へきるんるん姫だと!?

c0019089_1925301.jpg

というわけで、帰ってまいりました。昨日のエントリーに追記するともう一個ネタを考えなければならないので新しいネタに(ry

「劇団岸野組」さんの「伝六捕物帖 KOI/KATAKI」ですね。わたくしは演劇は全く初めてでございます。椎名さんが出演するということでなければ、一生縁がないでしょうなぁ。w
もちろんTVなどで観ることはありますので、全く知らないということはないのですけれども、ライブで観るということはなかったのでイロイロと新鮮でしたねぇ。椎名さんのライブでもそうですけど、照明とか音響とか、人間の習性とか本能みたいなものにうまく働きかけて、仕組みそのものはチープなのにとても強いリアリティを感じさせるのには大変感心いたしました。
脚本とか演出とか、そっち方面については、これは経験と知識が決定的に不足しているのでなんとも言えませんけど。(汗

肝心の椎名さんの出番は・・・とても短い。w
3分もないぐらいじゃないですかね。占い師の役で、そもそもその役自体が特に重要とも・・・いや、よく考えてみればあの占いは当たっていたんだから、意味はあるのか。占い特有の曖昧な言い回しのせいでやや分かりづらいきらいはありましたけど。
その椎名さん、占い師ということで巫女さんみたいな格好なんですけど、これが似合うのなんのって。w
わたしゃ特に巫女さんの格好に何か思うところも感ずるところもないんですけど、これは「可愛いな」と素直に思ってしまいました。orz
何ですかね、頭が小さいからかな。絵に描いたような巫女さんの姿なんですよね。
そして最初の場面で舞うんですけど、ケイタイ日記によるとアドリブだそうです。改めて「ああ、やっぱりこの人は天才なんだな」と思いました。いくら日本舞踊を習っていたといっても、あのスペースを無駄なく使って、しかもアドリブで全くためらいを感じさせずに踊るって、そういうのが特に苦手なわたくしからは信じられない所業ですよ。すごいわぁ。(汗
アドリブといえば、岸野さんとのやりとりも多分ほとんどその場で思いついてやっていたみたい(これは会話の間や内容でわかります)なんですけど、これがいかにも椎名さんらしいといえば椎名さんらしい内容と演技。こちらは天才というよりは天性とでもいうか。w
そして岸野さんの「あの占い師、去年結婚したらしいよ」にも笑いました。w

みんなきいてきいて〜!!w
「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」第1巻第4話「デュラハンちゃんは甘えたい」、最終ページの「小鳥遊ひかり」のセリフ風に(長い)。
最後に出演のみなさんで並んで挨拶をするときに、サプライズゲストみたいな感じでTさん(名前を出すべきかどうか。椎名さんのケイタイ日記では名前が出ていないのでそちらに準じておきます)が巨大なバラの花束を持ってお見えになりました。
自他共に声優音痴を自認するわたくしですが、さすがにこの方は認識できます。姿や顔でもわかりますし、何と言っても声で一発で。その時は代表的な役を思い出せませんでしたけど、まあ「マチルダさんの中の人」ですよ。そもそも、わたくしにとって1stガンダムは・・・無駄に長くなるので(ry
で、実は椎名さん関連の友人の方と一緒だったんですけど、その方はTさんが誰だかわからなかったという。思わず、あなたは本当に声優さんのファンなのですか?と真顔で訊いちゃいました。w
まあ真面目なところでは椎名さんのファンとは世代がずれているのかもしれませんけどね。ファンと言っても向き合い方は千差万別ですし。>フォロー

そして、その最後の挨拶の時の椎名さんが、これまたいかにも椎名さんらしい。あの、ここにいてはいけないみたいな、なんとも言えない気まずいような、場違いなような雰囲気がたまりません。列から半歩ぐらい後ろに立つせいか、体が小さいせいか、何が原因かはっきりとはわからないんですけど、確かにあの独特のたたずまいで立っておられます。w
何ですかね、あの雰囲気。わたくしの場合は昔から、クラスの女の子でも、ああいう雰囲気のちょっと離れたところで静かにしている的な子に惹かれて注目するキライがあったので、そのせいで余計に強く魅力を感じるのかもしれませんけど。

