力が変わりますよ。そもそも、原稿の面積はコミックより雑誌のそれに近いか同じなはずなので、作者が書き込む段階で無意識に、もしくは意識的に(コミックより)雑誌に映えるように調整しているのではないかと思います。
などと考えすぎてみる。w
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-11-22 23:21
昔、セーラームーンのセミプロみたいなエロ同人で、すごく絵が綺麗なやつがありまして、それがすごく好きだったんですが、その絵にも似てまして、うん。悪くないなと思いますよ(上から目線)
Commented by namatee_namatee at 2016-11-23 10:38
>フラフープさま
この図でもわかる通り、確かに誌面の大きさの関係で、画像としてのインパクトはありますね。>雑誌版
問題は「COMICパピポ」の紙質の悪さ。w
Commented by namatee_namatee at 2016-11-23 10:42
>colonel-mogy0079さま
なんていうか、女の子が戦うという、後ろめたくちょっとHな感覚もある、あの感じ。それが一応エロ漫画なので、ライトではあるものの行くところまで突き抜けているのが「黄色魔術オリエンタルガール」の魅力の一つ。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< スペクタクル! 硬い。orz >>