この世界は陰謀で出来ている by ブックマン

c0019089_20213748.jpg

アルマかわいいよアルマ。
グランドジャンプという雑誌に連載中の「エクス アーム」という作品があります。詳細はこちらをどうぞ。
この作品に「アルマ」という女性型のアンドロイド、つまりガイノイドが出てまいります。警察に所属し、人間の警官のサポートをするのが役目のようで、お堅い無表情な感じなんですけど、その割にはやけに露出の多い服装だったりする。もちろん美女。w
あくまで人間に従い、人間の繊細な機知のようなものについては理屈では理解するものの、本質的な理解はできないみたいな、ちょっともどかしい感じがたまりません。アルマかわいいよアルマ。

こういう見た目が魅力的なのに無表情で不器用な女の子って、男の子はみんなころっといきますよね。w
例えば「からくりサーカス」の最初の頃の「しろがね(エレオノール)」とか。とても有能で強くて美しいけど、無愛想で人の気持ちがわかりそうにない。で、強いんだけどどこか脆いところがあって、見ているとドキドキするみたいな。余談ですけど「からくりサーカス」は加藤鳴海が片腕なくして居なくなっちゃったところで終わりにしておけばよかったのにと思います。後になるにしたがってその「しろがね」がどんどん化け物みたいになっちゃうんですもの。
あるいは「ヱヴァンゲリヲン」の綾波レイとか。こちらは全く詳しくないのですけれど、おそらく同じようなキャラだと思います。
あとわたくしの知っている範囲ではエドマンド・クーパーの古典的なSF、「アンドロイド」のマリオンAとか。マリオンはほとんどアルマと同じだな。多分、「エクス アーム」の今後の展開もマリオンと同じような感じになりそう。ネタバレになっちゃうのでこれ以上は書けませんけど。

で、アルマ。ペアになる人間の警官がいるんですけど、それが美波だったかな、女性警官です。アルマと美波はお互いを相棒としてことにあたる。・・・ここまで書いてきてなんなんですけど、「エクス アーム」の主人公は別にいます。w
「アキラ」だったかな。とある事情で脳だけの存在になっちゃった高校生。これが脳だけということもあってか物凄い情報処理能力があって、それが「エクス アーム」の一種・・・やっぱりネタバレなので書きづらいですなぁ。
まあ「アキラ」は脳だけなので、自力で動くことができないわけです。なので、必要に応じてアルマの中に入る。様々な事情で好き勝手にアルマに出たり入ったり、あるいは「エクス アーム」としての能力を発揮することはできず、その許可というかキーというか、スイッチみたいなのが美波とアルマがキスをして、アルマが美波のDNAを確認すると許可が下りる・・・だったかな。

さて、キスによって何かことが起きるといえば、ここにいらっしゃる方はすぐに気がつくはず。
そうです、「ヨコハマ買い出し紀行」の「おてもと便」ですよ。配達するロボットの人と受け取るロボットの人で口づけを交わすことで、メッセージのやり取りをするという。このネタに持って行きたくて「エクス アーム」とかアルマとか長々と引っ張り出してきたわけです。w

すでに何度もネタにして、何度も謎解きに挫折しておりますね。>おてもと便
最近のエントリーとレスでいくつか興味深い考察をいただきましたので、エントリーにしておこうと思いまして。

まず第一に「おてもと便」のロボットの人同士がキス(舌と舌を接触させる)によって、情報の受け渡しをすることの必然性について。w
uwabaminoago氏、わたくし他のレスのやり取りの中で、握手やハグでは意図しない時に通信が行われてしまうため、はっきりとお互いに確認と了解が必要な「口づけ」は妥当である、という結論に達しました。あれは芦奈野先生の趣味とかではなく、合理的な理由がある方法だということですね。誰がなんと言おうと妥当なのです。w

次はやり取りするデータについて。初瀬野先生はアルファさんにカメラと一緒にメッセージを送りました。あれはアルファさんが人間のわれわれにもわかるように文字として述べていますけど、実際はオーナーの肉声と映像、雰囲気や匂いも伝えるものだったと。つまり、のちに明らかになるカメラの「写真」と同様なものだったと考えます。
そして人間がロボットの人に伝えるためのメッセージやデータを作成するためにあのカメラが使われるのではないかと思います。ファインダーもなくて人間には使いづらそうなカメラですけど、ロボットの人がその写真を見るときには角度も変えることができるそうですし、使われているのはロボットの人の目と同じものだそうなので、人間の目なんかよりもずっと高性能で、構図なんかお構いなしに被写体の方に大体の勘で向ければ必要十分な情報を取り込んでくれるのではないかと思います。現にファインダーがないと焦っていた辻の茶のオーナー?お兄さんだって、アルファさんとココネのツーショットをとても上手に撮っていたじゃないですか。あれは辻の茶のオーナーが写真が上手いのではなく、カメラがすごいのだ。w
なので、オーナーはあのカメラを使ってアルファさんに送ったメッセージを作成したんだと思います。

