幻のオリコンランキング

c0019089_20551884.jpg

昨日の続き的な?

昨夜は眠くて書ききれなかったこと・・・わたくしは何故「ラヴ・ジェットコースター」がそんなに好きなのか。一体どこが?
楽曲としてはさほど凝った作りでは無いように感じます。単純といえば単純。作曲は羽岡佳さんという方で、椎名さんの楽曲では他に作曲されている作品はないようです。編曲は大坪稔明さん。手元の資料で代表的な楽曲を調べると、初期では「Shiena」の「ガールフレンド」、「風が吹く丘」「あなたの名前」「Graduater」「抱きしめて」・・・すごいな、どの曲もわたくしのハートにドンズバ(死語)ばっかり。近代wになると「Eternal Circle」「Power Of Love」「Reborn?~女は生まれ変わる~」・・・やっぱりドンズバだ。w
要するにわたくしが毎日聴いている椎名さんの楽曲のアレンジは大坪稔明さんのものが大半であるということです。
そうはいっても、前述の通り、特に凝った構成とは思えません。むしろシンプルに感じます。

作詞は中山加奈子さん。「プリンセス プリンセス」のギタリストの。中山加奈子さんも椎名さんの楽曲では何曲も作詞されておりますね。「電撃ジャップ」とか「星空のシャワー」とか。「ラヴ・ジェットコースター」と並び立つスーパーお気に入り楽曲の「ロックンロール・ラヴレター」も中山加奈子さんの作詞です。
「ラヴ・ジェットコースター」は詞もシンプルですよね。「ロックンロール・ラヴレター」の歌詞は凝っているけど。

ではなぜそんなにハマってしまったのかというと、これはもう「椎名さんの歌声が美しいから」に決まってます。w
前述の通り、たぶんそんなに難しい歌ではないはず。いやぁ、わたくしは歌い手さんじゃ無いからわかりませんけどね。でも、おそらく他の楽曲、例えば「Power Of Love」に比べると、使う声の高さに無理が無いように聴こえます。「Power Of Love」はレンジが少し低めに偏っていて、椎名さんもそれを意識して歌うので、そのテクニックの方にリソースがさかれていて、技巧に感心することはするんですけど、椎名さんの全開の声?というわけにはいきません。
その点、「ラヴ・ジェットコースター」は椎名さんのもっとも歌いやすいレンジなようで、その声はまるでパワーバンドに入ったツインカムみたい。カムに乗るといいますけど、それまでぐずり気味でスロットル開度に神経質だったエンジンのフィールが、ある回転数から振動も消えて音も揃って吹け上がる、あの感じ。バルブのオーバーラップとか点火タイミングとか、いろいろ要素はあるんですけど、最も得意な回転域になったときの爽快なあの感じですよ。

声優さんでボーカリストの椎名さんは「声」を売り物にしているわけで、その「声」そのものを楽しむってのは、眉間にしわ寄せて演技がーとか歌唱力がーとか結論の出ないこと言っているよりシンプルで健全ですよ。w
極論すれば、わたくしは椎名さんのその声の美しさに惚れているわけで、他の要素は二の次とも言えるわけで。
で、そういう楽しみ方でいくと「ラヴ・ジェットコースター」は最高!というわけでございます。他には「Miracle Blue」も同じように感じています。曲や歌詞よりも歌声が楽しめる楽曲という感じ。
そしてアルバム「Clear Sky」では「ロックンロール・ラヴレター」「旅立ちの唄」「ラヴ・ジェットコースター」とならんでいて、それぞれで絶妙に変化する椎名さんの声が素晴らしい。いやぁ、これは本当に素晴らしいと思います。

図はもう何度も登場しているシングル「Hello Goodbye」。奥が通常盤で手前側が2014年の年末のライブのCD付きチケットのもの。それなりにレアなはず。「なんばHatch」と「東京国際フォーラム ホールC」でのライブでしたので、少なくとも2,000枚以上は存在しますけど。
そういえば、先日のアコースティックライブのおり、大楽氏がぽろっと言ってましたけど、このシングル「Hello Goodbye」、オリコンに申請?届ける?のを忘れちゃって、ランキングに反映されなかったそうです。w
当時、某巨大掲示板ではそれなりの数が出たはずなのになんでオリコンのランキングにのらないのか?と話題になっておりましたけど、まさかそんなオチだったとは。w

2014年の3月12日のニコ生特番の最後の方で(たしか有料会員じゃないと見れないパート)で、また武道館でライブをなどというファンからの希望に椎名さんは微妙にキレ気味でそんなの無理ですよ!とか言ってまして、その時に、ちょっとキレ過ぎたと思ったのか、それじゃあとりあえずの目標はオリコンでシングル10位以内を目指しましょうと言ってました。で、その時から現在までに発売されたシングルはこの「Hello Goodbye」1枚のみ。(汗
そして、今のオリコンランキングの状況をみれば2,000枚以上売れた「Hello Goodbye」は10位以内は間違いなかったはず。それを申請忘れたとか、もうね(ry
大楽氏は「忘れちゃった、てへ」みたいな感じでしたけどね。まあ実質としては椎名さんは約束を守ったということで。w
by namatee_namatee | 2016-05-12 22:07 | music | Comments(6)
Commented by フラフープ at 2016-05-12 22:52 x
「だめよ、だめよ、だめよ!」も中山さんの作詞でしたっけ。同じ人が「電撃ジャップ」とは。w
しかし、T氏にしてはつまらないミスでしたね。
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-05-13 01:40
いろんな裏話がありますねー。

私も大坪アレンジ大好きですね。
あとは上野浩司楽曲でしょうかねぇ。
今見返したら、246のアレンジは東京事変の亀田誠治さんでした。名曲なわけです。

ニコ動でキレ気味っていうのは残念ながら見られなかったですが、
へきるさんは、そんな甘いもんじゃないし、簡単なもんじゃない、というへきるさんの覚悟というか、武道館の凄さを表してると思うので、真面目で真摯なへきるさんらしいと思いました。
Commented by namatee_namatee at 2016-05-13 11:35
>フラフープさま
中山加奈子さんの作詞のわたくし的ヒット率は大変高いです。
大楽氏本人がミスしたのかどうかまでは明らかではありませんでしたけど、その時のやっちまった感を考えるとむしろ気の毒。(汗
Commented by namatee_namatee at 2016-05-13 11:43
>colonel-mogy0079さま
裏話というか、自分で聞いた話を忘れないように書いておくのでした。一応、日記とか忘備録的な意味もあります。w>ブログ

わたくしは編曲や作曲された方で、どのような違いがあるのかまでは察知できないのですけれど、こうやって列挙して眺めてみると、あーなるほどというぐらいには雰囲気がわかります。面白いですね。

>武道館
多くの人が関わってくることなので、簡単にやりたいからといってできるものじゃないということも言いたかったのだろうなと思いました。ニコ生ですから、何気ない一言だったのかもしれませんけど、まあ椎名さんらしく真面目な返答だなぁ、と。
もっともキレ気味といっても、そんなにキレてませんでした。ちょっと真面目な雰囲気という感じです。
Commented by スピンマン。 at 2016-05-14 10:51 x
全体の楽曲の傾向としては、
キャッチーなメロディーと詩が多いですよねぇ。
Commented by namatee_namatee at 2016-05-14 21:49
>スピンマン。さま
そうそう、キャッチーですよね。特に最近のものはわかりやすい。わたくしがここら辺に最初にハマったのもこのわかりやすいという点があったからです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< たけなわ ラブではなくてラヴ >>