やっぱりこういうキャラなんだ。w

c0019089_19103931.jpg

相変わらず特にネタがない。

我が艦隊はE-7を難易度「丙」で終了いたしました。昨日の夕方から始めて本日の16:30ごろ終了。全てS勝利。たぶん出撃7回か8回で終了しました。思っていたよりずっと楽でしたね。
昨日のネタの通り、すでにクリアした人の艦隊構成を丸パクリして、装備も可能なかぎり近づけました。E-7の連合艦隊は機動部隊でまいります。水上打撃部隊の方が主流のような印象ですけど、そちらだと「秋津洲」が必要とのこと。(5/18追記:難易度「丙」だと「秋津洲」は必要ないとのこと。)残念ながら我が艦隊には「秋津洲」は在籍しておらず、代替えの策を考えるのも面倒だったので、安直に機動部隊編成で。
第一艦隊は「長門」「陸奥」「大鳳」「瑞鶴」「翔鶴改二甲」「加賀」、第二艦隊は「Italia」「大淀」「鳥海改二」「Prinz Eugen」「照月」「霞改二」。もちろん制空値は計算し、空母には艦攻・艦爆・艦戦を最適な構成で満載、第一艦隊の戦艦は主砲×2+徹甲弾+零観で。第二艦隊は重巡・軽巡に三式弾とかロケラン、防空駆逐艦の「照月」で対空防御といった感じ。
支援艦隊は道中支援は必要ないとも言われておりましたけど、せっかくですので道中・決戦とも目一杯のフル支援。基地航空隊は第一は制空戦闘機で防空、第二・第三は第三航空隊により強力な陸攻や艦攻を配置して攻撃任務へ。

サクサクと快適に削り、本日の夕方にはラスダンへ突入。ラスダンは敵艦隊が強力になるので、こちらも戦力を微調整し、第一艦隊の空母を「瑞鶴」(ウチのはカタパルトの問題で装甲空母ではない瑞鶴改です。)から火力に優れた「飛龍」へ。削りの段階では基地航空隊と支援艦隊と開幕の航空攻撃で敵はボロボロになってしまい、一度も夜戦までいきませんでしたけど、さすがにラスダンでは夜戦までもつれこみました。が、敵艦隊はほとんど戦力が残っておらず、結局は「鳥海改二」の一撃で終了。
なんていうか、艦娘と装備がきっちり予定していた通りの働きをして綺麗に終わった感じ。実に気分が良いです。今回のイベントはいろいろとケチがついたりして、実際に変な終わり方をする場面もあったんですけど、最後の最後でスッキリ終わったので終わりよければ全てよしという感じですね。

そしてやってきたのがお待ちかねの「Iowa」、アイオワ姉さんですよ。
この口調はまるでサンダースの隊長みたいな。w
やっぱりアメリカ艦はこういう風になるんですね。わたくしのアイオワ級のイメージは米国南部っぽい背の高い白人のお姉さんという感じですけど、まあほとんど同じですわな。
アイオワ姉さんは素の状態でもかなり強力な戦艦で、大和型のいない我が艦隊にはとてもありがたい存在です。これで大和型欲しさに無理して大型艦建造しなくて済みます。助かりました。

そして資源の使用状況はどうだったか。
イベント開始時点(5/3)の資源の残高は
・燃料:207,820
・弾薬:134,864
・鋼材:300,000
・ボーキサイト:188,694
・バケツ:2,189

終了時点(5/17)では
・燃料:153,645
・弾薬:87,008
・鋼材:286,804
・ボーキサイト:177,381
・バケツ:2,035

よって使用量は
・燃料:54,175
・弾薬:47,856
・鋼材:13,196
・ボーキサイト:11,313
・バケツ:154
となりました。珍しい艦娘を探すための、いわゆる「堀り」はしておりません。なので純粋にイベント突破に使った資源ということでございます。もっともイベント中もデイリー任務はこなしておりましたし、連合艦隊での出撃ではない海域の場合は第二艦隊を遠征に出したりしておりましたので、わずかながら資源は回復しており、この使用量はそれも込みの数字です。
まあ思ったより少ないな、といったところ。>資源の使用状況
弾薬がちょっと心細いだけで、他の資源はまったく心配せずに使えました。

あとはのんびり「親潮」でも探しますか。
by namatee_namatee | 2016-05-17 20:44 | diary? | Comments(2)
Commented by シロ at 2016-05-18 17:48 x
>なまさん
ルー大柴さんみたいな口調ですねw
Commented by namatee_namatee at 2016-05-18 19:00
>シロさま
わたくしは声はoffでやっているんですけど(会社でやってるもんで。w)アイオワ姉さんは聞いてみました。・・・もうそのまんまサンダース大付属のケイ隊長です。w

「Pola」は酔っ払い。w
「春風」は見た目通り、大変お淑やかな大和撫子で、好感度さらにupです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 諦めきれない人 春風 >>