怖い。w

c0019089_20174724.jpg

「コトノバドライブ」の第3巻でございます。

すっかりオカルト話になってしまいましたね。w
それにしてもこの季節感は異常。そうそう、そんな感じって頷きながら読んでますもん。さすが「PositioN」「ヨコハマ買い出し紀行」「カブのイサキ」を描いた人だなぁとつくづく思います。素晴らしい。
惜しむらくはあっという間に読み終わってしまうので、次が出るまでが長い長い。w

さて「ヨコハマ買い出し紀行」ネタ。最近は「黄色魔術オリエンタルガール」ばっかりで「ヨコハマ買い出し紀行」の話題が少ないなどと揶揄されておりますけど、ちょっと考えるところがありまして。あ、深刻な話ではありません。w
まあなんていうか、あの世界がああなったのはおそらく登場人物のすべてが知っていることなのに、読者の我々がまったく知ることがない、その状態で考察がどうのといってもなぁ、と。あの世界の根幹にかかわることですからね。>何があったのか
知識というか認識にそんな格差があるのに、知らない側がどうこう言っても意味がないよね、と。
そして、諦めた人々は誰なのかってのも頭の痛いテーマであります。前回もネタにした通り、「ヨコハマ買い出し紀行」全体からにじみ出る「諦観」、これはどこからくるのか。具体的な表現はないんですよね。実は諦めているのはアルファさんだけで、他の人は案外なにも考えずに普通に生きているのかとか、考えると寝られなくなっちゃう。w
あとは考察を進めていく上で、作者の芦奈野先生の考え方を考慮すべきかどうか、とか。それは描かれていないことなので、結論になんらかの影響を与える要素をそこから採るのはマズいんじゃないかと。
といった感じで、以前ほど無邪気に世迷言を垂れ流している雰囲気ではなくなってまいりました。w

あとは現地調査に行きたいですね。例の公園の件。ストリートビューは見飽きました。w
ツーリングも兼ねて、ちょっといくつか行ってみたいところ。飯能方面は「ヤマノススメ」ネタにもなるし、「秩父ミューズパーク」は椎名さんの史跡wでもありますし。
by namatee_namatee | 2016-06-29 21:01 | book | Comments(23)
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-06-29 22:39
ヨコハマのことをブログにしてくれて感謝します。昨日の夜、久しぶりに読み返しが完了して、小説はまだみたこともないですが、ネット上のたくさんの考察やら感想やら、なまさんのも含めて読んで、感情がいろいろ沸いてきますね。

やはり気になるのは、あの世界のその後、いわゆる人の夜。そもそも人の夜というのは小説にしか出てこない言葉でしょうから、可能性の一つではあるのでしょうが、
しかし、アルファさんがモノローグで、後に夕凪と呼ばれる、と言ってる通り、次に来るのは夜なんでしょうね。

人には夜だが、ミサゴ族には昼が来るという興味深い考察もありました。私はてっきりミサゴはロボットだと思っていたのですが、たしかにそこは明言されてませんね。
また、ロボットの人たちの過去はなかなか厳しい現実だった、とか、夕凪の前がどんな形で世界が衰退したのかも、はっきりしませんし。
余談ですが、ちょっと、劇場版ヱヴァンゲリヲンのサードインパクト後にも似てなくもない。まああの世界は生きるためにあがいてるひとが多いのですが。

なんにせよ、あのあと人類がどんな末路をたどったのか、ロボットたちはいつまで見続けられたのか、気にすると眠れません。そしてちょっと怖いです。自分で小説にしちゃおうかしら(笑)

芦奈野先生はどこまで考えていたんでしょうね。本当に不思議な作品です。公園探しツアー興味深いですね。私は松代とかあるかなと思ったんですが、どうしても川の向きが合いませんでした。
Commented by シロ at 2016-06-29 22:46 x
>なまさん
おお、買われたんですね。
私の方も発売日に近所の本屋(二軒しかない)で探したのですが、見つからず・・・
明日あたりまた行ってきます。
Commented by namatee_namatee at 2016-06-30 10:56
>colonel-mogy0079さま
「ヨコハマ買い出し紀行」は奥が深いですね。
「人の夜」は最後の140話の本当に最後のところで出てきます。
わたくしは直前の「まだあったかいコンクリートにすわって」で泣き出します。w
あの世界はこれから冷えていく一方なんでしょう。それを生きていくロボットの人のことを考えると切ないのなんのって。

わたくしとしては本来は人類の痕跡を顕すにすぎなかったはずのロボットの人が、アルファさんの変化に見て取れるように、作った人類の想定から外れて独自の進化の道を歩み始めるという話だと感じております。
もっとずーっと長い視点でみると、今度は「ターポン」の物語になるんですけど。

小説版は・・・かなり癖があるので読む前に覚悟が必要かと。悪い話ではないです。
Commented by namatee_namatee at 2016-06-30 10:58
>シロさま
手っ取り早くAmazonで買いました。ウチの近所も本屋さんはあまりないですね。10km圏内に3軒とか・・・夕凪の時代ですら、タカヒロがカフェアルファから自転車で帰り路に寄り道できる本屋があるというのに。w
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-06-30 14:02
なまさん>
>本来は人類の痕跡を顕すにすぎなかったはずのロボットの人が、アルファさんの変化に見て取れるように、作った人類の想定から外れて独自の進化の道を歩み始めるという話だと感じております。

