意地悪

c0019089_191565.jpg

さてネタがない。w
「黄色魔術オリエンタルガール」ネタはありますけど、連日だとマジキチあつかいされそうなので(ry
いやしかし、なんでこんなに細かいところまで描き込んであるんだろ?という驚きがまだまだあるのがすごい。才能がはじけているとでもいうのか、まさに当時新進気鋭だった完顔阿骨打先生の才気が感じられます。本当にすごい。

というわけで、当たり障りのないネタで。w
数日前のmixiのニュースにミュージックステーションに藍井エイルさんが出演したという記事がありまして。類似の記事はこんな感じですかね。
この日のMステには水樹奈々さんも出演されていたそうですけど、mixiの記事およびネット界隈では藍井エイルさんの「翼」という楽曲についての話題が多かったですね。
水樹奈々さんについての見解はすでに述べておりますので、ここでは繰り返しませぬ。興味がないアーティストさんを繰り返しdisる必要もないですから。
このニュースに関するつぶやきに水樹さんのファンと思われる方の「なんで水樹さんも出演していたのに、それに触れないの?」という趣旨の不満が垣間見えて、まあなんだ(ry

藍井エイルさんは結構好きです。彼女の歌声はちゃんと心に響きます。w
ウチのiTunesのライブラリにも何曲か入ってます。歌声はパワフルだし、楽曲も近代的。まさに今現在のトレンドど真ん中という感じ。
ただ、上から目線なのをお許しいただきたいのですけれど、どれも同じに聴こえる傾向があります。歌い方のバリエーションに乏しいというか、パワフルな歌声の魅力「だけ」で勝負している感じ。なんていいますか、すごく生意気なことをいうと奥行きがない。(汗

アニソン歌手といっていのか、「アニソン歌手」という言い方はもしかして蔑称にあたるのかもしれないという危惧があるんですけど、そういうカテゴライズされる藍井エイルさん、話題に上るのはそういう種類の楽曲です。今回の「翼」も「アルスラーン戦記 風塵乱舞」のOP曲。

そこで疑問が。w
この「翼」という楽曲を素晴らしいと絶賛する人々は、藍井エイルさんが歌うこの楽曲が素晴らしいと言っているのか、それとも「藍井エイル」というアーティストを絶賛しているのか。ネットの情報を読んだところでは、どちらも素晴らしいという意見が多いんですけど、それ本当に?
「藍井エイル」じゃなくて同じ歌声で歌い方で同じ楽曲を歌う別な人だったとしたら、そっちも絶賛するんじゃない?
これがわたくしがアニソンやキャラソンを理解できないでいる点なんですよね。作品と一緒にすごい勢いで上り詰める、まさにトレンドど真ん中の楽曲は、それを歌っているアーティストとどれだけ関連性を持つのか。
ぶっちゃけた話、ヒットするのはアーティストの力量のおかげなのか、作品のもつ力のせいなのか、どっちなの?ですね。

声優さんという仕事をしていながら、アニソンやキャラソンが極端に少ない椎名さんのファンとしては、椎名さんオリジナルの楽曲の方を聴き慣れてまして、たまにキャラソン(今日聴いていたのは「嘘つき女王 ~la reine du menteur!!~」とか「JEWEL」でした。)とかを聴くと、これは明確にいつもの椎名さんとは違うと感知するのですけれども、藍井エイルさんの場合は、もちろんわたくしの聴き込みが足りないという点があるにせよ、彼女のオリジナルソングもこの「翼」のような楽曲もどれも同じに聴こえるんですよね。

それはそれで藍井エイルさんの個性・才能だという考え方もありなわけですけど、前述の通り、オリジナルソングとキャラソンでは明確に違いがわかる椎名さんに親しんでいる身としては、なんとなく割り切れない感があるのでございます。

図はネタに全然関係ない。ペプシのきつい奴。w
ちょっと前の「みたいラジオ」でもネタになってました。これボトルが普通のと違って硬いんですよ。ペプシ史上最強という炭酸に対応してるようですけど、多分に演出の気配が(ry
そういえば「みたいラジオ」でどなたか、またお便りが読まれていたような・・・椎名さんがあっさりとビアガーデンの魅力を了解していて面白かったですけど、本当にわかっているのかなぁ。w
by namatee_namatee | 2016-07-27 19:31 | diary? | Comments(12)
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-07-28 02:06
まんまと読まれました!いぇい!
名前もそろそろインプットされたかなぁ(笑)