なんかますます魅力を感じるようになってきてしまいました。>椎名さん
冷静な評価や評論はもう無理(元からそんなつもりはないけど。w)かもしれません。
by namatee_namatee | 2015-10-23 20:59 | diary? | Comments(13)
Commented by uwabaminoago at 2015-10-24 10:21 x
>なまさん
あっ、下北の本多劇場行かれたんですね!私も昔、一度だけここに演劇を見にいったことがありますよ。
椎名さんは演劇もやられてるんですね。巫女服とか浴衣とか、和風のが個人的に好きなので見たかったなぁ~。
Commented by フラフープ at 2015-10-24 10:54 x
そのお友だちの気持ち、分かるなぁ。僕にとってTさんは「ドラマに出ている人(もしくはアンパンマン)」なので、ドラマを観ない僕には、顔と地声に馴染みがないのです(北川景子を知らなくて驚かれた)。多分知らずにどこかで観てたりはするんでしょうけど。
そうそう、僕の友達にはこんな人がいますよ。「歌手」としての椎名へきるの研究に明け暮れながら、一昨日は姿形の美しさにばかり目を奪われて、歌については一言も触れることをしなかった友達が。w伸びやかで艶やかで、良い歌でしたなぁ。w
Commented by namatee_namatee at 2015-10-24 12:42
>uwabaminoagoさま
去年の5月のときは主役だったそうですけど、今回は特別ゲストということで出番はほんのちょっとだけでした。>椎名さん
「HEKIRU FILE」によると椎名さんはもともとは演劇志望だったそうです。
Commented by namatee_namatee at 2015-10-24 12:52
>フラフープさま
お、フラフープさんも観に行っていたんですか。w
歌は別に普通でしょう。椎名さんならあのくらいは期待通りという感じです。もちろん大変上手だし、おっしゃるとおり伸びやかで艶やかですけど、所詮キャラソンの類ですし。
歌う姿は見慣れてますけど、舞うのは滅多に見れません。あの一見シンメトリカルだけど、よく見ると美しく弧を描く舞台上の軌跡にはため息がでました。
Commented by uwabaminoago at 2015-10-24 23:01 x
>なまさん&フラフープさん
ああ、Tさんってあの方ですね。私の好きな夢幻紳士のOVAで主人公役をやられてたので印象に残っています。
朝ドラのナレーションも聞きましたけど、やっぱりプロはすごいです。いまだに同じ人が声をやっていたとは信じがたいw
Commented by フラフープ at 2015-10-25 01:02 x
>uwabaminoagoさん
「夢幻紳士」ですか。Wikipediaで調べた限りでは、僕好みな予感です。折を見て読んでみます。
>namateeさん
所詮とかゆーな。w
新潟のFCイベントでは日本舞踊そのもの(当然歌なし)を披露してましたけど、今回の方がへきるさんの魅力
を堪能できたと思います。
Commented by uwabaminoago at 2015-10-25 08:43 x
>フラフープさん
OVAはニコ動で見られたと思います。
Commented by namatee_namatee at 2015-10-25 09:59
>uwabaminoagoさま
プロの技はすごいってのは頭ではわかっているんですけど、生で目の前で見ると衝撃を受けるぐらいにすごいですよね。最近はあの凄さを感じるちょっと考察をしたいと思い始めました。w

>夢幻紳士
高橋葉介先生の作品ですね。って、調べてみて気がつきました。ごくごく初期(1980〜90年代初期)の先品ならウチの本棚のどこかにあります。あれのOVAがあったんですか。言われてみれば、イメージは合うかも。>Tさん
Commented by namatee_namatee at 2015-10-25 10:02
>フラフープさま
いやいや、キャラソンをバカにしているわけではありません。椎名さんオリジナルの歌に比べてやや制約はあるのかなー、ぐらいの感じですよ。

舞の見栄えには衣装の差もあるのかもしれませんね。巫女さん風の衣装はとても煌びやかでした。
Commented by uwabaminoago at 2015-10-25 19:53 x
>なまさん
OVAになっているのは冒険活劇版(コメディ調のもの)です。主人公魔実也君もいいですけど、ヒロインの踊り子が個人的に好きですw
銃器もわりとマイナーなのが出てます。
Commented by namatee_namatee at 2015-10-25 21:04
>uwabaminoagoさま
高橋先生はわたくしがちょっと見たところでは、最近はかつての絵とだいぶ変わっているように感じられました。詳しくは昔の絵の印象しかありませんけど、女の子はとてもかわいかった記憶があります。w
Commented by フラフープ at 2015-10-25 22:32 x
>uwabaminoagoさん
情報ありがとうございます。OVAも面白そうですが、まずは原作から読んでみようと思います。とりあえず、読む順番から調べます。w
>namateeさん
昭和初期にホラーテイストとか、京極堂を思い出しました。なまさんの好みに合致してたりして。
Commented by namatee_namatee at 2015-10-27 07:37
>フラフープさま
独特の絵が好きでした。>高橋先生
雰囲気はにているかもしれません。>京極堂シリーズ
ただ、京極堂シリーズは一応太平洋戦争後ではありますね。軍の怪しい研究とかが下敷きになってますし。もっとも登場人物の系譜やかかわりをたどると明治・江戸と遡れますけど。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ウィンドジャマー 人生初! >>