そう考えれば、少し救いがありますね。
ロボットの人たちの寿命?ってどのくらいなんでしょう。ターポンはなにか永久機関を搭載してるように感じるけど、室長もターポンが生きてる限り生きて行けそう。
Commented by シロ at 2016-06-30 18:17 x
〉なまさん
今日、本屋に行ったらあったので買ってきました。
また、ネタにしとかないと。
Commented by namatee_namatee at 2016-06-30 19:03
>colonel-mogy0079さま
「ヨコハマ買い出し紀行」は癒し系と見せかけて実態はスーパーハードなSFという解釈も十分にありうるんですけど、わたくしとしてはそこまで突き詰めてはいないだろうと希望的観測を持っております。

>ロボットの人の寿命
こればかりはなんとも。小説版では寿命はあるとされてます。本編ではいくらでも時間はあると言ってますし、自己修復機能みたいなものがあるので、物理的に破壊されるとかでない限りずーっと動き続けると思います。
完全な推測になりますけど、ロボットの人のお医者さんってのは必ずいると思いますし、修復用の資材の備蓄や生産設備も相当な数と耐用年数を見込んで作ってあると思います。

ターポンは・・・あれも燃料補給の必要がない構造なんでしょうねぇ。内部の環境は地上より良いでしょうから、究極的にはターポンの室長の方が長生きできると思います。
Commented by namatee_namatee at 2016-06-30 19:04
>シロさま
お、売ってましたか。これ、1回めは一瞬で読み終わりますよね。w
Commented by シロ at 2016-06-30 20:07 x
>なまさん
コトノバはですね、ちょっと酔いながら読むと不思議な気持ちになりますよw
Commented by ふき at 2016-06-30 23:15 x
■なまさん

> 「コトノバドライブ」の第3巻

お久しぶりです。(^^
僕も発売日に購入して、少し語ってみたいところもあったのですが、
こちらのコメント欄に投稿するにはあまりにもあまりな長文になってしまったので、
自分のサイトのほうの掲示板に投稿してみました。

よろしければ、また遊びに来てくださいね。(^^

> 例の公園の件。ストリートビューは見飽きました。w

自分も、体調が悪くなるほど(笑)ストリートビュー漬けの日々だったので、
三重に越してからはだいぶ疎遠となっておりましたが…
じわじわと再開しつつあります。

手伝っていただけると本当に助かりますので、疑問などありましたら、
ぜひまたメールなどでお問い合わせくださいね。
Commented by namatee_namatee at 2016-07-01 08:31
>シロさま
「風情」が感じられるということでは他に類がない作品だと思います。>コトノバドライブ
ただ、作品として成り立つかどうか、読者の思い入れを受け止められるかどうか、非常にきわどい線上にあるなぁ、とも。
一瞬、ああ良いなと思っても、そこから先へなにかハマっていくような要素がないと感じます。なんとなく意図的にそういう要素を排除しているような気もしますけど・・・
Commented by namatee_namatee at 2016-07-01 09:09
>ふきさま
ご無沙汰しております。
掲示板の記事を読ませていただきました。この作品の感想はとても個人的なものになりそうで、ふきさんの投稿はとても興味深いです。
わたくしとしましては、今の時点ではなんていうかさーっと読み流してしまうような感じで、これと言ってひっかかるポイントがないという不思議な作品になったなぁ、と感じています。それで作品として成り立っているのはすごいなぁ、とも。

ストリートビューは思うようにならないストレスと悪い画質のせいで頭が痛くなってきますね。w
Commented by ふき at 2016-07-01 23:04 x
■ なまさん
> わたくしとしましては、今の時点ではなんていうかさーっと読み流してしまうような感じで、
> これと言ってひっかかるポイントがないという不思議な作品になったなぁ、と感じています。

以前にも お話ししたような気もするのですが、
芦奈野作品って、『物語の幹』をなかなか明確にしないので、
特に前半は「1つ1つの話がバラバラで記憶に残りづらい」ところがありますよね。

(僕が、初期の『ヨコハマ』に特別魅力を感じれず、後半になって一気に のめりこんだのには、
 そんなところにも理由があったのです)

『イサキ』は、それを出す前に打ち切りになってしまったので評価が低いですが、
キチンと10数巻 使って、キチンと作者さんの描きたかった話を描いていれば、
あそこまで酷評されるような作品では決してなかったはずです。

せっかく1つ1つの話が ほど良いファンタジー色を持っている『コトノバ』ですから、
『イサキ』のときのような失敗(とは称したくないところですが)に至る前に、
早め早めに『軸』を読者に提供して、ユーザーの興味の維持に努めてもらえれば…
と、少し心配(偉そう)しつつ読んでおります。


