悲願

c0019089_19491235.jpg
c0019089_1949216.jpg

「悲願、であります 一佐!!!」・・・SR班かよ。w
なんのネタか知りたい方は高橋慶太郎先生の「ヨルムンガンド」第8巻をお読みになってください。

何が悲願かというと、この図のカレンダー(ポスター)でございます。「ヨコハマ買い出し紀行」に目覚めて3年、ついに手に入れたんですよ。他の年のカレンダーは付属品も含めて全て揃いましたけど(多分)、この2005年のポスター式のカレンダーだけがなかったのでした。
何か理由があるのかもしれませんけど、この2005年のカレンダーは某オークションや駿河屋さんにはほとんど出てきません。っていうか、売りに出ているのを見るのは今回が初めて。
その割にキモいオタクの部屋の典型的な例として引用される画像の背景に写っていたりする。w

それが先日、思いがけず某オークションに出品されましてね。もう手に入らないと思っておりましたので、ちょっとびっくり。
手に入るかもしれないということになれば、わたくしはベストを尽くしますよ。もっとも何かと忙しかったので、終了2時間ぐらい前にドカッと入札して寝ちゃいましたけど。翌朝がむやみに早いのに夜中まで落ちるか落ちないかとか言ってドキドキしてられますかってんだ。w
で、無事落札に成功いたしました。それなりに値は張りますけど、いま手に入れておかないと次はあるかどうかわかりませんので。それでも予想よりは安かったですよ。3万円じゃ危ないかと思ってましたからね。・・・10年前のカレンダーに何をしているのかと、我ながら(ry

見ての通り、芦奈野先生の書き下ろしですね。他の年度のカレンダーと違って大きな1枚モノです。これは前の持ち主の方が巨大なアクリルの板に挟んで飾っていたそうで、二枚のカレンダーが表裏になっております。それぞれが1年分。アクリル板のおかげで程度は良好です。アクリル板そのものも傷などは少なくて、なかなか見応えがあります。なんてたってサイズが椎名さんのポスターの倍、つまりB1ですからね。正直、置き場に困りますなぁ。w

この図柄は最終話以降、ココネがアルファさんと同棲?一緒に暮らすようになってからのものでしょうか。
by namatee_namatee | 2015-10-27 21:46 | book | Comments(28)
Commented by フラフープ at 2015-10-27 22:07 x
おめでとうございます!念願かなって良かったですね!僕も欲しいくらいですよ。
アルファさんのセーラー服、妙に似合いますね。この絵も現地探索を?
Commented by namatee_namatee at 2015-10-27 22:57
>フラフープさま
ありがとうございます。でっかいですよ、これ。その分、眺めているととても幸せ。
今、同じ出品者の方がOVAのポスターを出品されてますよ。いかがですか?w

わたくしも「ここはどこだろう?」と思いました。>下の絵
セーラー服ということで、北の町、つまり横須賀なのではないかと思いますけど、コンクリート舗装に丸い模様みたいなのが見えて、それは車道の急坂に多いものだと思われます。そのコンクリート舗装の上にさらに薄いコンクリートが載っている感じ。そして影の様子から見ると奥が北のようですね。港の中かなぁ。
Commented by フラフープ at 2015-10-28 00:34 x
勝手に横浜の野毛山あたりを想像してました。w
絵柄があまり後期っぽくなくないですか?特に上。
Commented by ふき at 2015-10-28 06:12 x
■ フラフープさん
> 絵柄があまり後期っぽくなくないですか?特に上。

いえ、かなり線が少なく(整理されている)、キャラの頭が大きいため、
僕は、旧版でいうところの「12・13巻あたりの絵」だと思っています。(^^

調べてみたところ、
12巻は2004年前~中期、13巻は、2004年後期~2005年前期の
作品をまとめたものだそうですから、

時期的にも合う
(2005年のカレンダーですから、2004年後期に制作されているはず)
のではないでしょうか?(^^
Commented by ふき at 2015-10-28 06:54 x
■ なまさん
> わたくしも「ここはどこだろう?」と思いました。>下の絵

