カミングアウト

c0019089_2054895.jpg

「ヨコハマ買い出し紀行」第11巻第106話「道と街と住人」より。

「上様」から「106話に登場する公園の場所を探索せよ!」という矢文が飛んできましたので、現地考察は苦手なのを押してとりかかったところ。
嘘です。結論は出さなくても良いらしいので、もっと気軽に取り組みます。もとより、この公園がどこなのかについては極めて高いレベルの課題であり、わたくしごときに結論めいたものが出せるとは思っておりません。w

ちなみに「上様」とか「矢文」は「東京自転車少女。」のネタです。実は結構好き。>東京自転車少女。
加藤さんかわいいよ加藤さん・・・そういうおっさんの気持ち悪いカミングアウトはどうでも良いのですけれども、せっかくですので「東京自転車少女。」についてもちょっとだけ書いておきましょう。w

「東京自転車少女。」は「コミック・アース・スター」に連載されている作品です。その名の通り、自転車で街中を散策するお話・・・なんですかね。わたしゃKindleの無料版で途中から読んでいるので、全体像が把握できていないかも。
なんか変な部活動が多いんですよね。「自転車天使部」とか「レンタル彼女部」とか。

・・・全然関係ないんですけど、エロ漫画(同人誌)で「ヒロピン部」ってのが出てきましてね。先生に顧問をお願いするのに、部活動に沿った勝負を挑んで勝たなければならないとかいうきまりがあるんですけど、「ヒロピン部」は負けてなんぼなので勝負にならないという。エロ漫画ですけど腹抱えて笑いましたね。w

それはそれ。
「東京自転車少女。」も地球上の、というか練馬区が主な舞台のお話。作品の性格上、えらく具体的に各地が描かれており、現地考察の余地などなさそうです。w
まあ「東京自転車少女。」は描かれているのがどこなのか探すというよりは、作品を読みながら実際に訪れてみる楽しみ方なのでしょう。「ヤマノススメ」も同様ですね。作品における「聖地」というものが一般的になって、それを踏まえた作り方になっているのでしょう。

それに対して「ヨコハマ買い出し紀行」はそんなに甘くない。現地を訪れるということなんて想定していないと思われます。さらに芦奈野先生の画風というか描き方は具体的なようなそうでないような。w
絶妙な省略ぶりというか記号化というか芸術的というか、写真と見比べてみるとあまり似ていないのに、そのものの特徴はしっかり描かれているという、かなり高度な画なんです。>芦奈野先生
なので描かれているのがここだ!と確定するためには、記号化wされた画から特徴を読み取って、それに合致する証拠を揃えなければなりません。かなり追い込まないと確定出来ない。っていうか、確定するのが目的ですので曖昧な結論で済ますわけにはいかないのです。これを曖昧さが残るのにこうだ!と強弁すると悲しいことになるんですよ・・・

そういったわけで、なかなか一筋縄ではいきません。「温暖化が進んだ夕凪の時代にはところてんは貴重品のはずなのに、普通に食べられるのは変だ」とか「ターポンの箒のおばちゃんの歳はいくつだ」とか、そういう結論が出ないとわかっていてこね回すネタ(文字どおりネタ)とはわけが違います。(汗

というわけで、サポート役とはいえ覚悟を決めてあらためて第106話「道と街と住人」を読む。
影のできかたからアヤセの移動する方向を・・・よくわからんなぁ。なんとなく南から北へ向かっているような気はしますけど確証はないですね。あるコマでは町を眺めながら「いまも生きている町が西日に光っている」とありますので、アヤセは公園で西から東の方を見て、そっちに「いまも生きている町」があるのかな。そして町には蛇行した川があり、山の稜線には送電線の鉄塔。送電線の鉄塔は最初のコマにも描かれてますね。
比較的山に近い地域で高圧線の鉄塔があるということは、水力発電所(つまりダム)が近いのかもしれません。

