3年

c0019089_21423912.jpg

本日は4/19でございます。先日ネタにしました通り、シイナ教の記念日は4/17ですけど、個人的な椎名さん的メモリアルディは4/19だったりします。それは3年前の2013年4月19日に椎名さんのベストアルバム「HEKIRU SHIINA - SINGLES COLLECTION 1995-2000」をiTunes StoreからDLし、それがきっかけで思いっきりハマったからです。

当時のエントリーを読めば経緯はおおよそわかりますけど、ざっくり言えば「ヨコハマ買い出し紀行」の初瀬野アルファを演じた「椎名へきる」という人に興味があったものの、ネットで検索するとヒットする悪評に幻惑されて、いわれのない反感を抱いていたのが当時のわたくしであります。
当時のわたくしは「ヨコハマ買い出し紀行」の世界に深く感銘を受け、どんどんハマりつつありました。そしてOVAの評判はイマイチで、その原因のひとつはアルファさんを演じた「椎名へきる」にもあるというのが、某巨大掲示板などの情報を漁ってみて感じた結果でありました。他にも「アーティスト宣言」とか、歌唱力がないとか、ネット上にはネガティブな情報に満ちておりました。

ただ、実際に「ヨコハマ買い出し紀行」OVAを観ても、特になにか変と感じたこともない。当時のわたくしは(今でもそうですけど)キャラそのものは絵とかデータに過ぎず、それに声優さんが演技して声をあてたら、それがキャラクターそのものであり、ミスマッチとか演技が下手とか、そういう事情は存在しないと思っておりました。そして作品として世に出たということは、制作した方々がそれで良しとしてgoサインを出したわけですので、キャラクターの存在に違和感があるとか、演技が変とかは制作側全体の責任で声優さんにそれを担わせるのは筋が違うとも。
ここら辺は今でも変わりませんけどね。なので「椎名へきる」の「初瀬野アルファ」がそんなに嫌なら、お前が自分でキャスティングして作り直せと。w
あの当時、名作「ヨコハマ買い出し紀行」のアルファさんにふさわしい声優さんがどれほどいたのかと言いたい。ましてやラジオドラマで先行して演じていたんですから、それをOVAで違う声優さんに差し替えられるかと。コケた場合も考えて責任を持ってキャスティングしてみろと言いたい。w
これは椎名さんが好きだからとか以前に、作品に対するスタンスの問題です。文句つけるならいくらでもつけられるんですよ。なんならみんな大好きなあの作品やこの作品に根掘り葉掘り強烈な文句つけましょうか?w

まあそれはそれ。2013年の4/20に長野のESTATEであったサバゲの道すがらに聴くために「HEKIRU SHIINA - SINGLES COLLECTION 1995-2000」をDLしたのがマズかった。w
どうも話と違う。歌はつたない感じがなくはないけど(特に初期)、わたくしが認識している歌唱力というものが正しければそれが足りないということはない。どちらかというと声の質に合わないスタイルの歌をなんとか頑張って歌っているように聴こえました。その割には破綻もしていないし、後になるに従って正直に上手くなっていく。
これはもしかして、ということで当時最新だったシングル「Miracle Blue」とアルバム「for you」を買ってみたんですけど、これがもうね(ry
デビューからずーっと進化し続けたのがわかるんですよ。こんなわたくしにも。w
そのくせスピリッツとでもいうのか、ずっと同じセンスなのが驚異的でした。歌は上手くなって声も高くなったけど、本質的に変わってないんですよね。わたくしにでもそれが感じられたこと自体がすごい衝撃。こういう衝撃は人生でそう何回もないですね。ずっと探していた理想の歌い手さんはこの人だ!みたいな。

そこで思い至りました。自分のセンスを信じるならば、これは噂の方が変なんじゃないかと。こんな素晴らしい歌を歌って、しかも20年近く経っても現役な人がいい加減なはずはないと。
それまでの「椎名へきる」という人のイメージは、もっとなよなよヘロヘロの声優とかいう怪しい商売でオタク人気にかこつけて調子にのって歌の世界へ入ったものの適当なことして身を持ち崩した人というもの。w
そうだとしたら、その歌に人生何度もない衝撃を受けてしまったわたくしには歌や音楽で人となりを見抜く力はないということになります。いくらいい加減なわたくしでもそこまで人を見る目がないわけはなかろうと。

さらにいろいろ深く調べていくと、案の定、ネット上の噂やレビューについては根拠がないとか怪しいとか、表現が紛らわしいだけで実際と違うとか・・・とにかくガセばっかりということにすぐに気が付きました。ちょっと調べればわかることなのに、それを怠って無駄な反感を育てていた自分が恥ずかしかったですなぁ。(汗
その恥ずかしさは怒りを生みます。w
ネットの誰だか知らないけど、椎名さんについてあることないこと誹謗中傷ばっかり垂れ流すのなら、わたくしは反対に椎名さんを絶賛する記事をちゃんと根拠やソースと一緒にネットに垂れ流してやろうと思いました。誰が書いたのか述べたのかわかりませんけど、ガセネタは10年前のだろうが3日前のだろうが引用してその矛盾点をついて否定し、それを書いた人の心理を分析してやろうと。一種の意趣返しですな。w