★手すりの向こうまで空が続いていることから、
かなり視界の開けた丘の上のような、
見晴らしの良い、気持ちいい場所が想像されますね。(^^

★ちなみに自分、これと似たような高場の現地として、
43話でアルファさんが「歩き」で言った場所(したがって近場)が、
いまだに特定できずにおります。

実は三浦半島って、あんなにアップダウンが多い土地柄なのに、
こういうズバーンと綺麗に切り立たせた(キッチリとコンクリ整備された)場所が、
意外なほど少ないのです。

土砂崩れにならないようコンクリ整備はされている丘も無いわけではないのですが、
それはいわば、「昔の丘に、そのままコンクリートタイルを貼りつけた」ような
波打った表面で、漫画内の描写とは食い違いが大きいんですよね…

★そのため、先述の43話のコンクリ整備された高台や、
南町でタカヒロとマッキがよく座っている、高さ4~5メートルほどのコンクリ壁…

なにより、旧版1巻と14巻の表紙に出てきた「彼方のコンクリ壁」が、
いまだに特定できず、モヤモヤしています。

うーむ… どこにあるのか、「コンクリ壁」…
Commented by josei84827781 at 2015-10-28 07:37
おめでとうございますw
Commented by uwabaminoago at 2015-10-28 08:36 x
>なまさん
おお!よかったじゃないですか!おめでとうございます。
こういうのはお金の問題じゃないですね。とにかく一期一会、今逃したら、次は手に入らなくなるかもしれない、それを考えたら、正しいご判断だったと思いますw

セーラー服だと、やはり海軍、横須賀をイメージしますね。まさか、現在の海軍施設内?w
Commented by namatee_namatee at 2015-10-28 09:02
>フラフープさま&ふきさま
アルファさんの顔のちょっとしもぶくれな感じとかに新装版の表紙につながるテイストを感じるので、やはり後期の絵柄と思います。

あ、本当だ。「ひとりおどり」の場所に似てますね。手すりとかそっくりです。月刊アフタヌーン1996年7月号の表紙(マックスコーヒーの奴)ともなんとなく似ている感じがします。
「ひとりおどり」の場所はちょっとオシャレっぽく造成された住宅地が崩壊した跡のようにみえますけど、カフェアルファから歩いていける範囲にそんな場所はなさそうです。ただ、歩いて1年ほどの旅に出ちゃう人たちなので、歩きで行ける範囲というのが我々の常識と違う可能性もありそうです。w
それにしても、わたくしはあれらのコンクリート製の壁が実在するかも、と思ったことがありませんでした。(汗
タカヒロとマッキの座っているのも港の岸壁(三崎魚市場の先とか)だろうなぁ、ぐらいに思ってました。

このカレンダーの場所についてはセーラー服(水兵さんのコスプレ)なことで、単純に軍港である横須賀をイメージし、おっしゃるとおり見通しがよさそうな感じもするので港か港の近くの高台かな、と。
Commented by namatee_namatee at 2015-10-28 09:04
>joseiさま
ありがとうございます。ほとんど諦めていたので、とてもうれしいです。
Commented by namatee_namatee at 2015-10-28 09:07
>uwabaminoagoさま
ありがとうございます。コレクター魂というのは業が深いものです。w
でかいのと透明アクリル板2枚が重いのにおどろきました。

>海軍施設内
わたくしもそうなんじゃないかと思っているんですけど、ストリートビューとかないので、これは行ってみないとわからないですね。(汗
Commented by uwabaminoago at 2015-10-28 16:25 x
>なまさん
やりだすと止まらないですねw>コレクション
あれもこれも欲しくなる。ちなみに、今はアル&ココのフィギュアがほしいです。

これは見に行くのは困難ですからね。>海軍施設内
でも、その状況は芦奈野先生も同じであるはずなので、民間人でもいけるところでしょうか。
Commented by namatee_namatee at 2015-10-28 21:07
>uwabaminoagoさま
一応、グッズには手を出さない、出すとしても程々にという感じで制限を設けております。本当に際限なくなりますから。w
カレンダーだけは全部揃えようと決心したのでした。