そしてわたくしが今の今まで見落としていたことがありまして、それは「夕方のきれいな公園」という表現。わたくし、勝手に「夕日がきれいな公園」だと読み替えてました。「夕日」だと公園は西日が当たる位置にないとおかしいので、谷を挟んで上流に向かって右側(太平洋側だと仮定すると)、つまり東側の斜面にあることになります。でも「夕方のきれいな公園」となると、「夕方の公園からの眺めがきれい」ということでしょうから、これは反対に西側の斜面にあるということになります。
そしてその公園までほんのいくらも離れていない場所は元は町で、駅もあったという。おまけにちょっと高台。

上で太平洋側と仮定してますけど、特に根拠はありません。なんとなくアヤセの行動範囲は関東平野の中のような気がするぐらいのところです。新潟方面に行ったのは確実ですので、もっと遠くまで足を伸ばしているかもしれませんけど、そんなに範囲を広げたら手に負えませんので、とりあえずは関東平野の中(といっても縁に近いエリアになりますけどね)として調べて・・・こういう条件に合致する場所は結構あるんですよね。
あとはアヤセが歩いて行く先にある幅が広くて短い階段とか(図の右側にちょっと写ってます)・・・「Google Earth」で手当たりしだいに上記の条件に合いそうな場所にある公園を当たっていますけど、決め手がないですね。

「秩父ミューズパーク展望台」の入り口の階段と門のようなモニュメント(モニュメントの上部が欠けて根元が残ったとしたら)や噴水(ギリシア神殿みたいな柱が4本立っている。その柱が根元だけ残っていたとしたら)が似ていないこともないんですけど、いかんせん展望台からの周りの風景が微妙に違うような気がするし(現代にはある巨大な橋が作中ではない)、他にも周りの山の形とかがはっきりとは確認できないので、なんとも言えません。

といった感じで、今日はここまで。w
by namatee_namatee | 2016-02-08 21:53 | book | Comments(21)
Commented by ふき at 2016-02-09 00:20 x
■ なまさん
> 「上様」から ~ 矢文が飛んできましたので

恐縮です(笑)

自分以外のヨコハマファンの方にお手伝い(情報提供を)いただけると、
同時に僕の中にも新たなヒラメキが生まれそうに思え、お願いをした次第です。
(当然、僕自身も調査続行中です)

なまさんが漫画のコマから得た情報について、語りたくてウズウズしているのですが、
それをしてしまうと、僕が言った言葉が なまさんの先入観になってしまうかもしれないため、
現時点ではグッとこらえようと思います。(語りたいよーー)

お手すきのとき、気が向いたときだけで全く構いませんので、どうかご協力ください。(^^



★それはそうと、エントリ『2/5 任務』のほうの僕のコメントには
なまさんからの返信をいただいていたのですが、
『1/26 妄想につぐ妄想』のほうのコメントは読んでいただけたでしょうか?

前者よりも後にコメントした分、
こちらのほうが より「僕の本心」に近いコメントに仕上がったのですが、
なまさんからのレスが無かったので、少し心配しております。

「読んだけれど、レスしなかっただけ」であれば、
申し訳ありません、上記はどうかお忘れください。<(_ _)>
Commented by シロ at 2016-02-09 10:10 x
>なまさん
そういう実際に存在する所が忠実に描かれている漫画というのも良いものですね。>東京自転車少女
同じ物を見て作者と自分の感じ方にどういった差異があるか、というのを知るのは楽しいですよ。

さて、例の山ですが、ビルというのはおそらく現実にも似たものが存在するんでしょうね。
なんとなく、「人間にとっての水神さま=ビルにとってのビルのようなアレ」みたいな感じがするんですけどね。
Commented by namatee_namatee at 2016-02-09 13:23
>ふきさま
レスの件はそちらのスレッドにはシロさんがいらっしゃたのと、また同じことを言うのも無粋かと思いました。(汗
ふきさんのお考えは理解しております。ただ個別対応が適当かなと感じるということでありました。