そして初瀬野先生の陰謀。w
アルファさんと口づけを交わしたココネには変化が現れました。多分アルファさんが初めての「おてもと便」の配達ではないはず。にもかかわらず、アルファさんのところへ配達したときから後に、アルファタイプの変遷を調べたり、人間らしくあることについて深く考えたりし始めました。
われわれ人間の感覚ですと、誰かに知り合って、その人の考えに触れて、何かを感じたことによって、それからのちの行動に変化が現れたと思いがちですけど、ココネは人間ではありませんからね。ロボットの人なので、必ずしも人間のわれわれと同じように行動するとは限らないのです。
わたくしが思うに、あれはアルファさんから何かが「伝染」したんじゃないかと。伝染したのはA7M2にあってA7M3にはないもの。それが何かは未だ結論に達しておりませんけど、わたくしは「好奇心」のようなものなのではないかと思います。その「好奇心のようなもの」がアルファさんからインストールされることによって、ココネは変化したのだと。

そして、これは初瀬野先生が仕組んだことなのではないかということ。なぜそうしたのか、どうしてそのタイミングでなければならなかったのかはわかりませんけど、初瀬野先生はロボットの人どうしで直接やり取りする「おてもと便」を使って、アルファさんに別のロボットの人を接触させました。そしてココネには変化が現れた。ココネばかりか、「おてもと便」のやり取りをしているマルコやナイにも影響があるように見えます。
マルコは「おてもと便」が未経験だったわけではなさそうで、他の配達人を知っているはずですけど、ココネが気に入ってしまったようです。繰り返しになりますけど、ロボットの人に人間と同じような性欲や恋愛についての感情があるとは限りません。マルコとココネの口づけはいかにもな感じではありますけれども、マルコがココネを気に入ったのは人間的な性欲のせいではなく、そのような何かがココネから「伝染」したのがきっかけだったのかもしれないのです。
話は前後しちゃいますけど、ナイは無愛想で人の面倒を見そうになんて見えませんけど、アルファさんと接触、もしくはマルコからの返信からかもしれませんけど、とにかく繋がりを持ってからは変化があったようで、タカヒロと親しくなって、一緒に仕事をするまでになってます。

初瀬野先生はアルファさんに「おてもと便」を送ることによって、ロボットの人たちに何か変化を起こす引き金を引いたのではないかと思います。前述の通り、なぜそうしたのか、どうしてそのタイミングなのかは不明ですけど、何となく思うに、初瀬野先生はちょっと前から人類滅亡後を担うロボットの人のアップデートのパッチみたいなものを作っていて、それが完成したのでアルファさんからアップデートを始めたのではないか。ネットのない世界ですので、他のロボットの人にパッチと例の好奇心のようなものを適用するのにココネを利用したのではないか・・・と盛り上がってきたところで、もう眠いので、残りは後日ということで。w

図は「エクス アーム」の一コマ。偉そうに書いてますけど、わたくしが読んでいるグランドジャンプはKindleの無料版です。w
黒髪の女の子が美波、左側の小さいコマ3つの上2つと下の大きいコマのショートカットの女の子がアルマです。このシーンではアキラがアルマに入っている状態なので、アルマのセリフはアキラのもの。ややこしいですなぁ。
by namatee_namatee | 2015-11-05 16:51 | book | Comments(41)
Commented by フラフープ at 2015-11-05 23:32 x
これは想像ですが、ロボットの人同士で臓器移植をしても、拒絶反応などは起こらないのでしょうね。そんな(反応が起こるような)仕様にしても仕方ないですから。個体Aと個体Bが神経細胞まで共通なら、A・B間で情報伝達物質を行き来させ、まるで一つの脳であるかのように感覚を共有することも可能でしょう。
問題は、なぜ舌。w

