なま家史上初!

c0019089_22382342.jpg

本日はお休み。特に何かするわけでなし、穏やかな休日でございました。

というわけで、ガールズ&パンツァー劇場版を観てまいりました。
2回目でございます。生まれてこのかた同じ作品を映画館で2回観たことはありません。異常事態であります。w
妙に惹かれるところがあるんですよね。前回も書いた通り、お話としては荒唐無稽でリアルでも何でもないんですけど、細かいところが凝っているというか、思い入れを感じるんですよね。
例えば最後のシーンでサンダースのC-5のコックピットが外から映るシーンとか。ダッシュボード?飛行機の場合はなんていうんだろ?風防ガラスとメーターパネルの間、車でいうとダッシュボードの上にお菓子の袋とかが乱雑に置いてあるところとか、いかにもアメリカっぽくて良いなぁと。あとは黒森峰のツェッペリン飛行船のキャビンの描写が背筋が凍るほど正確なこととか。

椎名さんのファンとしてはやっぱり蝶野教官が凛々しくて良い役なのも高評価です。携帯電話がスマホなのがなんとも皮肉な感じですけど。w
いやしかし、蝶野教官は明らかに防衛省の代表として文科省に釘をさす役目ですね。戦車道をめぐって防衛省と文科省で主導権争いしているようで、それをうまく利用して大洗女子学園の助っ人みたいな。暗躍している感じがあって面白い。
戦車道連盟の理事長みたいな人がいかにもなおっさんなのも笑えます。ああいうおっさんになりたいんですよ、わたくし。w
あとは・・・島田流は面目丸つぶれなんてもんじゃないんじゃないかと他人事ながら心配になります。(汗

図は例によって貰った色紙。前回と同じでした。今回はカードみたいなのも貰いました。やっぱりT-34は格好良いなぁ。
by namatee_namatee | 2015-11-28 23:18 | diary? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< なんとかスペシャルの夢 微妙に悪い気が。 >>