>公園の件
さらにいくつかのポイントを調査中です。が、これ、やっぱり決め手が難しいですね。(汗
会社のPCだと「Google Earth」・「Google Map」ともに落ちまくりで進みません。お時間をいただくことになりそうです。
Commented by namatee_namatee at 2016-02-09 13:29
>シロさま
「東京自転車少女。」は最後に「。」が付く、これがポイントです。w
想像力にあふれたエピソードもあって、なかなかの力作だと思います。お勧め。w

そのビルが問題でして。眺めは作中のものによく似ている、稜線には送電線の鉄塔もある、だがしかし町にそれらしいビルがない、と。あるいはビルはあるけど、山並みの重なり方が違うとか。

あの柔らかいビル、なんのために存在するのかは全く不明ですよね。さすがのわたくしも難癖のつけようがありません。w
Commented by シロ at 2016-02-09 17:36 x
>なまさん
あっ、本当ですね。>。がつく
「藤岡弘、」を思い出しましたw

あのビルの成分とかがわかれば良いんですけどね。水神さま(触る描写はないですが、やわらかそうです。)に似たさわり心地がしそうです。
Commented by namatee_namatee at 2016-02-09 19:00
>シロさま
こうやって考えてみると、わたくし、「コミック・アース・スター」は結構お気に入りかもしれません。

絶対にわからないでしょう。w>ビルの成分
「ヨコハマ買い出し紀行」の登場人物は、少なくとも人類滅亡の原因は知っている、ロボットの人の構造や性能も知っている、ハママツとかみちのくの国とかの様子も知っている・・・我々がわからんわからんと頭を抱えている事柄のほとんどは知っているはずなんですけど、人形キノコとあのビルについては皆目見当がつかないようですので(図書館で本を借りて読みまくっているはずのアルファさんですら知らないみたいだし)、我々にわかるはずがありません。w

近づいて触れるとそのまま取り込まれたりして。w>柔らかいビル
あるいは「モノリス」みたいになにか脳にイメージが(ry
Commented by シロ at 2016-02-10 11:07 x
>なまさん
ヤマノススメもそうでしたね。>コミック・アース・スター
出版社で漫画を選ぶ、ということはあまりないですが、気に入った作品の近くにおいてあるものを手に取ったらなかなかおもしろかった、という経験は何度かありますねw

芦奈野先生のことですから何かしら意味があると思うんですけどね。>ビルキノコや水神さま
ただ雰囲気作りのためだけの「不思議なモノ・謎めいたモノ」では片付けられないと思うんですよ。といって、明確にこうであろうと説明できるような証拠もなく・・・
答えが出ないあまりにビルキノコは食えるのかどうかみたいなことまで考えてしまいますw
Commented by namatee_namatee at 2016-02-10 12:27
>シロさま
Kindleの無料版だからこそ、というのも大きいです。w
でも続きとか前の話が読みたいとかで有料版(というかDL版)を購入したりするので、読者にとっても出版社にとっても悪いサービスではないかな、と。儲かっているかどうかはわかりませんけれど。(汗

何かしら意味がある・・・どうなんでしょう。わたくしのような陰謀論好きの読者へのサービスとか。w
芦奈野先生はキノコ好きのような気がするので、それにかこつけて何か出したかったとか。w
Commented by ふき at 2016-02-10 13:53 x
■なまさん
> 「秩父ミューズパーク展望台」 ~ 周りの山の形とかがはっきりとは確認できないので、なんとも言えません。

あえて重要な点をボカしてコメントしますが(すみません)、
「秩父」とは、序盤からなかなか良いところに目をつけられたと思います(^^

我田引水ですが、実は自分も秩父市を Google の航空写真で見たとき、「これは!」とドキリとしました。
(ただ、調査の結果、「僕は」秩父はどうも違うらしい… と結論づけましたが…)

エントリを読んでいても、「ちゃんと漫画内の情報を理解した上で」この場所を選択されており、
これはちょっと、僕も油断なく調査を続けなければ追い抜かれてしまうかも…(苦笑)