アルファさん&ココネのフィギュアは2年ぐらい前に買いました。当時は4,000円とかでしたけど、最近の相場は12,000円とかになっていてちょっとビックリ。

基地のお祭りとかで中に入れる機会はありませんか?>海軍施設
Commented by 猿実 at 2015-10-28 23:41 x
>でかいのと透明アクリル板2枚が重い
こちらの商品、どのようにして手元に届いたのかが非常に気になりますねぇ。
配達が大変そうですけど。
Commented by uwabaminoago at 2015-10-29 08:45 x
>なまさん
まぁ、幸か不幸かヨコハマグッズはそこまで多くはないみたいですね。とはいえ、まだうちには全体の1/3もあるかな?漫画はまだ新装版しかないですし、CDはショーロクラブのサントラがない。アマゾンにもありますけど、ちと高いですね。あとは画集と小説版はあるか。
ヨコハマグッズは生産数もそこまで多くはないでしょうし、この先、手にいれていけるかどうか。

それはあるかも。>基地の祭り
芦奈野先生はおそらく米軍や自衛隊の関係者ではないでしょうから、モデルがあるとすれば一般人にも見る機会が与えられる場所、ということになりますね。
Commented by namatee_namatee at 2015-10-29 08:55
>猿実さま
普通に宅急便できました。全面を新聞紙で覆ったうえでプチプチでカバー、下になる角のところは大きいプチプチで補強という感じですね。サイズはB1よりひとまわり大きく、重さは10kgはないけどそれなり。かなり西(というか南)の方からで、送料は2,200円ぐらいでした。
Commented by フラフープ at 2015-10-29 21:22 x
>ふきさん
たしかに。言われてみれば、初期や中期にはない絵柄ですね。「目」への線の入れ方もそれっぽい。w
さすがに特定はできないまでも、「第何話に似てる」とか指摘できるのはスゴいですね。
>namateeさん
セーラー服より、むしろこの鞄(?)が気になるかも。お揃いってことは、これもコスチュームの一環というか、船乗りの必携品だったりするんですかね?
Commented by ふき at 2015-10-30 03:47 x
■ フラフープさん
> さすがに特定はできないまでも、「第何話に似てる」とか指摘できるのはスゴいですね。

ありがとうございます。
趣味レベルでも、自分で絵を描いていると、
他人さまのそうした絵の特徴に気づきやすくなるのかもしれません。(^^

ちなみに自分、『ドラえもん』も、
絵柄を見れば何巻あたりの時期に描かれた作品か、高確率で当てることができます(笑)
(てんとう虫コミックスの、20後半~40巻あたりの絵が好きです)
Commented by フラフープ at 2015-10-30 12:42 x
>ふきさん
僕も子供の頃好きでした。今にしてみれば、結構えげつないギャグが多かったですよね。w>ドラえもん
Commented by ふき at 2015-10-30 13:02 x
■ フラフープさん
> 今にしてみれば、結構えげつないギャグが多かったですよね。w>ドラえもん

藤本先生(藤子F先生)って、物事の本質を捉える目が凄いんですよね。

だから、ご本人はギャグのつもりで描いていても、、
我々一般の読者からすると「やりすぎ」のように見えたり、
よくよく考えるとゾッとさせられたりする話も多いのでしょう…(笑)

でも、それも含めて… というか、そういう所があるからこそ、
間違いなく一生モノの名作だと思っています。 『ドラえもん』。

僕の「人生の書」の1つです。(^^
Commented by namatee_namatee at 2015-10-30 16:11
>uwabaminoagoさま
「ヨコハマ買い出し紀行」のグッズはもはや手に入れるのが困難なのが多いですね。まあ、なにがあったのか確認するのも難しくなってきておりますけど。(汗
カフェアルファのコーヒーカップは代表的なレアアイテムの代表で30,000円とかします。確か、今某オークションに出品中だったような。w
あとはこれも最近出品があったアルファさんのリュックとか。タカヒロに貸したトレーナーもあったそうですけど、見たことがありません。w
キーホルダーとかマウスパッドはカレンダーの付属品だったりするので、カレンダーを集めれば手に入ります。これがわたくしがカレンダーを探していた理由の一つです。
さらにかつて盛んだった同人誌とか、ワンフェスに出品されていたフィギュアとかになると、もう何があったのか確認は無理です。(汗