> ストリートビューは思うようにならないストレスと悪い画質のせいで頭が痛くなってきますね。w

僕の場合は普通ーに、「長時間やりすぎ」てのテクノストレスだと思います。

一度 潜ると、6~7時間は疑似日本から出てきませんから…(笑)
Commented by namatee_namatee at 2016-07-02 08:15
>ふきさま
「物語の幹」・・・「コトノバドライブ」でそれを解る形で提示するのでしょうか。なんか開き直ってあのままずーっと続くような。w
あるとすればすーちゃんの今後の身の振り方かなぁぐらいです。話のスジにあんまり関係ないですよね。いや、すーちゃんの内面の変化に触れるとしたら関係あるかも。
どうなるか、わたくしは注視していくつもりですけど、特に芦奈野先生のファンじゃない多くの読者をどれだけ引きつけておけるか、確かに心配ですね。(汗

>ストリートビュー
6~7時間はすごいです。わたくしは3時間ぐらいが限度。Windows版のFirefoxがよく落ちるので、そこで我に帰るとぐったり疲れている感じですね。
とりあえずツーリングがてら、何ヶ所か立体的に自分の目で見てこようと思います。
Commented by ふき at 2016-07-02 09:34 x
■なまさん

> わたくしは注視していくつもりですけど、特に芦奈野先生のファンじゃない多くの読者を
> どれだけ引きつけておけるか、確かに心配ですね。(汗

そうなのです。 われわれは「芦奈野節だなぁ」と理解していても、
新規のユーザーは単純に「その1話に興味を持てるかどうか」だけで判断しますから…

ここが連載作品の難しいところですよね。

> Windows版のFirefoxがよく落ちるので、そこで我に帰る

自分は IE なのですが、1時間ほどすると変にキャッシュがたまるのか、
どんどん動作がおかしくなってくるのが難ですね…
(なぜか、ネットの切断・再接続で回復するのですが)

FireFox でもおかしくなるということは、ストリートビュー自体のバグなのかな…?

これを書きながら、「しょうがないから、ストリートビューを使用するときだけは、
Chrome にしようか?」と思いついた自分です(笑)

ツーリングのお土産話、楽しみにしていますね。(^^
Commented by シロ at 2016-07-02 16:03 x
〉なまさん
そういう「ハマっていく要素」をいれないことで、読者に自身の生活空間との共通点を思いおこさせているのではないでしょうか。ですから、「つまらない」という評価がなされるのも当然だと思います。日常において何でもないと言えるようなことに心を動かしている人向けではないかと。でも、商売として見たらたしかに心配です。連載、続いてほしいですが。
Commented by namatee_namatee at 2016-07-03 17:29
>ふきさま
誰が読んでもあの独特の雰囲気は感じられると思います。が、月一の掲載ですから・・・下手すると忘れちゃうかも。そして単行本だといつまでたっても話が進まないという。w
これが良いという人は必ずいるはずですけど、アルファさんやココネみたいな目立つキャラがが居ないお話で、どうなるのか・・・まあわたくしが心配してもどうにもなりませんけど。(汗

JAVAでしたっけ?Windows版のそういうのがダメみたいな気がします。Mac OS X版のFireFoxではなんの問題もありません。

ツーリング行けるかどうか。梅雨明け前の時点で暑くて死にそうです。
Commented by namatee_namatee at 2016-07-03 17:34
>シロさま
確かに芦奈野先生の味ではありますね。
個人的な要望みたいなものを言えば、背景をもっと描き込んでほしいなぁと思います。もちろん記号化が進んだ?今の作風も悪くはないのですけど、ストーリーが淡々としている分、絵の方ででも「濃い」成分も欲しいかななどと思いますね。

作品の話のネタとしては、連載は続ける気になればいくらでも続きそうですけど、人気という点はどうなんでしょう。(汗
Commented by シロ at 2016-07-04 16:01 x
>なまさん
新たなファンをつかむのは難しそうですよね。
人気投票みたいのって見られないんですかね。
Commented by namatee_namatee at 2016-07-04 16:59
>シロさま
こういう風合いの作品を好む人は一定数いると思いますので、なにかで引っかかってこちら側に来る人はいるかもしれません。w
Commented by シロ at 2016-07-06 23:10 x
>なまさん
もっと芦奈野ファンが増えてくれたらうれしいですよね。
そのきっかけとするにはたしかに弱い面があるのは否めません。>コトノバ
いわゆる日常系というのに分類されるんでしょうけど、昨今、数多いこのジャンルの作品の中からコトノバを選び、なおかつ芦奈野ワールドに没頭していける読者層をつかんでいけるかどうか。
Commented by namatee_namatee at 2016-07-07 19:11
>シロさま
なんていうか、急にブレークする漫画家さんじゃないですよね。>芦奈野先生
まあつかみはどう考えても「ヨコハマ買い出し紀行」で、そこから芦奈野ワールドに足を踏み入れるというのが自然かなと。
だからこそ「ヨコハマ買い出し紀行」を盛り上げないと・・・最近ネタがなくて申し訳ありません。orz
Commented by シロ at 2016-07-07 21:07 x
>なまさん
そうですね。>急にブレークはしない
あっ、そうか。ヨコハマを盛り上げるのは我々の仕事なんだ!
責任重大ですよ、これは。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 本気出す 代替わり >>