ちなみに、近隣の山の稜線の確認の方法ですが、僕は Googleストリートビューで
『公園と山の間の、見晴らしの良い場所に降りて』 確認するようにしております。
(方向さえ同じなら、稜線はそれほど大きくは変化しないためです)

その際、『大きな川の上の橋 に着地すると、広い視界が得やすい』ので
(したがって、近隣の稜線を確認しやすい)
ストリートビューで調査するときのテクニックの1つとして、お勧めいたします。(^^


> 眺めは作中のものによく似ている、稜線には送電線の鉄塔もある、
> だがしかし町にそれらしいビルがない

そうなのです。
まさにその点が、この公園を特定できない大きな理由なのです。

谷間の町や、盆地状の町なら、いくらでもあります。
しかし そうした場所は、土地の狭さゆえに町も小さく、
作中に見られるような「高いビル」がまず見つかりません…

そこで1つの可能性として、自分は『温泉町やスキー場』を優先して調べています。
町は狭くても、宿泊用の大きめのホテル(ビル)があるからです。

最近では、岐阜の『下呂』や、新潟の『湯沢』あたりを見て、
「もしやここでは!」と興奮したのですが… 決定打とはなりませんでした。orz
Commented by ふき at 2016-02-10 14:40 x
■シロさん
> 芦奈野先生のことですから何かしら意味があると思うんですけどね。>ビルキノコや水神さま

僕は、すぐそばの公園にキノコが並んでいることから、
あのビルキノコは「コロニー」のようなもので、
近隣に胞子を飛ばしているのだと思っています。

(また、すぐ下の町に わりと大きな川があることから、
 それを経由して胞子が全国に散っているのではないかと見ています。
 それでキノコは「水辺」で確認されることが多いのではないか…? と)


さらに、最終話を読むかぎり、
キノコは「地面の記憶」を形にしているようですが、

あのビルキノコのある山は「過去に何かが建てられたという記録はない」そうで、
形も「ビルのようだが微妙にいびつ」ということなので、
「水神さま」のように「何かを模して形になった」わけではないようですね。

「大元」が寄り集まった姿が、たまたまビルに似た長方形だった…
ということではないかと考えております。(^^
Commented by シロ at 2016-02-10 18:16 x
>なまさん
立ち読みに近い感覚なんでしょうか。>kindleの無料版
結局は単行本に手が伸びそうですよねw

そういえば、芦奈野先生は顔つきキノコのような物体をよく描かれてました。あれも謎と言えば謎ですけど、ご自身のご尊顔を模したマスコットキャラのようなものでしょうか。

>ふきさん
そもそも完全に自然の産物かどうかもわかりませんよね。長方形というのは人工的な香りがしますし。ミョウバンやら塩やらの結晶のようなものかとも思いましたがw

Commented by namatee_namatee at 2016-02-10 21:02
>ふきさま
ストリートビューで「橋」からチェックですね。ありがとうございます。

秩父はミューズパークの展望台を見たときに、もしやここでは!と焦りました。w
展望台のモニュメントの土台というか根元の部分だけが残ったとしたら(芦奈野先生はよくそういう描き方をしますので)この図の右側にちょっと写っている場所に似ているかな、と思いました。が、町の眺めが違う(例のビルがない・巨大な橋がある)のと、その展望台が崖っぷちにあるようで、106話の描写と微妙に食い違っているetc…でボツとなりました。

