電子書籍

c0019089_2117850.jpg

電子書籍っていうと、便利なんだけどなかなか浸透しないという話をよく聞きますね。目が疲れるとかページがめくれないとか、いろいろ理由があってやっぱり紙の本の方が・・・とか言いますね。
でもそれって本当?
と思って調べたら、反論がありましたよ。
こちらこちらをどうぞ。

ちょっと分かりづらい感がありますけど、ああなるほどな、と思いました。電子書籍はもうかなりの普及度と言って良いんだと。

実際、便利なんですよ。リンク先にも書いてありますけど、場所とらないし、いつでもどこでも蔵書を読めるし。あとわたくしの場合は本や漫画の読み方が変わりましたね。今までは慎重というのか、レビューや友人の間でのはやり具合を考慮して、じっくり選ぶという感じでした。リアル書店で買うということはないんですけど、形態としてはリアル書店に欲しい本を注文して読むというのに近い。つまり買う数が少なかったんですね。
それが電子書籍(ウチの場合は主にkindle)にしてから様子が変わりました。大袈裟にいうと手当たり次第みたいな感じでポンポン買って読むようになりました。

よく言われるリアル書店の良さ、ふらっと寄って目に付いた本を手にとってハマる、その偶然が楽しいって奴。それってむしろ電子書籍の方で簡単に起きる現象なんじゃないかと感じます。特に納豆の国みたいな田舎だと大きな書店があまりない(小さい書店はもっとない。とっくに絶滅しました)ので、在庫がたくさんあるようなこともなく、せいぜい売れ筋の本しか手に取れないんですよ。そんな書店に貴重な時間とエネルギー使って行ってられますかって。w
その点、電子書籍だとお勧めみたいなところからでも、ネットで目に付いた作者の名前からでも、あっという間にそれを検索して関連する書籍に行き着く。リアル書店で本を手に取るのと何ほども変わらないばかりか、効率が桁違いに良いので、ずっとたくさんの本や漫画に触れることができます。
わたくしの場合はリアル書店にわざわざ行くことはもうないでしょう。コレクション目的などで紙の本が必要な場合は通販で買いますし。

リーダーはASUSの7inぐらいのタブレットが主ですね。SIMフリーモデルとかいう奴で、これ単体でネットに繋がるので、出先でも何も考えずに本が買えます。あとはWindows版とMacOS版のkindleも使ってます。ブログのネタ書きながら「ヨコハマ買い出し紀行」のセリフやシーンを確認したりするのに便利です。

電子書籍のおかげで図のような普通にしていたらわたくしがまず滅多に読まないような作品にも手をだす。
これは見ての通り、黒澤R先生の「復讐の未亡人」。どこでなにに引っかかったのかすでに忘れてしまいましたけど、試し読みしてみたら面白かったので買ってみました。
予想通り、すごく面白かったです。タイトルの通り、夫を過労死(事実上の自殺)で失った妻が、姿と名前を変えて夫の勤めていた会社(IT企業)に超有能な派遣社員として潜入し、夫の自殺の原因となった人物(複数)に復讐していくというお話。ヒロインはクールで有能でそつがない。そして手段を選ばない。対象の男性と肉体関係を持つことも厭わずに次々に破滅させていくという。あー、わたくしこういうヒロインに弱い。w

クールな美人で超有能で人間関係をそつなくこなして、女性同士にありがちな嫌がらせもさらっとかわしちゃうという完璧なヒロイン。そして分別もある。たまりませんなぁ。
ネタバレになるのであまり詳しく書けませんけど、復讐と言っても殺しちゃうとかだけではないんですよね。殺しちゃう人もいるんですけど、そればかりではなくて会社内での地位を喪失するとか家庭が分解とか、そういう対象にとって最も辛い状態に追い込む。これがむしろリアリティがあって恐ろしい。そして、その復讐の対象になる人たちの行状や性格の描き込みもとてもリアルです。そういった細かい描写の積み重ねが、この作品に極めて高いリアリティを与えている。

読み終わってからいろいろと検討してみましたけど、もしこういうヒロインが居たとしたら、この作戦は成功するだろうと思いました。こういった復讐劇って極端で、皆殺しだったりしてその殺害方法が残酷で残酷なことをアピールするためにリアリティがなかったりで、ありがちな話になっちゃうのが多いと感じます。あと復讐が終わったとして、なんていうのかな、結局、誤解が原因で復讐に意味がなかったみたいな展開になって、ヒロインが今までの努力とかそれにかけてきた人生はなんだったの?みたいな悲惨な終わり方もありますよね。
この「復讐の未亡人」はそういうことはありません。復讐は完全にヒロインの思った通りに、思った基準で成し遂げられ、後悔もなくハッピーエンドです。もうものすごい、これ以上はないというハッピーエンド。w

人によっては感情を表に出さずにしたたかに立ち回ってこういう復讐劇をやり遂げるような女性は、まるで機械のように冷たく恐ろしく感じるかもしれません。でもわたくしはむしろ人間より機械の方が好きなタチなもんで(ry
by namatee_namatee | 2016-06-09 22:23 | book | Comments(6)
Commented by フラフープ at 2016-06-11 01:11 x
出会えない作品もある、気がする。>電子書籍
Commented by namatee_namatee at 2016-06-11 21:33
>フラフープさま
それは紙の書籍でも同じ気がする。

絶版になった書籍を手にいれる方法として、出版社の体力が弱くなってしまった昨今、これから期待できるのはコストの面で有利な電子書籍化でしょう。そういう意味では出会る作品はむしろ多いとも言えます。>電子書籍

電子書籍の最大の欠点は、出会えない作品があるとかじゃなくて、貸借りができないことのような気がする。
Commented by フラフープ at 2016-06-11 23:45 x
電子書籍では、黄色魔術には出会えなかったのでは?もちろん、それを補って余りあるメリットがある、という主旨は分かります。個人的には、部屋が暗くても読めるというメリットもでかいです。w
貸し借りできない、というデメリットもありましたね、確かに。
Commented by namatee_namatee at 2016-06-12 10:54
>フラフープさま
えーと?
ちょっとおっしゃっている意味がわかりません。(汗
わたくしが「黄色魔術オリエンタルガール」に出会ったのは1993年の事なので、当時は電子書籍などまだなかったんですよ。

今後、まかり間違っての復刻とか再版の事を考えると電子書籍に期待という話なんですけど・・・
Commented by 徐勢 at 2016-09-05 02:08 x
なんか、凄いお久しぶりです・・私の事覚えていますかね( ̄▽ ̄;)


この漫画私もあなたと同様にダウンロードして読みました。

1巻の中で良くまとまってましたねw
Commented by namatee_namatee at 2016-09-05 11:44
>徐勢さま
ご無沙汰しております。忘れるわけないじゃないですか。w

このお話、ストーリー自体は単純ですけど、各キャラがよい味出しているし、展開も限られたページの中で工夫されていて面白いですよね。
あー、いるいるこんな奴って思いながら読んでましたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ドレスコード有り 棚卸ししないと >>