緊急O/H

c0019089_20335596.jpg

昨日に引き続きサバゲ関連のネタ。

O/H中。
VSR-10「あきつ丸」VerのチャンバーをO/H中であります。下手に触ると元に戻すのが大変なので、できれば触りたくないのですけど、バレル掃除をしていたらクリーニングロッドがチャンバーパッキンに変な触り方をしてしまったようで、持病の弾づまりが発生。PDIのVSR用チャンバー(現行だけ。ウチにもう一個ある旧型では発生しません)のこの弾づまり、一回発生するとチャンバーを分解してパッキンとバレルを刺し直さないと治らないという厄介なもの。稀にクリーニングロッドでそっと撫でるようにパッキンのノズル側を触ってあげると治ることもあるんですけど、今回はダメでした。orz

泣きながら分解してみると、変形したのはHOPパッキンだけでなく、パッキンのノズル側入り口にあるOリングにも傷がついてしまっています。これはいかんということでPDIにリペアキットをオーダー。リペアキットと言ってもほぼOリングしかありませんけど。それでも消耗品がちゃんと供給されているのはありがたいですね。
せっかく分解したんで、ついでに気温が低いこれから用にHOPパッキンをファイアフライの電気クラゲ(甘口)に変更。あと左右分割式のHOPレバーは調整が面倒な割に効果が疑問なので、接着剤で貼り合わせてしまいました。

慎重に組み上げてテストしてみると、少なくとも弾づまりは解消しました。このPDIのチャンバーの良いところは、イモネジでHOPレバーの位置を決めるため、そのイモネジさえいじらなければO/HしてもHOPの位置は元の設定のままということですね。今回はパッキンを変えてしまったので、意味がありませんけど、同じパッキンを使い続けるのなら、また面倒なHOP調整をしなくても済むので助かります。
わたくしの場合、とにかくHOPの調整に手間取るので、この構造だけは評価できますね。>PDIのチャンバー

上のパッキンはついでに買ったもの。昨日ネタにしたKJWのP-09で、HOPパッキンに怪しい噂を察知しましたので念のため。まあハンドガンのHOPパッキンなどさほど差がないような気がしますけど。
ただし、これはこのままではP-09には使えないようです。微妙にサイズが違うらしく、いくらかカットしないとダメらしい。なんでこう言う消耗品をマルイと共通の規格にしないのかと小一時間(ry
使わないときは、余っているVSR-10プロスナのチャンバーにでも転用しましょう。

あとは明るいところで試射してHOPの効きを調整、必要に応じてスコープの調整といったところでしょうか。電動に比べるとエアコキのボルトアクションは工程が少ないですねぇ。でも極めて慎重に組まないと精度が出ないので、そういう意味での手間はかかります。
暇つぶしには最適ですね。w>ボルトアクションライフルのO/H
by namatee_namatee | 2015-12-02 21:19 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 徒然なるままに 何年ぶりだろ? >>