他には下仁田の「ほたる山公園」からの眺めとかも、なんとなくそれらしいなとは思いましたが、下仁田の町は小さくてあのような大きなビルがありません。

高台の町で駅もあったというのも問題ですね。あのような眺めの場所の場合、大体の鉄道は川の近くの低地の方にあることが多く、手前側の高台に駅があるというのは稀です。考えられるのは今も生きている町への川の近くの低地にある線路&駅とはまた別な路線がアヤセとおばちゃんのいる高台の方から今も生きている町へ伸びていた可能性かなぁ、と。つまり複数の路線が通っている町ということですね。
「夕凪の時代」になっても生きている町ということですから、それなりの規模の都市であると考えられるのですけれども、作中の描写ではそれほど大きい町でもないようです。
適当に条件の合いそうなところとして、とりあえず埼玉県の寄居町で調べてみました。鉢形城公園というのがあって、そこの石積みが作中に出てくる丸い石の土手みたいなものに似ているなぁとは思いましたけど、鉢形城公園はスカッと広すぎて山が遠いような気がします。一応、街中にビルは見えるんですけど・・・

さらに言うならば「Google Map」で確認できるのは現代の地図であり、廃線になってしまった線路は表示されないので、そのチェックが不可能という問題がありますね。

「湯沢」はわたくしも考えました。田舎で大きなビルというと「湯沢」というのは良い線だと。まだ、詳しく調べてませんけど決定打でとはなりませんでしたか。(汗
Commented by namatee_namatee at 2016-02-10 21:07
>シロさま
Kindleの無料マンガは更新が反映されない時があるのが困り物です。有料のコンテンツはそういうことはないので、差がつけられている感じ。まあタダなので優先度が低いのは当然ですけど。w

その感覚に極めて近いですね。>立ち読み
必要ならそこからすぐに買えるわけで、便利なもんだと思います。
Commented by ふき at 2016-02-10 22:58 x
■なまさん(1/2)
> 下仁田の「ほたる山公園」からの眺めとかも、なんとなくそれらしいなとは思いましたが

地図で調べて仰天しました。
こ、こんなところに盆地があったのですか…(汗)

隣の「富岡」までは調べていたのですが、
うっかり、さらに西にも町があることを見落としておりました。

「上信電鉄 上信線」に気づいていれば良かったのですが、
その北を走る有名な「信越本線」の沿線を調べ終わったことで、安心して、
この一帯についてはほとんど失念してしまっていたのです。

こうした小さなボロが出てしまうあたりが、1人の目で追う限界なんですよね。
感謝いたします。<(_ _)>

そうか… ここが あの、コンニャクで有名な「下仁田」ですか。
ビルこそありませんが、ここもかなり
「漫画内の風景に近いもの」を持った盆地の町ですね。(^^


> 高台の町で駅もあったというのも問題ですね。

そうなんですよね。
高台に駅があって、さらに、少し下ったところにある町にはビルまで残っている場所…

これって、狭いながらも かなり(規模的に)大きな街でないと、
調査対象にならないような気がします。

ただ それだと、かなり限定されてしまうというか、
そもそも「該当する場所すら見つからなくなってしまう」(笑)可能性があるので、
自分は開き直って、『たしかに駅はあったけど、それはあくまで同じ町内ということではないか?
なら、駅から片道2キロぐらいまでは、同じ町内と考えて調査範囲としてしまおう』と考えました。

ただし そのせいで、調査対象がベラボウに増えてしまったのですが…(苦笑)
Commented by ふき at 2016-02-10 22:58 x
■なまさん(2/2)
> 埼玉県の寄居町で調べてみました。 鉢形城公園というのがあって ~
> スカッと広すぎて山が遠いような気がします。一応、街中にビルは見えるんですけど・・・

そうなのです。
「八高線」ぞいの町は、埼玉ということでビルは多いのですが、とにかく近隣の山が低い…

寄居町の南東10キロ、小川町の南に『見晴らしの丘公園』というのがあって、
ここからの景色が少し気になるのですが、やはりここも「町の向こうの山が低い」のです。

そんなふうに調べていくと、埼玉で ある程度の高い山に囲まれた盆地状の町というと、
結局「秩父」あたりしかないんですよね…


> 廃線になってしまった線路は表示されないので、そのチェックが不可能という問題がありますね。

その通りです。

地元のおばちゃんは「駅もあったよ」と言っていますが、
『それが いつ頃か』 については一言も語っていないんですよね。

芦奈野先生は、ヨコハマの世界を「昭和中期ごろの再現」として
描いていらっしゃるところがあるので(横須賀の公園などの例もあります)、
「昭和中期ごろまでに廃線になった町」も、将来的には調査範囲に入れなければならないかも…

