謎の組織

c0019089_20200300.jpg
心置きなく「黄色魔術オリエンタルガール」のネタ。
図は「黄色魔術オリエンタルガール」単行本に収録のVol.3、その冒頭のシーン。怒っているのはクイン様です。怒られているのはフローリアン。優の誘拐任務に失敗しちゃって、殴る蹴るの折檻されております。ちょっとかわいそう。

今回のネタは「レズビオナン」という組織について。
オリエンタルガール(ミニス)の言によると、「レズビオナン」は大首領のレズビオナが築いたレズビアン帝国。
「世界中の気に入った少女をさらっては犯して自分の虜にし 組織の一員としてまた少女をさらわせて そしてついその手を日本に伸ばしてきたのよ!」
ということだそうです。本当はこのセリフの図をネタにしたかったんですけれども、それはもろにエロ漫画の1シーンなので、さすがに自重。w
いやしかし「レズビアン帝国」ってすごいな、それ。「帝国」ってのは世界中に版図を広げていくものなので、ミニスの言う通りなら確かに「帝国」の一種ではありますけれども、「レズビアン帝国」って事も無げに言われるとなぁ。w
それはそれ。いつもは冷静で丁寧な口調のオリエンタルガール様ですけど、このシーンでは妙に感情的なのが印象的。わたくしの推測ではこの説明にはオリエンタルガールというオフィシャルな立場の見解だけではなく、ミニスの個人的な感情が入っているのかもしれないと思います。

この図からわかる通り、レズビオナンのアジトはかなり立派です。地下にあるらしいのですけれど、この天井の高さは相当に大規模な施設であると思われます。前にネタにしましたけど、レズビオナの寝室は体育館なみの広さがありそうですし、レイ博士のラボもフローリアンを始め、ワイト、ナース、クエス、そしてミニスもあの水槽みたいなベッドに同時に全員を収容できるだけのスペースがあるわけで、それらが複合したレズビオナンのアジトはアンブレラ社の地下施設「ハイブ」みたいな感じなんじゃないでしょうか。
問題はそのアジトを建設し維持・運用していくコストはどうやってまかなっているのかですね。しかも「その手を日本に伸ばしてきた」ということですから、他の国にも同様なアジトを保有しているのでしょう。一体どうやって組織を維持しているのか。
レズビオナのテクニックと人望で、さらった少女たちを洗脳して働かせている?
それだと少女に何をさせているのかが問題ですなぁ。少女をさらってくるのは良いとして(良くないけど)、彼女たちをどう使うかが問題です。アンダーグランドな組織、たとえばマフィアとかなら、どこか人里離れた山の中で麻薬の栽培や製造に従事させるとか、あるいは風俗店で勤務させてピンハネとか、あるいは人身売買とか、そういった事業?が考えられますけれども、なんといっても「レズビアン帝国」なもんで・・・少女たちが麻薬の栽培・製造に向いているとは思えず、風俗店に勤務させるとしても人身売買の対象にするにしても、結びつきがレズビアンとして洗脳・支配しているわけですから、性的趣向との整合性が取れない。
どう考えてもさらってきた少女に何かをさせて、それによって組織を維持というのには無理があります。

というわけで、以下はわたくしの推測。
「レズビオナン」は経済活動を行う組織ではなく、あくまでレズビオナの個人的なハーレムのようなもので、この施設はレズビオナの別の顔、国際的な巨大企業のオーナーであるとか、そういった表の仕事のための施設(の一部)なのではないか。
そのような巨大企業のトップであるレズビオナの個人的な趣味としてのレズビアン帝国「レズビオナン」があり、クインをはじめとした側近や構成員は通常はその巨大企業の社員という身分なのではないか。
これも推測、オリエンタルガールの中の人のミニスはレイ博士の部下だと思っているんですけど、レズビオナやフローリアンがミニスの存在を関知していた様子はありません。レズビオナの巨大企業には「レズビオナン」のメンバーではない社員もいて(男性もいるはず)、ミニスはそっちに紛れていたのではないかと思います。
フローリアンやナース、ワイトなどは通常はOLさんみたいな感じでレズビオナの巨大企業で働き、必要に応じて「アクトレス」としての裏の仕事をする。クインは完全な戦闘型ということで、彼女は裏の組織の「レズビオナン」専属なのでしょう。
なので「レズビオナン」の目的は少女の獲得そのものにあるということですね。レズビオナが見初めた少女を密かにさらってきて調教し、自分の親衛隊のようなものの一員とする。当然ながら違法行為ですので、警察やあるいは敵対する組織と事を構える場合があり、そこでクインなどの戦闘用アクトレスの出番、ということなのでしょう。

まあ当たり前といえば当たり前な考察結果なんですけど、これが正しいとすると・・・オリエンタルガールをはじめとした、彼女たちの今回の騒動はレズビオナの個人的な趣味が発端の出来事ということになりまして、思いの外スケールの小さいお話になってしまうのであります。そういった点でも「黄色魔術オリエンタルガール」は異色な作品であると言えますね。w
そして、なぜアジトが地下にあるのかという謎は謎のまま・・・

by namatee_namatee | 2016-10-17 21:46 | book | Comments(4)
Commented by フラフープ at 2016-10-17 23:04 x
年齢の幅が狭そう。10年もすれば、メンバーはまるごと変わってそうですよね。>帝国
Commented by namatee_namatee at 2016-10-18 11:53
>フラフープさま
さらに想像の羽を広げて、レイ博士のあの水槽のようなベッド、あれは「アクトレス」の調整用なわけですけど、その調整にはナノマシンなどを使って細胞レバルでの改造・調整を行うはず。で、定期的に「調整」を受ける事で老化を抑える、もしくは老化しない体質になっているのかもしれません。>アクトレスの皆さん
「黄色魔術 雷電」とか、電撃を出せるようになるぐらいなので、歳をとらないようにするなんてレイ博士のテクノロジーを持ってすれば朝飯前でしょう。w
Commented by フラフープ at 2016-10-18 22:31 x
もしそんな技術があったら、若さを売る組織「レズビオナン」はお金になど絶対困らないですね。世界中の女性が、スポーツ選手が、権力者たちが顧客になってくれますからね。
その場合、最も恐るべきは技術の流出ですか。産業スパイやテロリストの標的となるのは、避けられそうもありませんね。
Commented by namatee_namatee at 2016-10-19 10:40
>フラフープさま
実はスピンアウトっていうかわたくしが勝手にこのお話の続きを考えたのが、まさにフラフープさんの言うような老化しない人間を作る技術の応用での「アクトレス改造技術」の流出がテーマだったりします。通常型アクトレスだけじゃなくて「オリエンタルガールシステム」も流出しちゃうんですけど、肝心の起動のための「オリエンタルカード」がない!みたいな話で、またしても優が巻き込まれ(ry
そのためには彼女たちが歳をとらない設定か、あるいは次世代のアクトレスが存在することにしないといかんのですね。レズビアンだから次世代ってのが、これまた遺伝子なんとかとか、レイ博士のマッドサイエンティストらしいお話になるなぁ、でも次世代のアクトレスのネーミングが難しいなぁ、優だけ歳とっちゃうのもかわいそうだ、などと考えている分にはとても楽しいです。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 期待大 加齢を嘆く会 >>