Final!

c0019089_20525072.jpg

本日は「椎名へきるマンスリーアコースティックライブ-毎月へきってやっちゃうぞ-」の最後、当初は予定になかった、いわば追加公演とでもいうべき、第5回目のライブでございました。
ごいっしょいただいたスピンマン。さま&フラフープさま、大変お世話になりました。また、フラフープさんにはチケットの件でご配慮いただき、ありがとうございました。

本日は泊まりです。新宿のアパホテルに宿泊。ホテル側の都合でシングルからツインにアップグレードされて、得した気分。w
そういうわけで、あまり細かいことを書けませんので、詳細は後ほど。
まあなんていうか、やっぱり激しいのは最後の方に持ってくるんだなぁ、と。w
あと、つくづく思うのは、個人的には椎名さんはアコースティックで良いんじゃないかなどと。その分、のんびりと定期的に長くライブを続けてくれたほうが嬉しいなぁ、と。

12/7追記:
とりあえずセットリストを。いつものようにupしてくださる方に感謝。
わたくしの隣でメモ帳に何か書いている人がいらっしゃったので、ああいう方がupしてくださっているんだろうなぁ、と。

M1. ガールフレンド
M2. 月とライ麦
M3. wonderful days (X'mas ver)
M4. ラブラブでいこう (X'mas ver)
M5. Love Graduation
M6. 粉雪
M7. 星空のシャワー
M8. 1番星 ~君のいない夜に~
M9. 幻想の雪
M10. セ・ツ・ナ
M11. いざ!You Can
M12. KIRA☆KIRA☆Party Girl!!
M13. レスキューミー(KIRA☆MIX)
M14. 恋のリズム
M15. ラブ・ジェット・コースター
M16. 電撃ジャップ

今回は夜の部しか当選しなかったのですけど、上述の通り、フラフープさんにチケットを融通していただいて、昼・夜両方に参加できました。ありがたや。
セットリストは昼夜ともに共通ですけど、夜の部にはゲストがいらっしゃいまして、その方は先日の「見たいラジオ」にもゲストとして出演されていた植松陽介さん。なので夜の部は植松さんの「今なんつったか分かんなかったからもう一回言って」という曲が最初に入ります。この曲、タイトルの印象とは異なる、とても大人っぽいんですけど、やっぱりちょっとコミカルな曲で不思議な感じ。タイトル通り、女性とお酒を飲みながら話していて相手が何言ったかわからないというシチュエーションなんですけど、実際に歌の中でそういうセリフがあります。今回はライブですので、そのセリフは当然ながら椎名さんが言います。これが「へきるへき(ry」と、本当に何言っているのかわからなくて笑いました。さすがに上手だなぁと。

他に夜の部のエピソードとしては、「ラブ・ジェット・コースター」の歌詞を盛大に飛ばしました。 w
まあ、観客がすかさずフォローしちゃうんですけど。

あれって直前のMCで椎名さん以外の全員(バンドメンバーはもちろん観客も)がとあるネタ(サンタとトナカイのry)で盛り上がったのに、ネタの発信元の椎名さんは何のことやらよくわからずにモヤモヤして集中力が切れ気味とかだったのが原因なのかなぁ、などと。何となく昼の部に比べて「恋のリズム」「ラブ・ジェット・コースター」ともに切れ味が鈍かったかなという印象がありました。
もっとも最後の「電撃ジャップ」ではすっかり持ち直した感がありまして・・・っていうか、アコースティックライブで「電撃ジャップ」ってのがもうよくわからないんですけど。w
全体にクリスマス&冬っぽいテーマのライブでした。「粉雪」や「幻想の雪」とか、素晴らしかったですね。
他には以前からライブで聴きたいと思っていた「恋のリズム」がアコースティックとはいえ聴けたのは嬉しい。あと「ラブラブでいこう」が聴けるとは思いませんでした。この曲はラップの部分があるんですけど、アルバムよりずっと上手なんですよ。アルバムのオリジナルverは聴いていてちょっとこそばゆい感じがするんですけど、今回のライブverでは全く堂々としていてとても良かったですなぁ。

そういえば昼の部では椎名さんの「Panzer vor!」が聴けました。これは貴重かも。「ガールズ&パンツァー劇場版」のアフレコの様子もネタになってまして(ものすごい大人数での収録だったそうで)これまた貴重なお話ですね。例によって絵はないのだそうで。椎名さんはまだ観ていないとのことで、自分が演じた蝶野教官がどういう感じで出てくるのかわからないと言っておりました。w

8月からのアコースティックライブを通しての感想としては、これだけ多彩な楽曲を繰り出せるというのは大したもんだと思います。全部、椎名さんの楽曲でカバーとかないんですからね。そしてもともとがアコースティックでもなんでもない、むしろ正反対なスタイルの楽曲も多いのに、これだけ違和感なく、それどころか椎名さんの歌声の美しさやバンドメンバーの技術の凄さを改めて実感させて、なお綺麗にまとめたのも大したもんだと思います。そういう意味での音楽性の高さは間違いなくありますね。>椎名さんとバンドメンバー&スタッフ

図は何かと申しますと、今回から導入されたクロークの引き換え札。おそらくカウントダウンライブでの運用のための先行実験なのだと思います。ぎゅう詰めが予想されるので荷物を持って入ることができないカウントダウンで、コインロッカーがないというのをどうやって打開するかということで、荷物を預かるクロークという仕組みを導入しようとしているのでしょう。
12時過ぎにスピンマン。さんと物販に行った時にその存在に初めて気がつきました。もう5回目なので物販に並ぶ人も少なく、クロークの存在も知られてなかったのか、なんとわたくしが最初の利用者でした。なので札も1番。w
by namatee_namatee | 2015-12-06 21:06 | music | Comments(4)
Commented by フラフープ at 2015-12-06 21:49 x
>namateeさん、スピンマン。さん
お疲れさまでした。久しぶりにお話ができ、大変楽しかったです。
意外性のあるラインナップでしたね。特に、ガールフレンドをライブで聞く機会が訪れるとは、全く思いませんでした。少し無理しても、行って良かったです。
痛み止めが切れてきた(ToT)。
Commented by josei84827781 at 2015-12-07 07:39
応援お疲れ様でしたw
Commented by namatee_namatee at 2015-12-07 20:15
>フラフープさま
お疲れ様でした。
なんとか座れて良かったですね。アコースティックライブのトリを飾るにふさわしい、素晴らしいセットリストだと思いました。
椎名さんのアーティストとしての底力を改めて実感しました。>合計5回のアコースティックライブ
Commented by namatee_namatee at 2015-12-07 20:15
>joseiさま
結局、全部行く羽目になりました。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 3回目 意外な結末 >>