至高の音

c0019089_20543908.jpg
SONY MDR-7506の図。
ヘッドホン・イヤホンに興味を持った最初の頃に買ったヘッドホン。イヤーパッドがボロボロになってきてますね。交換しなきゃ。
MDR-7506はあのMDR-CD900STの海外向けモデルなのだそうです。違いはCD900STは折り畳み不可なのに対して7506は折り畳み機構あり。あとCD900STはケーブルがストレートでノーマルプラグなのに対して7506はカールコード+ミニプラグ。ドライバは同じと聞いております。
この程度の違いじゃ音は同じ?と思いますけど、その筋の方々によると7506の方がやや低域が豊富で、ガチのモニターヘッドホンのCD900STよりはリスニング向きの音などと聞きます。わたくしは聴き比べてみましたけど、違いはよくわかりませんでした。しょせんそんなもんです。>わたくしの耳

前にMDR-CD900STについてくどくどと書きましたけど、要するにこの7506もCD900STも音(録音状態とか音のバランスとか)をチェックするためのヘッドホンで、楽しく音楽を聴く用途に向くかどうかはまた別のお話ということです。
音の好き嫌いとか良し悪しなんて、特に明確な基準があるでなし、その人の経験とか好みで決まっちゃうと思うんですよね。だからCD900STでシンフォニックメタルを聴くのがたまらないという人がいても全然不思議じゃ無い。わたくしは嫌ですけど。w

正直、キンキンした音で疲れます。>MDR-7506
よく言われるさ行の音が刺さるってやつですかね。これは解像度と引き換えで仕方ないのかもしれません。いやでも、その解像度にしたって、中高域のそれぞれの音の分離は良いとは思えません。なんかまとまって一緒くたに聴こえてくる感じ。ノイズが入っているなんてのは気がつくかもしれませんけど、繊細なストリングスの音が重なり合った楽曲とか、それぞれの楽器の音をちゃんと聴き分けられるのかどうか。ちょっと疑問に感じます。
良い点もあります。小さい音量で聴けることかな。むしろ大音量にすると前述のさ行が刺さる傾向のせいで辛いです。おそらく長時間にわたって音を聴き続けるプロのために、そういう特性になっているんじゃないかと思いますけど、本当のところはわかりません。まあわたくしは残り少ない人生、聴力を使い切るつもりで大音量で聴くので、その点からもCD900STや7506は相性が悪いのでしょう。

つまり、わたくしの好みじゃ無いんですけれども、それならばなぜ買ったのか。>7506
それは、偉そうにこんなことを書いているわたくし自身が、MDR-CD900STの名声と伝説に惑わされていたからです。スタジオモニターなら、しかも椎名さんの楽曲の多くを収録した時(特に初期のアルバム・シングル)に使われたはずの「信濃町モデル」のCD900STなら、元の音に最も近い音を聴かせてくれるはず。だからCD900ST(と姉妹機の7506)こそ至高。みたいな。w
そう思い込んでいれば、キンキンと耳障りでスカスカの低音、おまけに狭い音場でも、これこそ正しい音、なんで世間のみんなは高い金出して、変な味付けされた音のヘッドホンとか買うんだろ?と思うわけですよ。信じるものは(ry

だがしかし、ある時ふと気がつきます。わたくしが聴いているのはCDで、それは製品として完成された音で構成されたもの。だったらモニターヘッドホンで聴いたって意味が無いじゃんって。CD900STを使ってアルバム「Shiena」を聞けば1994年の3月とか、そのころ、SMEの信濃町スタジオでいやいやながらレコーディングしていた椎名さんの生の声(に限りなく近い)が聴けると思っても、それは錯覚です。我々が聴いているのは録音されたあと、ミキシングだのマスタリングだのの工程を経て「製品」になった楽曲ですからね。極端な話、再生したその時に聴こえた音、それが本当の音なんですよ。
むしろ、ブランド・メーカーの個性を出しながら、様々な音楽を楽しく聴かせてくれる、リスニングヘッドホンの巧みな作り方の方に感心します。

これはウィスキーのシングルモルトとブレンデッドの関係みたいなもので・・・いや厳密にはシングルモルトっていっても、いろいろとあるんですけど、まあ大雑把な話。なんとなくシングルモルトの方がブレンデッドウィスキーより高級でピュアwな感じがしますけど、実際はブレンデッドウィスキーの方がブレンダーの匠の技がより生きていると言えなくもない。
「何も足さない。何も引かない。」とかいってモルトウィスキーを純粋で単一なものとイメージさせるCMとかありますけど、シングルカスクならとにかく、普通はいろんな樽のモルトをブレンドするし、そもそも樽の中で熟成している時にアルコールが揮発して「引かれる」し、普通は加水しますから水を「足して」いるんですよ。まあ、そういう細かいことを言っているわけでは無いのでしょうけれども。>件のCM

それはそれ。ヘッドホンでもウィスキーと同様に素のままの方(実際はウィスキー同様に素のままではありませんけど。)が尊いと思いがちで、だからモニターヘッドホンがリスニングでも至高と思うのかな、などと。
では同じ密閉型で明確にリスニングヘッドホンであるT5p 2ndとCD900STを比べるとどうなるか。・・・「黄色魔術オリエンタルガール」Vol.2でオリエンタルガールに一蹴されるフローリアンのよう(ry
例えが偏りすぎました。w
まあCD900STとT5pでは全く勝負になりません。解像度・音場の広さ・緻密さ繊細さ、あげたらキリが無いぐらいあらゆる面でT5pの方がうわまっております。これは誰に聴かせても一発でわかるはず。冷静に考えれば価格差10倍ですから、致し方無いのかもしれません。でも、裏返してみればお金を出せば圧倒的に良い音が手に入るということでもあるんですよ。よってCD900STは至高なんかじゃない、ということになります。
わたくしにいわせればほぼ同価格のAKG K545と比べても厳しいと思います。>CD900ST&7506

なにが言いたいかというとT5p 2ndで聴く「feel for you,beat for me」こそ至高だということです。w

by namatee_namatee | 2016-10-20 22:08 | audio | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< サンマ漁の季節 とりとめなく >>