音楽性の相違。w

c0019089_20345831.jpg

相変わらずどっちから読むのかわからん本だなぁ。w>Pick-upVoice

レスで「無限の住人」関連で椎名さんの写真があると教えていただいたので買ってまいりました。ありがとうございました。
買ったのはAmazonですけど。最近は南東北(本当は北関東)の片田舎でもポチった当日にきますからね。リアル本屋なんて形無しですなぁ。
とかいっていると、本屋好きの方々に怒られそうです。でもなー、あの配本の仕組みっていうんですか、日販とかそういうの、あれって本屋さんそれぞれの特色とでもいうのか、この本屋さんならではという個性みたいなものを許容しない仕組みに見えるんですよね。リアル店舗擁護の意見として、店頭で適当に手に取った本がすごい当たりだったりすることがあって、それが醍醐味みたいなことを言われるんですけど、そもそものその本がその棚に並んでいる仕組みとか理由とかを考えると、なんか微妙。あとPOS systemっていうんですかね、あれのせいで1冊しか売れない本はずーっと未来永劫1冊しか売れませんからね、売れた分しか入荷しないんですから。w
そういったことを考えると、リアル店舗の本屋さんは・・・申し訳ないけど、少なくとも南東北(本当は北関東)では存在する余地はほとんど、いや全く無いでしょうなぁ。(汗
わたくしの嫁さんは本屋さんで働いているんですけど、話に聞くと店員さんの裁量の部分が無いわけでは無いようです。でも、全体としてそのPOSとか日販さんとかトーハンさんとかの枠組みからは大きく外れることはないようでもある。
まあ、街の本屋さんにはなんとか生き延びて欲しいとは思いますけど、正直なところもうダメだろうなと。(汗
っていうか、そもそも本屋さんを応援しようにもメリットが無いんじゃなぁ。Amazonなどに比べてこういうメリットがありますよって言えないですもん。

それはそれ。
Pick-upVoiceには確かに椎名さんの写真が載っておりました。小さいけど。w
そして例によって他の記事はまだ読んで無いという。勿体無いとは思うんですけど、なんていうか興味が向かないというか、無理に読む感じになるんですよね。取扱説明書を読んでいるような。知らないことが多すぎるせいかもしれません。

興味が向かないといえば、この表紙にもお名前が出ておりますけど水樹奈々さんの音楽もそうですね。今やビッグネームなわけで、声優さんと音楽ということでは避けて通れない存在なわけで。>水樹さん
いくつか楽曲を購入しましたし、機会があればiTunes Storeなどでも試聴するんですけど、どうもダメですね。
おっと、貶めたりバカにしたりするつもりはありません。あくまでわたくしの感覚に合わないということでございます。
水樹さんファンの友人に椎名さんの音楽を聴かせたら「全く心に響かない。」と真顔で言われまして、それから気になって水樹さんの楽曲を一生懸命聴いたんですけど、わたくしは水樹さんの音楽には共感することができませんでした。残念。
歌はすごく上手だと思いますし声も美しい。むしろ声は好きな方だ。どうもわたくしがダメなのは曲の方のようで、どれを聴いても同じように聴こえるという典型的なおっさんの感想となります。BPMが速めで同じぐらいな楽曲が多いのが災いしているのかも。世間一般では椎名さんの音楽のほうがどれ聴いても同じに聴こえるかもしれないんですけど。w
たぶんこれが音楽性が合わないということなんだろうと思います。その典型的な例が水樹奈々さんの音楽にたいするわたくしのこの見解・感想ということになりますね。ここまで徹底的に合わないと、ハッキリしていて潔よいという感すらあります。w
笑い事じゃなくて、選択肢がひとつ減ってしまうというのはそれはそれで残念なことでもあるのですけどね。

・・・研究の資料みたいな感じで半分義務として聴くのが悪いのかもなぁ。(汗
by namatee_namatee | 2016-04-11 21:55 | music | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 先鋭 いきなり寒い。 >>