辛気臭い

c0019089_19473366.jpg

というわけで、「風が語りかける国」から帰ってまいりました。
もう周りじゅう年寄りばっかりで、話が辛気臭い。病気の話と誰彼はいつ亡くなったっけ?とかそういうのばっかりです。w

亡くなった叔父さんはわたくしの父の兄ですので、順番からいくと次はウチですな。喪主の作法とかよーく観察しておきました。それにしてもみなさん、お葬式のいろんな場面で涙を流されますな。わたくしが変なのは承知しておりますけど、亡くなった方、特にそれなりのお歳でひどく苦しんだということもなく逝った方の場合は、むしろ笑って送ってあげる方が良いような気がしますけど。いや、不本意な亡くなり方をした方だって、儀式としてのお葬式は亡くなった原因とはまた別の話。日本的な意味で成仏されるのですから、儀式そのものとしてはむしろ喜ばしいものだと思うんですよね。>お葬式
いろいろ複雑な理由がありそうなので、他の人に理解しろとは言えませんけどね。

図は全く関係ない。w
スクーター用のタイヤでございます。もちろんVespa LX150ie 3Vに使います。どうもオリジナルのタイヤは信用できませんで。なんて言ったっけ?忘れちゃいましたけど、スロベニア製か何かのあまり聞いたことのないブランドのタイヤなんですけど、晴れた日は問題ないんですよ。ドライならコーナーでも滑る気配はないし、強目のブレーキングでもロックしたりしない。
問題は路面が湿っぽい時でして。なんだかわからないんですけど、やけに滑る。コーナーでスーッと接地感がなくなっていくのは恐ろしいもんです。特に高速コーナーとか、マジで命の危険を感じます。
先代のLX125ieも同じタイヤでして、これまたよく滑りました。雨の日に信号で止まろうとして、ちょっと強めに前ブレーキかけたら右へ車線半分ほど偏向して滑って行ったのには焦りました。本当に怖いんですよ。(汗

で、LX150ie 3Vでも同じタイヤなわけですけど、わたくしの感触ではLX150ie 3Vの方がよく滑る。orz
LX125ieだとはっきりと湿ったような路面じゃないと滑らなかったんですけど、LX150ie 3Vのタイヤだとちょっと湿っぽい感じでも滑りやすい。
なんといっても問題だと思うのはドライとウェットのグリップの差が大きいことです。落差が大きすぎて危ない。

仕方がないので、まだ1,800kmしか使ってませんけど、タイヤを交換することに。
モノは見ての通りミシュランのシティグリップというもの。定番というか、LX150ie 3Vはフロントタイヤが11インチという変なサイズなので、事実上これしか選択の余地がありません。12インチ化するというネタがあって、しかも簡単らしいんですけど、そこまですることはないかなぁ、と。
Web!keで購入。前後セットで11,000円とか。XR1200のリアタイヤだけでディーラーで5万円とか言われたのに比べるとお安いもんです。
半年点検の時にレッドバロンで交換してもらいましょう。
by namatee_namatee | 2015-10-26 20:33 | diary? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 悲願 フルコース >>