黒い

c0019089_20283362.jpg

昨日に引き続いてSIGMA DN 30mm F2.8で撮ったどうしようもない写真。

このレンズ、SONYのEマウントとマイクロフォーサーズの共用だそうで。もちろんマウントは違いますけど、レンズそのものは共通ですって。それがコストダウンに一役かっているというわけですか。なるほど。
マイクロフォーサーズはSONY Eマウントよりセンサーが小さいので、レンズも周辺部は使わないことになって、その分、画質にも有利とのこと。うまくできてますなぁ。
写りはこの通り。これまた昨日述べた通り、くっきりかっちりと普通に写ります。換算60mmということで、視界を切り取る感じがあって、これはこれでなかなか趣がありますね。早く明るいところで何か撮ってみたいです。(汗

写っているのは今更ですけど、東京マルイ製の89式小銃とそのマガジン、あとKJW P-09とマガジン2個。
今まで特に意識してきませんでしたけど、89式のマガジンって専用品なんですね。マルイ準拠のSTANAGマガジンは89式につかえますけど、89式のマガジンはAR-15の類には使えないという。
89式のマガジンはダミーカートが見えてリアル。あと装弾数も420発(多弾マグ)と普通のマガジンより多め。89式に専用マガジンだと、マグウェルみたいな部分の上の窓がマガジンでちゃんとふさがりますけど、普通のSTANAGマガジンだとここに隙間が空いてしまいます。使えなくはないですけど、微妙に格好悪いかな。

89式本体は、先日問題にしました通り、HOPの効きが弱めで飛距離が出ない傾向があります。おそらくはHOPの押しゴムを硬いのにするとか、HOPを押し込むアームを嵩上げするとかで対処は可能なはず。わたくしはライラクス製のHOPチャンバーストライクアームというものを装着。前述の嵩上げでもよかったんですけど、せっかく専用パーツが出ているわけですから、それを使ってみることに。普段、そういうパーツが出ているメジャーな鉄砲なんて使いませんから、あるということが嬉しいのでした。w
でもパーツ組んでからまだ外で撃って無(ry

見ての通り、レールもライラクス製のフラットトップレイルというものにしてあります。純正レールはリアサイトが残りますけど、これはM4みたいに完全にフラットで格好良い。取り付けはやや面倒かな。アッパーレシーバーを外さないといけません。全く難しくはないけど、買ったばっかりの鉄砲をいきなり分解するのはちょっとドキドキしますよ。
いやしかし、89式小銃ってAR-18に似てますね。機構は違うし、直接の関係はないらしいんですけど、イメージはよく似てます。
エアガンとしてはちょっと重いけど、長からず短からずで剛性は高いし、前述のHOPの問題が解決すれば集弾性能は優秀なので活躍しそう。

KJW P-09はスペアマガジンを買いました。本体購入時には在庫がなかったのが、先日確認してみたら入荷していたので。新しく来たマガジン、オリジナルのマガジンとは表面の仕上げが違います。写真でわかるかなー。
下のつや消しっぽいのが新しい方です。で、オリジナルはバルブに癖があって、ガスの注入が難しかったんですけど、この新しい方のマガジンはまともでした。改良されているのかもしれませんね。もう一本ぐらい買っておこうかな。
by namatee_namatee | 2015-12-17 21:05 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新展開 お買い得 >>