とりあえず

c0019089_2171641.jpg

VFC SPR Mk.12 Mod 1を復活させているところです。とりあえず、初速調整は終わりました。
やっぱりスプリングでは調整しきれず。475mmというバレル長がネックなんですよね。カットして短くすれば良いと思うかもしれませんけど、アウターバレルの先端にスリーブがあって、そこでインナーバレルを支えるという変なしくみで、バレル長の範囲は425-475mmの間にしかできないんですよ。425mmより短いバレルはアウターバレル先端のスリーブに届きません。そうなるとアウターバレル内径はインナーバレル外形よりずっと大きいので、アウターバレル内部でインナーバレルが斜めになってしまい、先端部のスリーブにBB弾が当たってしまうという。
バレル長50mmの範囲では初速調整は難しいのでした。大体がばっちり決まったメカボとチャンバーのセッティングの時って、ちょっとやそっとバレルを短くしても初速は下がりませんよ。100mm単位ぐらいで切ってやっと2-3m/s下がるとかそんなもんです。
経験から言って、シリンダー容量とバネの強さとバレルの長さ、あと気密の関係は、ある最適な比率みたいなのがあって、そこにはまるとすごく調子よく撃てる鉄砲になるようです。問題はそのときのパワーが適切かどうかなんですよね。(汗

このMk.12は調整前はHopオフ時で88m/s(0.25gBB弾)でした。違法ではありませんけど、気温の関係や弾の種類によってはフィールドのレギュレーションを通らない可能性がありまして。せっかく持って行ったのに、弾速チェックが通らないとか嫌ですからね。w

今回はチャンバー周りに小細工をして初速を下げました。バレルとチャンバーの間にわずかに隙間を作って意図的に気密を悪くしました。邪道といえば邪道。どうしても長いバレルを使わざるをえず、一定以上のパワーのスプリングを使いたいとなると他に方法がありません。orz
これでHopオフ時で84m/s、適正Hopで80m/sとまあ安心なパワーになりました。バレルはごく普通の真鍮製のもの。長さは475mm目一杯です。弾道はまずまず素直でした。変なフライヤーも出ないし、とりあえずこれで行ってみましょう。

図はスコープで悩んでいるところ。サバゲでの使いやすさからいうとショートスコープ一択です。ただし見た目の格好よさなら、図の一番上のみたいな巨大スコープは最高なんですよね。そうはいっても3-12xとかでは、ゲームでは使いづらい。ボルトアクションライフルなら使いこなせるかもしれませんけど、電動ガンはボルトアクションとは違う使い方ですからねぇ。
今載っているSURE HIT 1420IRは倍率や大きさ重さに文句はないんですけど、アイリリーフや視野の狭さとか、ちょっと使いづらい。なので、真ん中のTrijicon TR24Gにしましょう・・・でもこれをMk.12に使うとHK417のスコープが(ry
TR24をもう一個買うか・・・無茶言うな。w
by namatee_namatee | 2016-01-14 21:48 | survival game | Comments(2)
Commented by LEO at 2016-01-15 00:25 x
GWにはソレで北へ出撃ですねw。
Commented by namatee_namatee at 2016-01-15 15:35
>LEOさま
そこまで詰められれば良いんですけど。電動ガンは調整に時間が掛かりすぎですよ。orz
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ケミカルチューン 大草原 >>