おてもと便が国策会社で、オーナーがしかるべき機関の重要人物なら、その会社を利用してロボットの人用の一大プロジェクトが進行していても、不思議はないですね。アルファさんが三浦半島を離れられるなら、手っ取り早くおてもと便に就職させたかったことでしょうね、オーナーとしては。
Commented by namatee_namatee at 2015-11-06 07:11
>フラフープさま
臓器があるとして、おそらくその点は考慮して設計しますよね。そういう人間に対して洗練されたところがないと「ロボットの人」を生み出す意味が薄いでしょうし。
むしろ、そのような均質な基盤の上にあるロボットの人の多様性をどうやって確保?獲得?するか、の方が問題かもしれません。
個人的な意見ですけど、おっしゃるような感覚の共有については、考慮していない、もしくはあえて避けていると考えます。それをしないことが、あの世界を美しく平和に保つ要点のような気がするんですよ。
均質化されないいろいろな考え方や感じ方がある、というのも芦奈野先生の主張にあるような気がします。

「むさしの運送」が国策会社というのはわたくしの仮説ですからね。念のため。w
これもなんとなくなんですけど、そのように公なプロジェクトじゃないような気がするんですよ。だから「陰謀」と表現しているわけでして。
かつては国なり全人類をあげての開発プロジェクトがあったのは確かだと思いますけど、「夕凪の時代」にはいってからは、それすらも停滞し、リーダーシップをとる機関のようなものも解散したりしてなくなってしまい、「ヨコハマ買い出し紀行」に描かれた時期には、かろうじてかつての研究者の中の有志が何人かが細々と今後を見据えた研究と開発をしているにすぎない状態。
そう言う状態だからこそ「夕凪の時代」なんでしょう。莫大なエネルギーと資金を使って、どんどん構想を進めていくことが、仮に政府や国をもってしてもままならない状況、それが「夕凪の時代」であると。

公の立場から言うと公式でない「フリーソフト」とか、あるいは「ウィルス」みたいな存在かもしれません。>例のアップデータ
なので「伝染」とか「移る」と表現した次第です。
Commented by uwabaminoago at 2015-11-06 09:54 x
>なまさん
どうもどうもw 見事にまとめていただきありがとうございます。
ひとつ思ったのですが、初瀬野先生の陰謀があったとして、それを先生はアルファさんから受け取り伝播させる役目を果たしてココネだけに課したのでしょうか。ご存知のとおり、A7M2はアルファさん以外に他に2機いるわけです。つまり、ほぼ同じ時期に別の場所で同じようなこと(M2からM3へのキスによる伝達)が行われたのではないか?と思うのです。
もしかしたら、他のM2はそれぞれ、東北と関西あたりに配備?されていて各場所から伝播が行われたかもしれませんwそっちの方が効率がよさそうですし。すなわち、アルファさんは関東担当かw

アルマは構造的に表情を変えられないのですか?
Commented by namatee_namatee at 2015-11-06 12:16
>uwabaminoagoさま
マルコがココネに惚れるあたり、ナイがタカヒロの世話を焼くようになるあたり、ここら辺に必然性とアップデーターの関連性が薄く、ちょっと穴かなと思います。w

A7M2のほかの2人については、なんとも言えない部分が大きいので本文では触れませんでしたけど、おっしゃるようなことでわたくしも同感です。
東北、関西にいる残りの2人も名前は「アルファ」で同じ、でも見た目はそれぞれ特徴的タイプの違う魅力的な女性だったりして。そして全員のオーナーは初瀬野先生とか。初瀬野先生は「初瀬野アルファ」だけのオーナーじゃなかった!とか、スキャンダラスな話に発展すると面白(ry

>アルマ
彼女は人間にできることは事実上なんでもできます。SEXも可能です。どうも各種超高感度センサー搭載だそうで、中に入ったアキラによると(ry
ただ、表情を変える意味が分からないというか必然性を感じないみたいですね。前述の通り、アキラが入った状態だと普通に表情は変わります。
Commented by uwabaminoago at 2015-11-06 18:07 x
>なまさん
仮に、アルファさん→ココネの伝播が無かった場合、ココネとマルコ、ナイとタカヒロの関係はまた別だった、ということになるのでしょうか?