とは思っていますが、さすがにそれだと範囲が膨大になりますので、
とりあえず今は、「現存する路線」に限定して調べるようにはしています(苦笑)
Commented by namatee_namatee at 2016-02-11 23:15
>ふきさま
下仁田は重なる山の感じが作中のものに近いですよね。稜線に送電線の鉄塔もありますし。
といって、わたくしが特に調査力にすぐれているわけではなくて、下仁田のその風景は何度か実際にみたことがあるんです。もとより、最初にこの106話の今も生きている町の描写を見て「下仁田じゃないかな?」と思ったのでした。
とりあえず関東平野限定で調べているので、大体は関東平野の周辺部の山地に平野が切り込んだ場所(完全な盆地じゃなくて南側が開けている)と鉄道の路線で見当をつけていますけど、やっぱり最終的には町の眺めがピッタリこないですね。

駅が複数あるような大きな町だとビルもあるんですけど山が遠い。「夕凪の時代」まで町として残っているとすると大きな町の可能性が高いです。でも、そういう町は関東平野では山の麓にはないです。
あるいは「夕凪の時代」以前でも小さな町だったけど、なにか交通の要所などで町として生き残る意味のある場所とか。「夕凪の時代」は人間にとっては各地の移動がし辛い印象があるので(徒歩での移動とか食糧や水の確保とか)、遠隔地を結ぶ起点として、現代の感覚では重要と思われない場所にある小さい町が生き残っている可能性があるのではないか、などと。
そういった視点で、新潟方面への行き来の関東側の終点の渋川とか沼田、長野方面への同様な場所の高崎、安中、藤岡、富岡、下仁田、甲府方面への終点の青梅、武蔵五日市などを調べていますけど、まだこれはというところには巡り合っておりません。

この町の描写の感じだと比較的狭いエリアにいろいろ固まっているようなので、どちらかというともともと小さい町のように感じます。そうなると、小さいエリアに大きなビルがあるとなると、ふきさんがおっしゃるように商業ビルではなくてホテルなどの可能性が高いですね。
となると越後湯沢とか下呂・・・アヤセの行動範囲として、越後湯沢は有りですけど下呂は遠いような気がしますね。(汗

廃線はわたくしも棚上げにしようと思います。「元桟橋」の時は霞ヶ浦の水運の歴史について調べる羽目になりましたので(あれはあれで有意義でした。まさか外輪船が就航していたとは)。さすがに関東全域の廃線と駅のあった場所を調べるのは無理です。w
Commented by ふき at 2016-02-12 09:35 x
■なまさん(1/2)
> わたくしが特に調査力にすぐれているわけではなくて、
> 下仁田のその風景は何度か実際にみたことがあるんです

まさに、「そういう視点」の情報を求めておりました。(^^

僕のように、漫画内の情報だけから現地を逆算するのではなく、
「前に実際に見た、あの場所の風景が似ていたような…」という、
ご本人の実体験からくる情報を…


> 駅が複数あるような大きな町だとビルもあるんですけど山が遠い

そうなのです。
小さな盆地になると、町の規模が小さいのでビルや駅が無い…

逆にビルのあるような盆地になると、町の規模が大きいので、当然 盆地も広く、
山までの距離が開きすぎて、せっかくの近隣の高山も地平線スレスレまで縮んでしまい、
漫画と雰囲気が異なってしまうんですよね。

(Jさんの主張している「甲府盆地」は、まさにこれに該当します)
Commented by ふき at 2016-02-12 09:35 x
■なまさん(2/2)
> 新潟方面への行き来の関東側の終点の渋川とか沼田、
> 長野方面への同様な場所の高崎、安中、藤岡、富岡、下仁田、
> 甲府方面への終点の青梅、武蔵五日市など

