今日は何の日?

c0019089_1984640.jpg

完顔阿骨打先生の「黄色魔術オリエンタルガール」単行本第2話(Vol.2)より。不本意ながら怪しいサイトの画像から引用。(汗
右上はフローリアン。突然現れた妙なコスチュームのオリエンタルガールにあっけにとられております。その気持ちはよくわかる。いきなり現れたと思ったらこんな格好で扇子投げてスリングを切る、しかも宙に浮いているんですから。わたくしだったら腰を抜かしますよ。w

オリエンタルガールの魅力。
やっぱこれですよ。この余裕たっぷりな感じ。完全に敬語とまではいかないんですけど、敵にも味方にも基本的に丁寧な話し方をする。レズビオナンのアクトレスと違って感情にまかせた乱暴な口調にはなりません。
この後、あっけにとられているフローリアンに向かって「どうしました 言葉がわかりませんか?」と続くんですけど・・・うーん、たまりませんなぁ。オリエンタルガールにがっつりハマった20数年前の興奮を思い出します。やっぱり良いな、オリエンタルガール。本当に好きです。

単行本で読めないので、そう簡単には明らかにならなかったこともあり、終盤のドラマチックな展開に目を奪われがちですけど、わたくしはオリエンタルガールに余裕がある序盤のこの頃の方が好きです。なんだかよく分からない謎の存在のオリエンタルガールに対して、むしろ組織内の様子が詳しく描かるレズビオナンという普通とは反対な描写が良い。目的が優とオリエンタルガールをレズビオナの前に連れてくることってのも良いですなぁ。クインは妹を再起不能にされて怒り心頭ではありましたけど、だからといってオリエンタルガールを殺そうとは思っていない。妹のクエスがやられた分だけお返しをすれば、あとはレズビオナの前に連れてくるという任務を遂行するだけなんですよね。黙って付いてこないから動けなくするわけで。ここら辺、アクトレスたちの聞き分けの良さがちょっと不自然に感じるところで、レスの方で展開しておりましたけど、アクトレスはレズビオナに洗脳されている疑惑の根拠の一つになりそうなところです。
そしてレズビオナをはじめとした、これはこれで読んでいる側には不気味に強そうな印象の謎のメンバーがなんとかしてオリエンタルガールを捕えようと画策しているのも大変よろしいですね。もしかして次の話でオリエンタルガールが罠にはまって捕まっちゃうのかと、なんかとてもハラハラする。この先、無事で済むわけはないんだけど、それがどういう形で起きるのか、なんとなく感じられるオリエンタルガールの線の細さみたいなものも相まって、胃が痛くなるような期待感があります。
実際には捕まることは捕まるんですけど、激戦の末な上に優のオリエンタルガール2号が暴れるので、オリエンタルガールが負けちゃった、どうしよう、という感についてはちょっとピントが甘くなる印象。その後の展開を考えると致し方ないところではありますけれども、純粋にこの気位の高そうなオリエンタルガールのピンチということになると、余裕のある状態から一気にやられた方がインパクトが大きく、わたくしの望むところであります。w
まあそういうハラハラする感じがあるのが、この初期のオリエンタルガールで、わたくしには極めて魅力的というお話でございます。

「言葉がわかりませんか?」といえば彼女たちは何語で話しているんでしょう。直前のシーンでフローリアンと優は会話が成立しているのでやっぱり日本語なんでしょうね。
レズビオナンの内部では何語で話しているのかはわかりませんけど、最終決戦時にはこれまた優がからんでいて、レズビオナともレイ博士とも普通に会話が成立していますので、日本語で話している可能性が高い。レズビオナンは最近になって日本に進出してきたということなので、郷に入っては郷に従えという格言を真面目に踏襲しているということでしょうか。w
極悪なヒールのフローリアンとて、殺す殺さないの最終決戦の段階でも優にわかるようになのか、日本語で話してくれています。意外に親切。w

まあ、普段は英語とかなんでしょうねぇ。レズビオナンは西欧っぽいイメージや名前、見た目のメンバーだし。なので、みなさん背が高くてグラマラスな体型でいらっしゃる。物語の基本として、西洋vs東洋みたいな流れがあるようですけど、対抗するオリエンタルガールはスリムで背もそんなに高くないようです。優より顔半分ぐらい背が高い。優が日本人女性の平均身長(約155cm)ぐらいだとすると、オリエンタルガールの身長は165cm程度だと思われます。それでこの手足の長さと細さなので、実際にいたらすごく細身の女性なんじゃないでしょうか。
体型も前述の通り、かなりグラマラスで胸やお尻の大きいアクトレスの皆さんに比べると、オリエンタルガールはやっぱり細身で控えめ・・・いや、十分だと思います。w
後半でレズビオナに陵辱されているシーンで見る限り、巨乳ではないけど細い体からはっきりくっきりと盛り上がった、良い形のバストです。さすがヒロイン、明白に美しく描かれておりますな。w

というわけで「おっぱいの日」にふさわしいオチで終わります。w
by namatee_namatee | 2016-08-01 21:07 | book | Comments(5)
Commented by フラフープ at 2016-08-01 21:32 x
細身なのに期待には応える、まるでへきるさんみたいじゃないですか。
・・そんな日があったんですねぇ。
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-08-01 21:44
この絵、いいなぁ。
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-08-02 00:08
いかん、「痩せろ、デブ!」
を数度繰り返し聴いて身悶えております。
小生少なくともデブではありませんが、
ドMのようです(´д`|||)
Commented by namatee_namatee at 2016-08-02 08:06
>フラフープさま
あ、言っちゃった。そこで椎名さんを引き合いに出すのだけはやめておこうと思ったのに。w

「おっぱいの日」は真面目なおっぱいの日でもあります。w
ネットで検索すると
「1992年、WABA(世界母乳育児行動連盟)は、WHO(世界保健機構)とUNICEF(国連児童基金)の援助のもと、同日を「世界母乳の日」、8月第1週を「世界母乳育児週間」と定めた。」
などとありますね。

ちなみに8/2の本日は「パンツの日」です。w
Commented by namatee_namatee at 2016-08-02 08:11
>colonel-mogy0079さま
オリエンタルガールの美しさの神髄は、実は第1話の2ページ目、扇子を持ち、微笑んでいる彼女を背中からとらえたカットにあると思っております。究極まで突き詰めると、このカットだけでいけます。>何が

>痩せろ、デブ!
わたくしの場合は、先日の健康診断の結果と合わせましてシャレにならない感じです。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 不平等貿易 アジアンビューティー >>