さすがに、それはどうでしょう?w>すべてのM2オーナーは初瀬野先生説
なんとなく、研究所で適した者に託されたような気がしますが。>M2
そうだとすると、他のM2オーナーも同じ時期に旅に出た可能性が高いといえそうです。
初瀬野アルファさん本人は「みんなからアルファさんと呼ばれていた。」といってますけど、これが研究所でのことだとすると、他の2人と紛らわしくなりそうにも思います。となると、この場合のみんなって誰なんだ?なぞがなぞをつくっていきますwいつものことですけどw

一応、精神的な意味での彼女はいるんですよね?>アルマ
Commented by namatee_namatee at 2015-11-06 19:23
>uwabaminoagoさま
それはこの理屈をどこまで押し通すかにかかっています。w
ストーリーの展開上の都合もありますので、ココネ・マルコ・ナイの関係が変わったかどうかについて簡単に結論付けるのは難しいです。
でも、理屈としてはそのような流れになると思います。アルファさんとココネが出会ったところからストーリーのその後長く続くロボットの人は何なのかというテーマが始まるのは確かですし。それを読んでいるわたくしたちはアルファさんやココネがあまりに人間っぽいので、人間と同じように互いを知ることで変化したのだと思いがちですけど、実際はロボットの人で、初瀬野先生の陰謀wがあってのあの展開だったとする説ですね。

アルファさんが3人については冗談です。w
これも京極先生のネタなんですけど、脳髄屋敷というのがありまして、右脳左脳それぞれに正妻と妾が・・・ネタバレなので書けません。w

>アルマ
話しかければアルマとして答えますね。基本的にやれと命じられたことを忠実に行うんですけど、ちょっとだけ進化していてある程度は命令の拡大解釈を行いますし、人間ぽい面もあります。そこら辺の展開が今後のテーマになりそうなんです。>エクスアーム
Commented by フラフープ at 2015-11-06 20:23 x
ロボットの人の多様性は重要ですし、それを否定する意図はありません。「感覚の共有」とは均質化のことではなく、同じデータを共有して「同じ『景色』を認識できること」という意味で言いました。
ロボットの人同士なら、物理的接触によってデータを送ることはできても不思議ではありませんが、接触箇所が「舌」である必要性はあるのか?という。w
Commented by namatee_namatee at 2015-11-06 20:57
>フラフープさま
無理もありませんけど「おてもと便」は口づけに目がいっちゃってますけど、手も握り合っているんですよね。舌はアルマと美波と同じように、DNA情報をやり取りしてネゴシエーションするためで、実はデータのやり取りは手の方でしているという仮説を・・・今、これを書きながら思いつきました。w

他にやり方として何があるのかというところから考えてみてはいかがでしょう。手を握り合っただけでは、握手したときでも通信が始まってしまうかもしれないので、それを悪用する輩がいないとも限りません。手を握ってクラッキングされちゃったらたまりません。w
ハグも同様。性器と性器を・・・意外にいけそうですけど(性器だけに)あまりに品がないでしょう。となると口づけというのはなかなか良い落とし所のような気がします。
Commented by uwabaminoago at 2015-11-09 09:35 x
>なまさん
そう言われればそうかw
あくまで、今回、提唱した説だと作品内の人物関係は大きく変わっていた可能性が高そうですね。

そういう話、例の高橋葉介先生の作品でありそうです。>京極先生の作品

人型ロボット系マンガはロボットの精神性が作者の一つの腕の見せ所になっていることが多い気がします。
Commented by namatee_namatee at 2015-11-09 12:37
>uwabaminoagoさま
人物の関わり合いを描いた作品と見せかけておいて、実はロボットらしくソフトウェアが発端だったという。
いやいや、実際にはソフトウェアはなにかの制限を解くきっかけに過ぎず、そこから先の変化は人間の予測しうるところではなく、アルファさんやココネの精神的な成長の物語としておきたいです。w

たぶんイメージが違うと思いますけど、確かに高橋先生の作品にも出てきそう。>脳髄屋敷
右脳と左脳が西にあるのか東にあるのかが問題でして・・・ネタバレのため、ここまでです。w

この手では「バーチャルガール」という作品も参考にするために読みました。が、最後まで読んだ記憶がありません。(汗
どうにも勉強不足で、もっと前からこの手の研究をしておけばよかったと後悔してます。w
Commented by uwabaminoago at 2015-11-09 15:54 x
>なまさん
まぁ、そうは言っても、まわりの人との交流がなければ発展しなかった面もあるとおもいますよ。>ロボットの人
ですから、どちらの面もあるんじゃないでしょうか。

右脳と左脳が西か東?どういうことでしょう?気になりますw
私が読まないといけんですねw

ドラマですか?>バーチャルガール
Commented by namatee_namatee at 2015-11-09 17:03
>uwabaminoagoさま
もちろん、陰謀のアップデータ(ウイルス?)はきっかけに過ぎないと思います。キッカケから先は、アルファさんやココネの個性と能力のお話ですね。

