ツアラーの端くれとして

c0019089_19122825.jpg

唐突に「アウトライダー」誌のバックナンバーなどを某オークションで購入。
懐かしいな、アウトライダー。こう見えてもわたくし、ツアラーの真似事みたいな事をしていた時期がございまして、情報収集というか雰囲気というか、とにかく毎月定期購読していたのがこの「アウトライダー」誌でした。

この「アウトライダー」は2002年1月号でございます。なぜ、こんな古い雑誌をわざわざオークションで手に入れたのか申しますと・・・
c0019089_19124367.jpg

・・・この記事が読みたかったからです。
この号の「アウトライダー」には言わずと知れた「ヨコハマ買い出し紀行」の原作者、芦奈野ひとし先生のインタビュー記事が載っているんですよ。
このインタビューの存在はだいぶ前から知っており、機会があったら読みたいと思っていたんですけど、何かと後回しになってしまってました。つい最近、例のオークションアラートのメールでヒットしたので、これ幸いと購入してみた次第。

まあ、内容は特にこれといって(ry
噂で聞いていた通り、ヤマハのAG200に乗っていたこと、このインタビュー当時はCT110(「通称」ハンターカブ)に乗っていたことはわかりました。また、インタビュアーは芦奈野先生自身のツーリング写真を見せてもらったそうですけど、それは「利根川、渡良瀬川、霞ヶ浦」とあり、ああなるほどな、と。

例の「ヨコハマ買い出し紀行の106話に登場する公園の場所」の探索で、わたくしは直感的にあの場所は関東地方というか関東平野の外縁、関東平野が周囲の山地に入り込むというか食い込むというか、山地から河川が平野に向けて流れこんでいる場所ではないかと思ったんですけど、その理由は芦奈野先生の行動範囲はそんなに遠くまで広がってはいないと感じたからです。

根拠のひとつとしては芦奈野先生は比較的小さい二輪車を好むということで、ツーリングのスタイルとして広大なエリアを大型二輪の機動力でカバーするというより、原付や小型二輪、せいぜい普通二輪車程度で狭いエリアに入り込み、この記事のように「迷いに行く」スタイルなのではないかと思います。わたくし自身、ライダーなので良くわかるんですけど、大型自動二輪は長距離を力技で突っ切るのには向いてますし楽で楽しいのですけれども、狭いところに入り込むのは苦手です。わたくしもかつてはHDのFXDFファットボブというのに乗ってましたけど、狭い道に入って行って行き止まりとかすごく嫌。本当に嫌。w
その点、原付とかスクーターは気楽なもんです。反面、長距離はなかなか思うようになりません。行けなくはないですけど、時間はかかるし疲れます。

あとは作品の描写の印象でしょうか。すごく細かいところまで描き込んであるので、大型二輪でざっと見て回るというよりは、じっくりと景色を観察しそれを記憶してイメージに変換しているんだなぁ、と感じます。必然的に遠くへ行くよりは比較的近場を深く探索するスタイルなんじゃないかなぁと思います。

というわけで、芦奈野先生の行動範囲はアルファさんの「出稼ぎ」と同様、そんなに遠くまで広がってはいないと考えました。おっと、これは前述の通り、わたくしのライダーとしての直感に過ぎませんので、他の意見や見解を否定するものではありません。念のため。
まあ、芦奈野先生に日本全国くまなく回りまして、その経験が下敷きになってます、なんて言われちゃうと、例の公園を日本中のそれらしい場所から探す羽目になり、それは勘弁してほしいという希望的な「逃げ」もあるのですけれども。w
by namatee_namatee | 2016-03-04 19:57 | book | Comments(4)
Commented by ふき at 2016-03-05 06:18 x
■なまさん
> 例の「ヨコハマ買い出し紀行の106話に登場する公園の場所」の探索
> 芦奈野先生の行動範囲はそんなに遠くまで広がってはいないと感じたからです

★実は、自分も当初はそのように考えて、
関東近辺の風景を、画像検索やストリートビューで追いかけていたのですが、
どうにもピン!とくる場所に出会えず…

それで現在も、ジワジワと探索範囲を広げざるをえない状況が続いております。

(どこがチェック済みかは、以前にお話した理由から
 あえて なまさん にお教えしないことをご容赦ください <(_ _)> )

ちなみに最近は、中国・東北地方を回る日々です(苦笑)

★ただ不思議なもので、こうしてストリートビューで日本中を歩き回っていると、
「ビルキノコの公園が見つかってしまうと、それはそれで寂しい」ような気持ちも、
正直 出てきております。

というのも、作中のヨコハマ名所は、ほとんどが「アルファさんの生活圏」に存在するため、
もしビルキノコの公園が見つかると、もう日本中を歩く必要は無くなり…
(当然、三浦半島の中だけで済んでしまうからです)

それは同時に、ストリートビューで見て回れる範囲が
一気に狭くなってしまうこととイコールでもあるからです。

★ビルキノコの公園を見つけることは悲願であり、
三浦半島を愛する気持ちにウソはありませんが、

山陰地方のストリートビューの風景(夕方に撮影されたものが多い)
の中を歩いていたりするとき、
フト、この時間を終わらせたくない気持ちになる自分がいるのです。
Commented by namatee_namatee at 2016-03-05 19:37
>ふきさま
お気持ちは良くわかります。
見つけるのだけが目的ではないというのは素敵なことだと思いますね。さすがです。

わたくしはサポートメンバーですのでw、やっぱりここは違ったという情報提供でもできれば、ぐらいの心構えです。(汗

このネタへのわたくし独自の接しかたの色合い?みたいなものとして、疑わしいところへは実際に行ってみようとも思っております。タイトル通り、一応、ツアラーだったわけですし。
Commented by ふき at 2016-03-06 11:44 x
■なまさん
> わたくしはサポートメンバーですのでw、
> やっぱりここは違ったという情報提供でもできれば、ぐらいの心構えです。(汗

そういう情報でも、とてもありがたいのです。

確実に「ここは違う」という結論が出せれば、そこはそれ以降、調査しなくてもよい場所になり、
結果的に「モデル地 確定」というゴールに1歩近づけるわけですから…(^^

> 疑わしいところへは実際に行ってみようとも思っております。

そういうレポートも楽しみにしております。

生の体験は、ネット上の情報だけからは見えない「何か」の発見につながるかもしれません。(^^
Commented by namatee_namatee at 2016-03-06 21:45
>ふきさま
おいしいネタとしても使わさせていただくつもりです。w>ビルキノコ公園探索
風景の確認にストリートビューではもどかしいってのもありますね。

幸いにしてスクーターや車という機動力はありますので、この件にかこつけて出かける理由にします。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 闇 Mk.VI Special >>