ありがとうございます。(^^
自分の調査記録(Excelでまとめています)を見ると、以下のようになっておりました。
ほぼ、なまさんと同じ感想です。(★マークは、気になる町です)

・渋川 … 「JR吾妻線」ぞいの町として調査。 吾妻線は山あいを走るが、ビルが見当たらない。
★沼田 … いくつか気になるポイントあり。 要 継続調査。
・高崎 … 盆地が広すぎる。
・安中 … 「JR信越本線(高崎~横川間)」ぞいの町として調査。 周りの山が低く、ビルも無い。
・藤岡 … 「JR八高線」ぞいの町として調査。 山までの距離がありすぎる。
・富岡 … 山あいにあるが、山までの距離がやや遠い。
・青梅 … 「JR青梅線」ぞいの町として調査。 青梅線は山あいを走るが、平地がせますぎる。

「武蔵五日市」だけは、20年ほど前に実際に訪れたことがあるのですが、
周りの山が低かったように記憶していおり、調査から外しておりました。
(今、ストリートビューで少し歩いて見たのですが、やはり低いようですね…)


> アヤセの行動範囲として、越後湯沢は有りですけど下呂は遠いような気がしますね。(汗

いえいえ。 自分、あえてその観念を捨てて、
四国、九州、東北、北海道まで足を延ばしております。

(それで、2年近くもかかってしまっているのです(笑)
 もちろん、全ての町や路線をチェックし終わっているわけではありませんが)

最近では、和歌山県の「橋本市」の北部、南海高野線「林間田園都市」駅の
あたりの風景に、ちょっとドキリとさせられたりしました。

谷間の、それほど大きくない町なのですが、ベッドタウンのようで、
結構大きなビル(マンション)が建っているのです。

(ただ ここは、付近の山があまり高くなかったので、ボツ(?)にしましたが)
Commented by namatee_namatee at 2016-02-12 22:38
>ふきさま
調査がなかなか進まないでいると、それらしき場所を見つけた時にこれだ!と思って、それでも一応は反証をあげてみたりもするんですけど、やっぱり苦しい調査を続けるのは嫌で、確定できる証拠がなくても見つけた場所が正しいと思い込みたくなる、どうせ架空の物語だし言い張ってしまえばそれまで、と考えちゃう、その気持ちはよくわかります。w
でも、そこで妥協してしまうとずっと嘘をつき続けなければならなくなりますから、そっちの方がむしろ心苦しいと思いますね。

和歌山県の方まで調べているとは。(汗
平地のどん詰まりで川があって、という地形は無数にあるのでキリがないですね。
わたくしはもうしばらく関東地方の調査を続けていきます。なにかありましたら報告致します。
Commented by ふき at 2016-02-13 07:21 x
■なまさん
> そこで妥協してしまうとずっと嘘をつき続けなければならなくなりますから

他人にも、自分にも、ウソをつくことになってしまいますものね。
そんなふうには なりたくないものです。

いろいろと面倒なこの世の中、せめて趣味の中では、
「良い意味で自分を曲げない」生き方をしたいものです。(^^


> わたくしはもうしばらく関東地方の調査を続けていきます。
> なにかありましたら報告致します。

はい、よろしくお願いをいたします。<(_ _)>

お時間のあるときでかまいませんので、
なにかピンと感じるものがある場所を発見されたときは、
ぜひご連絡くださいね。(^^
Commented by namatee_namatee at 2016-02-13 15:33
>ふきさま
「ヨコハマ買い出し紀行」は確かに「架空のお話」ですけど、「たかが」と「されど」、どっちにしても、心苦しい思いまでして成果を得る必要はないかなと思います。人それぞれの考え方だとは思いますけど。(汗

現在「艦これ」のイベント真っ最中のため、調査は一時休止となっております。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 開戦直前 うぎゃー >>