右脳左脳の話は物語の核心中の核心なので、これ以上は・・・ぜひ「狂骨の夢」をお読みください。
わたくしがこの地上でもっとも会いたいと思う女性、朱美さんが出てまいります。おっと、この「朱美」という名前すらネタバレ。w

「バーチャルガール」はエイミー・トムスンさんの小説です。「マギー」というガイノイドが出てくるんですけど、これがPCそのもので、いきなり外に出したりすると情報を処理しきれずにフリーズしちゃうという。あらすじはネットで検索すると出てきます。一例としてこちらとか。↓
http://www.geocities.jp/mikeshimizu2004/sfselect100/sfr-virtuagal.html
Commented by フラフープ at 2015-11-10 01:01 x
いつか再読したいとは本当に思ってるんですよ。でもあの「弁当箱」を見るにつけ、もう少しライトな小説に手が伸びてしまいます。w>京極堂
Commented by namatee_namatee at 2015-11-10 08:06
>フラフープさま
通しで読もうとするからじゃないですか。一回は通して読むのは当然ですけど、わたくしは、ところどころ気に入った箇所を繰り返し読むって感じですよ。
Commented by uwabaminoago at 2015-11-10 16:50 x
>なまさん
それはそうですね。>きっかけ
そこがロボットの人のすごいところなわけですが。

逗子が舞台なんですね。マンガ版もあるとか。>狂骨の夢

あっ、小説の方ですか。>バーチャルガール
ヨコハマとはまた別テイストっぽいですね。アンドロイドの作品における定義ってやっぱり人それぞれみたいですね。





Commented by namatee_namatee at 2015-11-10 19:56
>uwabaminoagoさま
漫画版もオススメですけど、やっぱり原作から入ったほうが・・・あの圧倒的な文章量が病みつきになります。w
キリスト教と仏教と神道の三つ巴です。

バーチャルガールは確か1993年ごろの作品で、当時それなりに話題になっていたように見受けられます。芦奈野先生も知っていたと思います。前述の通り、わたくしが知ったのは「ヨコハマ買い出し紀行」の影響で、しかも読んでからだいぶ時間が経ってしまって、最後まで読んだかどうかも怪しいです。記憶によるとマギーはPCみたいななんですけど、ちゃんと進歩・成長していくのが面白かったです。これもお勧めですね。

エドマンド・クーパーの「アンドロイド」はもっと直接的に「ヨコハマ買い出し紀行」につながりがありそうな作品で、何と言ってもとある理由で人間があまりいない世界ですから。わたくしの「ヨコハマ買い出し紀行」観に影響あるかもしれません。
Commented by フラフープ at 2015-11-10 21:38 x
文庫が「弁当箱」なら、漫画は「柱」では?w

漫画なら気に入ったところを拾い読みできるのに、小説ではできないんですよ。不思議だな。>自分
Commented by namatee_namatee at 2015-11-10 22:30
>フラフープさま
漫画版は「狂骨の夢」で5冊だったか。結構な分量ですけど、読みやすいですから負担は少ないですね。

全体を一回でも通して読めば、あとは拾い読みは平気ですね。>わたくし
拾い読みのはずが気がつくとずっと読んでたりしますけど。w
Commented by uwabaminoago at 2015-11-11 08:37 x
>なまさん
けっこうあるんですね。>アンドロイド系書籍
それだけ、作者を魅了してきたというより、現実に起こりえそうなことだからでしょうか。
今、ロボットに東大の試験問題を解かせて合格させる、というプロジェクトが同大学で進行中なんだそうです。アンドロイドではなく、コンピュータプログラムなんだそうですが、簡単な問題から少しずつレベルを上げていっているということです。今は、明治大学やら青山学院やらの問題を解ける段階にたっしているそうです。やはり、進化はするんですね。ロボットも。ただ、心とかそういう面がどうなるのか?そこが一番気になります。
Commented by namatee_namatee at 2015-11-11 19:26
>uwabaminoagoさま
そりゃあ人類の永遠の夢ですから。>アンドロイド
「イノセンス」でも「人は何故、古来より人形を作り続けてきたのか」がテーマになってました。人類は必ずアンドロイドを造ると思いますよ。問題はそれまでわたくしが生きているかどうかです。

