悪天候で引きこもり

c0019089_21142797.jpg
本日は悪天候。当然ながら外に出ずに「艦これ」ざんまい・・・と思ったら雷がなってまして、うかうかPCも使えないという。ウチのiMacには一応はUPSがついておりますけど、会社のサーバーで使っていたやつを廃棄する時にもらってきたものなんで、すでにバッテリーがお亡くなりになっておりまして。おそらく本来の役割を果たすことはないと思われ。停電になったら瞬時に電源供給は切れますね。w

そういったわけで、特になにもせず、あからさまに言うと昼寝してたんですけど、午後になって天候がやや回復してきたので、先日のVz 61のテストをしてみる。チェック項目は弾道がどうなのかとバッテリー消費。前者は3割近くもパワーupしているので、それが弾道にどのような影響があるのか。後者は小容量のLiPoバッテリーなので何発撃てるのかを把握したかった。
弾道については、やや暴れ気味に感じました。Vz 61は同じ電動コンパクトマシンガンのMP7のように、マガジンの残弾数によってBB弾が押し上げられるプレッシャーが変化してタペットプレートの動きに影響があり、結果として装塡不良を起こして弾道が不安定になるというような悪癖はないのですけれども、極端にサイクルとパワーがupしたためか、MP7よりずっと微弱ながら、同じような傾向を感じるようになりました。つまり1マガジンの撃ち始めは弾道が不安定、途中で安定してきて、撃ち終わる頃にはまた不安定になる。LiPoバッテリーでトリガーのキレはずいぶん改善されているんですけど、それでもコン電の本質的なキレの悪さみたいなのは感じられ、それは指切りバーストみたいな撃ち方になったときに顕著に現れます。ノーマルのバッテリーの時はヘロヘロだったので、あまり目立ちませんでしたけど、LiPoバッテリーでセミのキレが向上した分、相対的に短いフルオート時のキレの悪さが目立つようになった感じ。
同時に弾道の不安定さも大きく感じられ、いままでのパワーはないけど洗練された撃ち味ではなくなってしまいました。が、それでもパワーupした方が総合的な使い勝手は良いと思うので、ノーマルのバランスを大幅に崩すチューンをした代償としてまあ我慢しなければならないところなのかな、と。
0.2gBB弾で80m/sぐらいの、もう少しおとなしいスプリングがあればよいような気もしますね。あとテストしてみるべきなのは0.25gBB弾でどうなるか、ですかね。
バッテリー消費については、フル充電したバッテリー(650mAh。その時点でおよそ8.2V、4.1V/セル)で約500発撃って、電圧をみたら7.6V(3.8V/セル)でした。感覚的には2ゲーム(500発×2)使ったら交換という感じですかね。やっぱり容量小さいな。連続して撃つと発熱するのがちょっと嫌。

天候が回復してきたので「艦これ」やりながら、ネットを徘徊する。そこでちょっと引っかかったネタがありまして・・・角が立つのは嫌なので抽象化して。w
とある方のサイトで「歌を聴かなければ○○の曲そのもので、最高なんですが。」みたいな記述がありました。いやまあ、その歌を歌っているのは椎名さんなんですけどね。w
椎名さんのファンのわたくしは、椎名さんの歌って椎名さん本人と一体で、他の誰が歌ってもあんな風にはならないと思っているんですけど、外野からだと歌と演奏、もしくは作曲・編曲は分離して見れるんだ、とちょっと驚きました。

生理的に合わない歌声ってのはあると思います。w
わたくしの場合「DREAMS COME TRUE」がそうです。どんなに良い歌詞でも、格好良い演奏でもダメですね。どこかから曲が聴こえてくるとイライラしてくるので、自分がそこから移動するか、機器の電源を切るというぐらいにダメなんですよ。(汗
別になにか嫌な目にあったとか恨みがあるわけでなし、不思議なんですけどあれはダメ。昔からダメ。

件のサイトの方の場合はそこまでは言っておりませんで、単に演奏は好きなアーティストなので、歌の部分を聴かなければそのアーティストさんの曲そのもの、というような意味です。それにしてもその好きなアーティストさんが楽曲を提供したということを考えると、まあプロのお仕事という点を差し引いても、発注した椎名さんと関係が悪いということはなく、また縁がないということもないはず。それを包括的に評価しないというのは、なにか引っかかる部分があってのことなのだろうか、と考えておりました。

・・・やっぱり「声優」というのが引っかかるんですかね。w
だいぶ前の記事で、悪意があるわけではないのですけれども、わたくしが思っている以上にアーティストさんと「声優」の間には明確な一線があったのかなぁ、と考えておりました。まあ、いくら考えても答えのでない事柄ではあります。線を引くのは人それぞれが勝手にやることですし、それを人に伝えるのも容易ではないですし。

上に書いたように、わたくしは椎名さんの歌は「椎名へきる」だからこそのものと思います。椎名さん本人が作詞・作曲した曲もそうでない曲も制作には椎名さんが関わっているそうで、むしろ作詞・作曲・編曲のスタッフと上手に曲造りをしていることに感心するぐらいに、どの楽曲も椎名さんらしい。
そして、どの楽曲にもあるあの「必死な感じ」、あれこそが椎名さんのエッセンスみたいなもので、それに加えて「声優」ならではの本質的に美しい声があいまって、あのような楽曲の印象になるんだと。
一見、特徴のない無難な印象かもしれないんですよね。>椎名さん
あまたいる女性ボーカリストの歌と。でも、ちゃんと聴いてみるとすごく個性的で、しかも他に類似したアーティストがいないということに気がつきます。それに気がついてしまったわたくしは(ry