そういったわけで、明確にネットのアンチに対して敵意をもって始めた椎名さんネタだったわけですけど、2013年の8月4日の新宿BLAZEでのライブ、これが人生初のライブだったんですけど、あれで「椎名へきる」とその音楽の世界に一気に飲み込まれてしまいました。アルバムやシングルとライブで歌に差がない。歌唱力がヘロヘロのなよなよだったらそんなことはできない。最初の衝撃から半年も経たないのにまたしても強烈な衝撃。これは参りましたね。w

もう今ではガセネタやアンチだった人々に対する敵意のようなものはほとんどありません。そんなものよりずっと何倍も「椎名へきる」とその音楽に心酔してしまいました。
と同時に焦り始める。この調子だと椎名さん、20周年を機に引退しますとか言い出すんじゃなかろうかと。自分だってもういい歳ですので、もはや手遅れではありますけれども、出来るうちにできることはしておきたい。
そうやって3年経ちましたけど、幸いにして椎名さんは引退もせずに元気に活動されております。今後どうなるかは・・・先日の大楽氏のお話ではノープランということもなさそうですので、まあ安心していて大丈夫そうです。

これからも末長く元気に活動されますように。>椎名さん
by namatee_namatee | 2016-04-19 21:46 | music | Comments(6)
Commented by フラフープ at 2016-04-19 22:20 x
幸多かれと願わずにはいられません。>皆さん
ところで、FCイベントの話はなかったみたいですね。本気で海外なら、日にちだけは早く知りたいな。
Commented by colonel-mogy0079 at 2016-04-19 23:35
長くファンをされている方と思っていましたが、最近、(といっても3年)だったんですね驚きです。

ある意味長く離れていた私と同じですね。

自分でも言ってましたけど、ほんとにぶれない人。たしかに、90年代のライブは、後で見返すとまだまだ歌唱力不足を感じるところもありましたけど、それ以上にsoulというか(笑)感じるものがあったんですよ、
そして、曲がおしなべて良いのです。

じゃなきゃ今のアコースティックライブ成り立ちませんよね。
そして18年たってみて、先日は変わって無いと言いましたが、歌の力は信じられないくらいに強くなってて、それがほんとに嬉しかったんです。

へきるさんはいろいろ言われる人ですが、
近くで見てきた自分達にはそんなの嘘だとすぐわかる、ぶれない人です。
アーティスト宣言問題とか、ほんとよくわかりませんでした。

すみません熱くなってしまい。
ライブの興奮を語り合える仲間がいないので、つい(苦笑)
Commented by namatee_namatee at 2016-04-20 11:49
>フラフープさま
ああいう場であやふやなことを言うわけにいかないでしょうなぁ。>大楽P
日程も内容も決まったら一気に出てくるような気がします。w
FCイベントは会報でお知らせですよね。次の会報でわかりればよいですね。
Commented by namatee_namatee at 2016-04-20 12:07
>colonel-mogy0079さま
そうなんです。わたくしは若輩者です。(汗
あの時代をリアルタイムで知ることがなかったことは残念な反面、 ちょっと角度の違う感じ方もできると思うので、この立場は嫌いではありません。w

そういう者から見ても、ぶれない人というのは本当によくわかります。>椎名さん
分別とか知識とかはキャリアが進めば当然身につくことで、椎名さんもその通りだと思いますけれども、中心のところ、そのsoulとかspiritsみたいなものはずっと同じ。それが特に事前に知識があったわけでもない(むしろ悪い印象だった)わたくしにも普通に感じ取れたということがすごいなぁ、と。
歌唱力についても、はじめの頃は上手でなくて当たり前で、それでも難しい歌や歌い方にチャレンジしていたのは明白に伝わってまいりますので、その心意気みたいなもので十分に補えていると思います。そして2016年現在ではご覧の通りですので文句のつけようがないです。

>熱くなって
遠慮なく思いのたけを書いて行ってください。w
Commented by スピンマン。 at 2016-04-21 09:22 x
結局、ライブに行かないと分かんないもんなんですよね。
それは他のアーティストやミュージシャンと一緒でスネ(笑)

最近はふと思うんですけど、
T氏って、イベントプロデューサーとしてはかなり大物なわけですけど。
今だにへきる嬢の関わりから考えると、
T氏にとってもへきる嬢との仕事はライフワーク的な存在じゃないかと思うんですよね。
多分、T氏も最後まで見届けるんじゃないかと(笑)
Commented by namatee_namatee at 2016-04-21 12:43
>スピンマン。さま
そしてライブは年中そこら中でやっているものではないということにも気が付きました。w

すでにアルバムやシングルの楽曲の歌声でメロメロだったところにライブ、それもあのライブは突発性難聴からの復活という、当時のわたくしにはわかるはずもありませんけど、かなり特異な待望のものだったようで、観客も椎名さんサイドもテンションが高かった・・・メロメロなところにそんなもの観ちゃったら(ry
しかもなぜかマイブームだった「眠れる森」から始まって次が「風が吹く丘」ですし。マジで興奮して寝られなかったです。w

大楽氏はなんだかんだ言って椎名さんのこと好きですよね。ずっと一緒にやってきたんだし、実績からいえば誇りに思わないはずはないんだから当たり前といえば当たり前ですけど。
前にも書きましたけど沖縄でのF/Cイベントの時の「あいつは綺麗なんじゃなくてカワイイんだ!」とか「これからも椎名へきるをよろしくお願いします」とか、なんだ大楽氏もディスってばかりいるけど結局好きなんじゃん、とニヤニヤしてました。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 不謹慎 いつの間に。 >>