わたくしは晩年を殿田大佐みたいにお気に入りのセクサロイドをはべらせて過ごしたいんです。w
Commented by uwabaminoago at 2015-11-12 09:26 x
>なまさん
日々、進歩はしてるみたいなんですよね。>アンドロイド
でも、まだまだやっぱり不自然な感じがします。(何様だよw)
神奈川に「さがみ産業ロボット特区」ってのがありましてロボット開発にはけっこう力を入れているみたいです。でも、マスコットキャラがアトムなんですよ。手塚作品も好きですけど、ここはやっぱアルファさんでしょ、と個人的に思いますw
Commented by namatee_namatee at 2015-11-12 12:19
>uwabaminoagoさま
「最近少し気楽になる方法を見つけました あまり気楽になろうとしないことです」このレベルにロボットもしくはアンドロイドが到達するのがいつのことか、まだまだ時間はかかりそうですね。w

アルファさんだとファンは狂喜するかもしれませんけど、多くの人が取り残されるような気がします。w>マスコットキャラ
むしろ「ミサゴ」をマスコットにして、クレーマーと対決・・・
Commented by フラフープ at 2015-11-12 12:48 x
ドラえもんも良いですよね。>マスコット
アトム、アルファさん、ドラえもん・・開発されるとして、一番現実的なのはアルファさんでしょうか。ポケット無しなら、ドラえもんの方が簡単かな。
Commented by uwabaminoago at 2015-11-12 16:16 x
>なまさん
おじさんは「わしにはときどきアルファさんが本当の人間なんじゃないかと思えてくる。」と言ってますが、それは私も同感です。たまに、彼女たちがロボットである、という設定を忘れてしまいますw それだけ人間に近い面があるわけですね。
ただ、ファンとしてはロボットにしてくれたのはありがたいです。>ヨコハマ
現実になる可能性も捨てきれませんからw

いかんせん、知名度があれですからね。>ヨコハマ
いや、これを機にアルファさんを押し出すことで知名度を上げていただいてだな・・・w
ミサゴは何か履かせれば大丈夫なんでしょうかね。アトムだって裸に近いですよw

>フラフープさん
ドラえもんですか。忘れてました。でもあれは川崎あたりで町おこしに使われてますからねぇw
やっぱり、現実的なのはアルファさんですかね。見た目だけならみんなできそうですけど、10万馬力や四次元ポケットはさすがにw
Commented by namatee_namatee at 2015-11-12 16:23
>フラフープさま
実はわたくし、ドラえもんって読んだことが無いです。w
もちろん断片的には知ってますけど、内容もほとんど知らない。のび太がむちゃくちゃ射撃が上手いというのは知っております。w
まあ四次元ポケットの実用化は難しいでしょうなぁ。

上の方にずらずらと書いているように、人間の形をしたロボット、つまりアンドロイドはそれにかける我々の執念と実現のためにテクノロジーがかなり接近してきていて、おっしゃる通り、その中では最も早く実現できそうです。実現可能ということになると、モラルがーとか言いだす人も出てきそうではありますけれども、おそらく我々の長年の執念はそんなものを振り切って、すぐに実用化してしまうんじゃないかと思います。w

Commented by namatee_namatee at 2015-11-12 18:50
>uwabaminoagoさま
おじさんのその言葉でロボットの人と人間はやっぱり違うということが明白に語られているとも思います。その違いはココネに言わせると雰囲気とか髪の色ということなのでしょうけれども、もちろん、そんなレベルじゃなくて違いがあるはず。あの時点でのココネはそれに思い至ってなかったのだなぁ、などと思う次第です。

人間ですとその人しかいませんけど、ロボットの人ならもしかして同じ個体が作れるかもしれないということですか。それならわたくしも同感で、前に書いたようにわたくしが生きている間に間に合うかどうかだけが問題です。w