アニソンや、ゲーソンは、たぶんなまさんの理解の通りだと思いますよ。
歌もうまいし、声もいいし、曲は、なんかみんなちょっと似てるけど、今のアイドルソングや時代の流行りの曲ともちがう。
ガルパンのchouchoさんも、あまり曲ごとに歌い分けないですね。オープニングも、とくに劇場のエンディングも素直にいい歌だと思いますけど。そんなに特別ではないからやっぱり、作品ありきですよね。

でもちょっと違うぞと思ったのはやっぱり、マクロスですね。最近やっと前作フロンティアを見終わってようやく放映中のデルタに入りました。
でもフロンティアの歌は放映当時から何曲か好きだったんですよ。でもアニメは見てなかった。
マクロスシリーズは歌がメインテーマだけにむかしから力が入っている。キャラソンと言えばそうなんですが、作品の中の登場人物がその芝居の中で歌うから当然気持ちも入る。
そしてびっくりなのはデルタは若手とか新人の声優さんが頑張っていて、演技もなかなか上手い。
上からな感じですが、こういうちゃんとしたことできる若い人たちがいるのね、と。しゃべり方の好みの問題もありますが、個人的にはガルパンのうさぎさんチームあたりは、私の中のではギリギリラインです…。個人的には。

怖いのは主演の新人の子。オーディションでこれでデビューだから、キャライメージが強い上に歌までイメージがついちゃう。次の仕事にうまく行けるか心配になっちゃう。余計なお世話ですが。
Commented by フラフープ at 2016-07-28 06:27 x
おお!読まれたのですね。時間を見つけて聞いてみたいと思います。きっとビアガーデンの話なんでしょうね。w
そうそう、どうやら6日は行けそうです。
Commented by namatee_namatee at 2016-07-28 08:26
>colonel-mogy0079さま
そうすると、やっぱり椎名さんはちょっと普通と違うんですね。w

特に興味を持っているジャンルではないので、どうでもよいといえばどうでもよいことではありますけれども、現状、アニメ作品についても、この手の楽曲についても、こういう楽しみ方&注目のされ方だと消費されるスピードと量が速い&多すぎるような気がしてなりません。
ここから「藍井エイル」に興味を持つ人もいるとは思いますけれど、その何倍もの人がある作品のOPやEDというとらえ方で楽曲を消費してしまう上に、藍井さんの楽曲も同じようなものだとなると・・・「藍井エイル」そのものも消費されてしまうのではないかと危惧いたします。
そこら辺はシロウトのわたくしなどよりも、藍井さんのスタッフの方が分かっていると思いますが、それでもどうにもならない流れというのはあるわけで・・・5年後、どうなっているのか、意地悪ではありますが楽しみと言えば楽しみです。

マクロス・・・最初のしか知りません。(汗
もともと歌がテーマだったと思うので・・・そういえばランカ・リーの中島愛さんもいろいろと複雑な状況になっていたような・・・
Commented by namatee_namatee at 2016-07-28 08:29
>フラフープさま
ビアガーデンのお話でした。w
椎名さんはビアガーデンの愉しみについて納得されてましたよ。
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-07-28 15:27
へきるさんのキャラソンはちゃんとキャラが歌ってます、でもだいたいの声優さんは、歌うのが精一杯の人が多いですね。

とくに、JEWELLなんて、遥華の歌ですよね、すごい。またツンデレ役やってほしい!

>フラフープさん
ぶしにこられそうで、何よりです、楽しみにしてます。
Commented by namatee_namatee at 2016-07-28 16:37
>colonel-mogy0079さま
あ、そうか。キャラが歌っているように出来るのと素で歌うのが一杯一杯との差がありますね。>キャラソン
今さらですけど目から鱗。w

「JEWEL」と「Happy & Pride」はなかなか。あと「ゴシック・マスカレイド」も椎名さんの歌声に捨てがたい魅力があります。
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-07-28 22:35
これはあくまでも予測ですが、(ランカ以降の中島さんを知らない)ランカの中島さんはランカでデビューしたから、ランカの歌=中島さんの歌になってしまったことでしょう。だから自分のオリジナルソングを出してもランカみたいと思われたんじゃないでしょうか。そのジレンマを抜けられなかったのでは、と。だから新作の主役の新人さんも心配。初期の中島さんより演技も歌も上手いのでなおさら。
へきるさんの場合、そのへんを自分、もしくは回りがはっきりコントロールしたと思われ、2回くらいの変革を経て歌姫椎名へきるを作り上げたと感じます。やっぱり大成功。
そしてへきるさんのすごいところは、キャラソンはあまり好きでない(自分の歌いたい歌、心情でないことが多いから)といいながら、やる時はきっちりキャラとして歌うところ。震えますね。
演技以上に歌の方が声の特長も際立ってると私は思います。だから独自の世界を作れたんですね。でも本人の考えだけでなくアニソンとしてタイアップするには逆に特長が強いんだと最近思います。
あー、この凄さ、世にもっと解らせたい!そんなような、もうこのまま自分の世界で行って下さいと思うような。