>基地祭
確認のために基地のお祭りに行くってのも大変ですね。他に見るものが沢山ありますし。
Commented by namatee_namatee at 2015-10-30 16:14
>フラフープさま
鞄もしくはケース、気になりますね。セーラー服と同様にあえてお揃いにしてあるのは明らか。
調べてみましたけど、正体はわかりませんでした。海上自衛隊に詳しい人に聞くとわかるかもしれません。聞いてみようかな。
Commented by uwabaminoago at 2015-10-30 17:28 x
>なまさん
とりあえず、画集に載っているグッズだけでも、と思いましたけど、難しいかなぁ。
コーヒーカップもほしいですね。まぁ、使わないでしょうけど(とてもつかえませんw)
リュックはアフタの懸賞の景品か何かだったような。

横須賀は軍港クルーズとかもやってますので、そういうので確認できるかもわかりません。
Commented by namatee_namatee at 2015-10-31 07:31
>uwabaminoagoさま
どこかの好事家がまとめて手放すタイミングとかに当たらないと、もはや絶望的かと。orz
コーヒーカップは1個じゃダメですよね。「ごいっしょしてもいいですか」といって向かいの席に座るわけですから、あれは少なくとも2個必要なのです。w
某オークションの場合、珍しいグッズは1つ出ると直後に連続してまた出るような傾向があるので、どう狙うかみたいなところも悩ましいです。

>軍港クルーズ
いろんなものを見たくなってしまって、肝心な場所を見落とす可能性が高いと思われます。w
Commented by uwabaminoago at 2015-10-31 09:35 x
>なまさん
それをおっしゃるなら、まずはアルファさんがいないとw
どこぞの陶芸家の人にでもお願いして作ってもらうというのも手かも。画集にずいぶん細かくサイズも出てますし。>コーヒーカップ

艦船を見ていて気付いたら港に戻っていた、なんてことになりかねませんねw>軍港めぐり
Commented by namatee_namatee at 2015-10-31 17:46
>uwabaminoagoさま
あと30年ぐらいですかね。>アルファさんなみのロボットの人
でも人類は必ず作ると思うんですよ、女性型のロボット。w

あのコーヒーカップのインプレを読んだんですけど、実用には形状が良くないそうです。冷めづらくていつまでも熱いだったかな。で、飲もうと思って傾けるとガバッと口元にその熱いコーヒーが押し寄せるんだったかな。w
そちら関連ではメイポロのタンブラーも気になります。
あと今思い出しましたけど、グッズではカエルの蚊取り線香皿というのもあったような気がします。
Commented by フラフープ at 2015-11-01 23:45 x
>ふきさん
ドラえもんの「えげつなさ」は子供に真似してほしくない部分であると同時に、知っておいてほしい「人間の本質」でもあるわけで、そう考えると、昨今の(表現の)マイルド化は危険信号でもありますね。最初は「人生の書」という言葉に少し驚きましたが、なかなかに深いものを含んだ作品ですよね。ちなみに僕は「鉄人兵団」と「動物惑星」が好きです。w
Commented by ふき at 2015-11-02 01:01 x
■ フラフープさん
> 最初は「人生の書」という言葉に少し驚きましたが、
> なかなかに深いものを含んだ作品ですよね。

僕はそれこそ、
「子供に、下手な(現実にそぐわない理想論にまみれた)道徳の本を読ませるぐらいなら、
 ドラえもん全45巻をそろえて、子供の部屋の本棚に置いてあげなさい」
と、世の親たちに言いたいです。

物事の本質を端的に… それでいて、ユーモアに包んで表現している名作漫画は、
『スヌーピー』『ドラえもん』『サザエさん』など、そうそう数はありません。

『ドラえもん』は、僕が胸を張って、老若男女 誰にでもオススメできる、
数少ない名作中の名作です。(^^
Commented by uwabaminoago at 2015-11-02 09:45 x
>なまさん
最近はロボットの接客も色々な所でおこなわれているようですね。近所のカフェで接客をしているのを見て思わずニヤッとしてしまいましたw
ちょっと前に横須賀の携帯ショップで「接客が気に入らない」という理由で蹴られて壊れたロボットがいましたけど、そのうちクレーマー対応とかもできるようになるのかな。

冷めにくいのは体積に対する水面の割合が小さいからでしょうかね。>カフェ・アルファのカップ
形状だけにているものはうちにもあります。

カエルの蚊取り線香皿ってありましたっけ?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 十x夜 辛気臭い >>