素っ裸じゃないミサゴなんて(ry
Commented by フラフープ at 2015-11-12 21:00 x
僕は逆に「鉄腕アトム」の方を断片的にしか知りませぬ。お茶の水博士が作ったんですよね。「ジャングル大帝」や「リボンの騎士」もよく分かりません。
「火の鳥」「ブラックジャック」「アドルフに告ぐ」「ブッダ」は結構読み込んだつもりですけど。w
Commented by namatee_namatee at 2015-11-12 21:18
>フラフープさま
ふふっ、わたくしを釣ろうたってそうはいきません。アトムを作ったのはもちろん天馬博士ですよ。
ちなみに「鉄腕アトム」もその2つの作品もよく知りません。なんせ「鉄腕アトム」は子供の頃に見たっきりですし。
あ、「火の鳥2772」は知ってますね。劇場版アニメも御厨さと美先生の漫画も読みましたよ。オルガという女性型ロボットが出てくるんですけど、これが健気で(ry
よく考えてみたら、アンドロイドとかロボットとか、そういう話は昔から好きなんですね。>自分
Commented by uwabaminoago at 2015-11-13 08:32 x
>なまさん
なんとなくは分かるんですけど、言葉で説明できない何かがありますね。>ロボットの人と人間の違い
作中の人間たちもやっぱり分かってるんだろうなぁ。
その辺りもアルファさんから伝播されたのか、伝播後の成長でわかったことなのか。>ココネのロボットの人と人間の違いの認識
ともかく後々、わかったみたいではありますね。

そうそう、そういうことです。>現実におけるロボットの人
見た目だけなら、アンドロイドでたいていのアニメ&マンガキャラは作れるかもしれません。ですが、最初からロボットという設定の彼女たちならば現実において見ても納得できると思うんです。

どうなんでしょう。うまいぐあいに隠すとか?w>ミサゴ

>なまさん&フラフープさん
手塚作品はブッダとアドルフに告ぐ、リボンの騎士は全部読みました。ブラックジャックと火の鳥は少し。
やっぱりアンドロイドに惹かれる人は多いですね。
Commented by namatee_namatee at 2015-11-13 14:31
>uwabaminoagoさま
描かれていないけど、意外に人との違いが目立つのかもしれませんし。>ロボットの人
前からココネが気にしているぐらいなので、もしかしたら結構独特の雰囲気を持っているのかもしれませんね。

フィギュアとかの制作する人たちのセンスに鑑みるに、ロボットの人の素体みたいなのが出来て、自分で好きにカスタマイズとかになったら、絶対にアルファさんを作る人は出てきますね。断言できます。w
わたくしだったら誰を作るか・・・アルファさんでも椎名さんでもなく、セクシー女優の「つぼみ」です、間違いなし。w
Commented by uwabaminoago at 2015-11-13 17:40 x
>なまさん
ひょっとして「におい」とかでしょうか?>ロボットの人の見分け方
アルファさんの服はいいにおいがするみたいですし。マッキもタカヒロが着ているのがアルファさんの服だとにおいで断定してましたよねw あっ、でもあれはシャンプーのにおいかなんかで分かったのかな。

つどつどネタにされているあの方ですね>つぼみさん
それはどういったご理由で?w
Commented by namatee_namatee at 2015-11-13 20:20
>uwabaminoagoさま
あ、「におい」はありかもしれません。あの時代は化粧品とかもそんなに豊富ではないと思われるので、ロボットの人は化粧品がなくてももともと良い香りがするとかで、なんとなくわかると。
ちなみに、あのアルファさんのスゥエット、つい先日まで某オークションに出品されておりました。初めて見ました。w

>つぼみ嬢
映像で散々見てきた人が目の前にいるというのは、それだけでインパクトがあるものですけれど、それがAVというジャンルなのがさらに衝撃を増します。そして、実際に対面してみると想像以上に可愛いんですよ。w
自然な体の美しさという点では、現代最高の一人だと思います。それでいて、あの世界は整形などはごく普通らしいのですけれど、つぼみ嬢は手付かずだそうです。極端に女優さんの寿命が短いあの世界で10年も現役なのは伊達じゃない。カリスマですね。
あとはブログの記事などから垣間見える性格のようなものも、かなり一途で真面目に見えます。
Commented by uwabaminoago at 2015-11-14 19:42 x
>なまさん
かいでみたいですねw>ロボットの人の香り
いったいどんな理由で手放したんでしょう。私だったら棺桶に入れてもらいますw>アルファさんのスウェット

通常ではまず見られないそういう姿を知っていた上で本人にお会いする、というのは不思議な気持ちになりそうです。
やはり逸材なんでしょうか。>つぼみさん
Commented by namatee_namatee at 2015-11-14 22:11
>uwabaminoagoさま
あのスウェット、わたくしのイメージだと薄いというか淡い色合い(Boat HouseのTシャツみたいな)だと思っていたんですけど、現物は紺色でした。落札価格は2,100円。入札すればよかったかなとも思いますけど、グッズは避けているのでやめておきました。