Commented by namatee_namatee at 2016-07-29 08:07
>colonel-mogy0079さま
同感です。
作品同様、新陳代謝が激しくなってしまって、悪く言うと使い捨てになっていると言われますよね。>声優業界
声オタだなんだっていっても、大半の人は所詮はキャラと結びついた、CVとしての役者さんとしてしか見ていないんじゃないかと思います。それが声優の本分だと言われればそうだとしか言いようがないんですけれども、ならばアイドル的な要素(容姿や歌唱力)を同時に期待するなとも言いたくなるわけでして。w

椎名さんの場合、失敗の例にされることがありますけど(それが不当な評価なのは言わずもがな)、では「椎名へきる」の轍を踏まないと考えて行動した多くの人が「成功」できたのかというと・・・本人の特別な能力が生かせた場合はその力のおかげで成功したのであり、時代やそもそも当の本人の能力や個性の違いがあるわけですから、そんなに簡単に例にできるかと。轍を踏まないどころか、まず同じことが出来るかどうか見極めてから言いなさいと。w

友人が言うには声優としての「椎名へきる」はいつでもどこでも「椎名へきる」なので、役を選ぶというかキャラが「椎名へきる」になってしまうと。当たっているようなそうでないような、言いたいことはわかりますけれども、たまに戯れでおばあちゃんとか小さい男の子とかを演じているのを見ると、そんなに固定化したものでもないと感じます。なので音楽活動のせいで声優としての機会損失はあったのかもしれないとは思います。

>世にもっと解らせたい!
比較的最近になって椎名さんを知った人はみんなそう思うんじゃないでしょうか。w
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-07-30 13:59
へきるさんのことを失敗と言っているのは、一部の評論家?とアンチファン(途中で好き→嫌いになっちゃった人と、へきるさんのあとに続いた歌う声優のファンが多い?)ですよ。

アニメに出る機会損失は確実にあったでしょうね。でもあのライブ回数こなしてたら無理だw
どうも世の中椎名へきるはロリ系女子がメインと思われてるようですが、この系統の役はどうも窮屈にやってるように聞こえます。
ハミングバードとかツインビーでイメージついちゃったのだと思いますが、
むしろ少年とか元気な役の方がはまるし、はっちゃけた役の方が声が生きるように思いますね。
あー、でもどりきゃすさんとかネネみたいな感じもいいなぁ。
あ、僕らは何でもいいのかw

歌や演技が下手とか言ってる輩は、情報が95年辺りで止まってますね。うん、早く会いたい!
Commented by namatee_namatee at 2016-07-30 16:26
>colonel-mogy0079さま
この件については、アンチ、声オタ、まあ彼らが何者であったにせよ、またいつの発言にせよ、わたくしはその認識や行為が間違っていると言い続けます。さんざん騒いでおいて、もう過ぎたこととか、そういう言い逃れは許しません。可能な範囲で探しだし、反証を示して誤りを指摘し続けます。好き勝手やった対価は今からでも支払っていただきます。w

少年の声は意外にいけると思いますよね。
声優としても「椎名へきる」というネームバリューは厳然として存在し、それが普通の声優として活躍する機会を奪っているような気がしないでもないです。そのイメージを打破というか、逆手に取るというか、とにかく正攻法じゃなくて、ネームバリューを生かそうとしてセレスさんとか轟ネネみたいな一ひねりある役を演じる羽目になっているのかなぁ、と。
なので、わたくしとしてはそういう縛りがあまり感じられない蝶野教官とかがよろしいのではないかなぁ、と思う次第です。
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-07-30 23:34
蝶野さんいいですね。

大洗女子学園の勝利!
最高です。

そしてなまさんの心意気、
しかと承りましたぞ。
Commented by フラフープ at 2016-07-31 15:56 x
轟ネネは良いですねえ。艶のある娘さんの声で、YATの桂さんを彷彿とさせます。台詞の内容はかっ飛ばしてますが。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 恐れ入りました。 心の闇 >>