図は雷がやんだのでやっていた「艦これ」、1-5で中破した「瑞穂」の様子。w
「なか卯」とのコラボ期間なので、三方になにかの丼が乗ってます。ひっくり返しそうですけど。いつもは澄ました印象ですけど、この図はかなりお茶目・・・そういう場合ではないのかもしれません。w
ウチの艦隊では使い道の限られる水上機母艦の中で「瑞穂」が一番愛用されてます。なんとなく好きなんですよね、見た目が。同じく見た目が好きな「葛城」といい、共通するのは「黒髪」ですかね。w

by namatee_namatee | 2016-10-08 22:33 | diary? | Comments(6)
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-10-08 23:02
瑞穂さん、あられもないお姿ですが、中破するとこうなっちゃうんですか?w

アーティストと声優の狭間の云々に関しては、たぶんなまさんが思う以上に当時の差は大きかったし、それはなんだかんだ言っても今もあまり変わっていないのではないかと。そういう意味では水樹さんはがんばってるのかなぁ、よくわかりませんがね。逆に世の中がいわゆるオタク文化に寛容になったというか、TMR西川氏やGACKT氏など様々なアーティストや芸能人がガンダム好き、アニメ好きを公言する時代ですからね。
で、へきるさんに関しては、渦の中の我々が思う以上に両方の業界から浮いてたみたいですね。そういう意味で凄いし、99年から02年くらいの方向性を固めた時代の楽曲、ライブパフォーマンスは凄くつっぱってるなーと(いい意味で)。そんな時代を作ってきたので、もうその場所でやることはやりきったっていう感覚があるのかな。
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-10-08 23:10
無難な印象かも、ってなまさんは仰ってますけど、あの声はかなり特徴的ですよ。歌い方はオーソドックスなのかなあ?でも語尾の抜き方は独特で、あれはなかなか無いですね。いい意味でぞくっとするときが多いです。
Commented by namatee_namatee at 2016-10-09 09:01
>colonel-mogy0079さま
中破・大破するとこんな感じで衣服がボロボロになります。w>艦娘
艦これの戦いは服剥ぎデスマッチだという説もありますね。w

「声優」には狭い業界みたいなのがありますけど、アーティストさんと大雑把にいうとなんでもありで、下手すると声優さんも含まれるような。w
それなのになぜ区切るのかが、未だによくわかりません。声優だろうが女優だろうが芸人だろうがあるいは学者だろうが、必要に応じて歌を歌ってライブやってなにが問題なのか。アウトプットが良いものならそれはそれで評価すれば良いと思いますのに、すぐにカテゴライズの話が顔を出すのはなぜか。
そのカテゴライズになんの意味があるのかがよくわかりません。w

実際のところ、22年経っても現役で活動している椎名さんがいるということは、そうやって排斥する方向に動いた人々の思う通りにはならなかったわけで、その点を噛み締めてみたらどうですか、などと時空を超えて嫌味をいいたくなるわけです。w

なんとなく思うのは、いわゆる「既得権益」の侵害に憤るってことなのかなぁ、と。ただ、そういう現象は昔も今も数限りなくあらゆる場面で起きてきたことだと思われますけど、「声優」のアーティスト化に対してことさらに風当たりが強かったように見えるのは不思議だなぁ、と思います。
まあ、これは椎名さん側に立ったファンの考えですから、反対の立場になると理解できることなのかもしれませんけど、それでも新しいものをとりあえず排除する方向に行くのは、わたくしとしては褒められた姿勢とは評価できません。
Commented by namatee_namatee at 2016-10-09 09:08
>無難な印象
なんていうか、例えば文字だと特徴が表現しづらい感じとでもいうか。実績という点をからめないと声優さんで女性ボーカリストとあっさり説明されちゃう。
実際はそんなものではないのはご存知の通りですけど、例えば興味を持った初見の人がちょっと味見のつもりで「Ermitage」を聴いたとするじゃないですか。一応、最新アルバムってことで手を出しやすいし。w
その時の印象って、そりゃ確かに「Ermitage」の各曲は「椎名へきる」の音楽ではありますけれども、あれは一種の到達点みたいなもので酸いも甘いもわかった者じゃないと理解しづらいし、人によっては拒否反応を示す場合もあるぐらいですので、その「Ermitage」で椎名さんの印象をどうこうってのはまた違うよなぁと思うわけです。

わたくしは「最新の椎名さんが最良の椎名さん」と言ってますけど、そればかりではないのは当たり前のことで、最新の情報だけ切り取ってこういう人だというと本質から外れた見解になる、そういう性質のアーティストさんだと思います。>椎名さん
トレンドど真ん中の流行っている歌を歌うわけじゃないので、当然といえば当然ではありますね。w

声については「声優」さんですから。w
そういえばいろいろ調べて見ましたけど、よくわかりませんでした。>歌い方
どうなんでしょう?
Commented by フラフープ at 2016-10-09 21:34 x
流れガン無視ですみません。

ペロンペロンは、その一言だけで通じますか?ラジオではもっと長かったような。
Commented by namatee_namatee at 2016-10-09 21:42
>フラフープさま
いやいや、それをここで書くわけにはいかんでしょう。(汗
岸野さんがゲストで来たときの「みたいラジオ」のメルマガに書いてありましたよ。探してみてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 悪天候その2 シングルショット・リピーターとな。 >>