>つぼみ嬢
前にネタしたのはこちらです。
http://namatee.exblog.jp/23103929/

見た目だけでなく考え方とか覚悟とか、本当に尊敬します。>つぼみ嬢
Commented by シロ(uwbaminoago) at 2015-11-16 08:12 x
>なまさん
あっ、そうなんですか。>スウェットの色
私は白かクリーム色だと思ってました。
2100円なら安いですね。買われてもよかったのにw

こういったイベントがあるのは始めてしりました。
AVというのは充分、芸術作品になりえますね。
それこそ、映画やドラマと同等かそれ以上に感動させられます。
つぼみさんが歌を歌われるのも知りませんでした。
Commented by namatee_namatee at 2015-11-17 07:52
>シロさま
そこに参入すると2,100円じゃすまなくなります。w
場合によっては2万円でも驚きません。(汗

歌上手ですよね。>つぼみ嬢
他にも何曲か持ち歌があるらしいのですけど、残念ながらシングルや配信になってないのです。
感動というか、まあやっていることは同じようなことなんですけどw、やっぱり人間が演技したり作ったりしているものなので、思っているよりはずっと奥が深いものだと感じました。
Commented by シロ(uwbaminoago) at 2015-11-17 16:06 x
>なまさん
あれは買わない、これは買うというのを決めるのはなかなか難しいです。
ヨコハマ以外にも色々と好きなマンガはありますし、ほんとうにキリがないなw

それはもったいないですね。>つぼみさんの歌
付け加えると、ドラマや映画とは感動の方向性が微妙に違うように思います>AV
Commented by namatee_namatee at 2015-11-17 17:03
>シロさま
難しいですね。可能ならば全部欲しいのはヤマヤマですけど、それやっているとお金がいくらあっても足りませんし置き場所も問題・・・わたくしはグッズはよっぽど気になるものに限るようにして、基本的には手を出さないことにしました。同人関連も同様です。インタビューの載っている雑誌とか、描き下ろしのカレンダーなどを中心に集めてます。

>AV
上原亜衣さんが来春に引退されるそうです。(汗
彼女は絶大な人気を誇りますけど、デビューは2011年だそうですので活動期間は5年。これを考えると10年目というつぼみ嬢がどれだけ化け物なのがわかります。w

最近、AVには様式美みたいなものがあるというのに気が付きました。それがあう女優さんと監督の組み合わせもあるというのも。
Commented by シロ(uwbaminoago) at 2015-11-17 18:23 x
>なまさん
そうですね。>グッズ収集
ま、最低でも漫画そのものとサントラCD(アニメ化している場合)だけは入手するようにしていますw

平均してみなさん、何年ぐらいやられるんでしょうね?>AV
中にはかなりご高齢(世間一般で「おばあさん」といわれるレベル)と思われる方が出ているのもありますけど。←私がそういう趣味なわけではありませんよww
Commented by namatee_namatee at 2015-11-17 21:49
>シロさま
単行本は買いますけど、サントラはどうかなぁ。アニメになるとそれはそれで違う作品と感じる場合があって、そういう時は原作の方を重視する傾向ですね。

具体的に何年という情報は見つかりませんでした。>AV女優
ちなみにわたくしが前述の様式美を感じた一人、「中野ありさ」嬢は2011年デビューで2013年引退です。80作ぐらいに出演。
他には成瀬心美さんが2008年デビュー2013年で引退。5年ぐらいが一つの転機なのかもしれませんね。より詳しくは調べてみないとなんとも言えませんけど。っていうか、成瀬心美さんは身長147cmか・・・ありさ嬢は149cmだそうなんですけど、どう見てもありさ嬢の方が小さく見えます。w
こうやってみると椎名さんの身長152cmが大きく感じるから不思議です。ちなみにつぼみ嬢は160cmもあります。ロリ系とか言われている割に実際に会うと背が高くて(むやみに高いという感じはありませんけど)ちょっとびっくりします。

こういうこと書いているとサバゲの時に「なまさんの趣味はそういう女の子ですか、そうですか」とか言われるんですよ。その通りなので何も言い返せませんけど。w
Commented by シロ at 2015-11-21 13:27 x
>なまさん
私は基本的に漫画を読み、アニメ化もしていればもちろんそれも見、で音楽が気にいってサントラを買うというプロセスを踏むことが多いです。幸いなことに、漫画→アニメで期待を裏切られたことは今のところはないですね。

単に身長だけでなく、肉付きの具合やお顔の雰囲気も関係してくるのではないでしょうかね。>AV女優
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 特になにも 極太 >>