悩みどころ

c0019089_1954993.jpg

イベントに行けなかったのでVSR-10「あきつ丸」を泣きながらメンテ・・・嘘です。定期メンテ中の図。
エアコキに限らず電動ガンも、空気を圧縮してそのパワーでBB弾を飛ばしているので、ようするにポンプとかコンプレッサーみたいなもの。エンジンやコンプレッサーと違い、エアフィルターとかなくて吸入する空気はそのままですので、埃っぽいサバゲフィールドの空気でシリンダ内部とかは結構汚れちゃいます。電動ガンとは比べものにならないほど発射弾数が少ない、ボルトアクションライフルでも意外なほど真っ黒になっているもんです。
そういったわけで、サバゲ生活再起動を目前に控えて、今後ともメインアームになりそうな「あきつ丸」をO/Hというわけでございます。

悩みどころ。
ボルトアクションライフル(のトイガン)、特にマルイのVSR-10は整備性が高くてとても好きです。「あんなもの」とバカにする人もいますけど、シロウトには単純な構造でやることやればある程度の性能が確実に得られるVSRの存在はありがたいですよ。
わたくしの限られた経験からいくと、ボルトアクションライフルはパーツの選択よりも「組み立て」というんですかね、各パーツを正しく取り付け・接合することの方が重要に感じます。わかりやすい例としてはチャンバーにバレルやHOPパッキンをまっすぐセットすることとか。ちゃんとやらないと左右に曲がって飛びますからね。もちろん、電動ガンだってきっちり〆るところは〆ないと性能が出ないのは同じですけど。(汗
電動ガンは構造が複雑なので、シロウトにはどうしても追求できる性能(特に集弾性能)の敷居が高いんですけど、ボルトアクションの場合は単純な構造のおかげで、クリアしなければならない要点が少ない。その分、繊細にいじれて効果も出やすくて楽しく信頼も置けます。
意外にバカにできないのが、この楽しいとか信頼が置けるとかのメンタルの部分でして、仕上げた鉄砲に不安なところが残っているとその銃を信じきることができなくて、ハイプレッシャーな場面、厳しいサバゲとか射撃会の成績とかが伸び悩んだりする。少なくともわたくしはそういう傾向がありますね。納得いくまで調整して及ばないなら仕方ないと観念して臨めるんですけど、そうでないと大体うまくいかなくて悔いが残ります。

そのボルトクションライフルで、ずっと悩んでいるのが「ピストンのOリングとシリンダ間の潤滑」です。電動ガンでもグリスの使い方は悩みどころですけど、とりあえずならばマルイ純正のグリスを使っておけばなんとかなります。あのグリスが最適かどうかはわかりませんし、エキスパートな方が長年積み重ねてきたノウハウで選んだスペシャルなグリスに性能で劣るとしても、定期的にメンテすれば潤滑という点については補えそう。
ボルトアクションの場合は性能に直結してますので難しいんですよ。>Oリングとシリンダのグリス
グリスの違いによる抵抗の大小でピストンのスピードが変化するらしく、初速も高くなったり低くなったりします。さらに気温によっても変化する。5月のアキュコンのおり、この点について何人かの方に訊いてみたんですけど、試行錯誤中というお返事が多かったです。やっぱり難しい部分なんでしょうねぇ。・・・企業秘密なので教えてくれないのかもしれませんけど。w

そういったわけで、O/Hのたびにこの部分の潤滑については悩んでいるわけですけど、今回はごく少量のマルイ純正シリコングリス+これまたマルイ純正のシリコンオイルを使ってみました。ごく少量といっても別に計量しているわけではなくて、適当に手にとって塗ったくっただけですけどね。まあ電動ガンに比べれば極めて少量。

そうやってシリンダを撫で回していて思い出したこと。このシリンダ、PDIのじゃないや。w
ずっとPDIのプレシジョンシリンダだと思ってましたけど思い出した。これ、ARESのWA2000用に某オークションで買った無名のシリンダです。当時、プレシジョンシリンダが1万5千円ぐらいして、ものになるかどうか怪しいWA2000にそれはもったいないな、ということで、8,000円ぐらいだったこのシリンダにしたのでした。ようするにケチったわけですね。
でも、この無名シリンダは別に問題ないですけどね。ステンレスの板をぐるっと丸めて作るせいか、内面を指先でなぞると接合部の部分にほんのちょっとだけ段差が感じられますけど、この程度なら問題ないでしょう。電動ガンみたいにバカスカ撃つわけじゃないですし。
問題があるとすれば、「あきつ丸」はずっとこのシリンダにPDIのピストンという組み合わせで使ってきたので、そのグリスや気温の違いによる初速の変化のデータが他の銃では生かすことができないということでしょう。これがPDIのプレシジョンシリンダとPDIのピストンなら(OリングはG.A.W.さんのFRUS-Oリング)他のVSRでも参考になるデータとして使えるんですけど、シリンダが二度と同じのが手に入らない無名のものではなぁ。

他に気がついたことはシアがそれなりに磨耗してきていること。これもPDIのμトリガーに変えるという手がありますけど、実はマルイ純正の方がフィーリングが好き。なので、シアをPDIの硬度の高い奴に交換しようと思います。これで当分は戦えるでしょう。>あきつ丸
by namatee_namatee | 2015-09-13 21:24 | survival game | Comments(25)
Commented by uwabaminoago at 2015-09-14 16:41 x
>なまさん
単純なものがもつ奥行きというか、無限性というか、ボルトアクションは茶の湯なんかに通じるかもしれません。バレルはノーマルなんでしたっけ?
Commented by namatee_namatee at 2015-09-14 19:12
>uwabaminoagoさま
VSRはボルトアクションライフルに共通の構造が単純という基本的なことに加えて、そのボルトアクションの中でも整備性が高いという特徴があると思います。それは限界まで追い込んだときにいろいろと物足りないとか言われる原因だと思うんですけど、実際のところ、そこまで剛性をはじめとした精度を追い込んだとして、それじゃあ発射するBB弾のそれぞれの重量やサイズの差はどうなの?ということでして。
すごく尖った性能は持っていないけど、必要なだけの信頼できる精度はある、戦車でいうとM4シャーマンみたいなイメージですね。>VSR
そして確実に必要十分な信頼できるところまでは追い込めるということは、射手のメンタルの点でも思い悩む要素が少なく、シンプルに付き合えるのでトータルでの戦闘力は高い・・・はず。w

チャンバーがPDI製なので、バレルは電動用です。MadbullのPytho II、455mmですね。パッキンはファイアフライさんの電気くらげ(辛口)です。これで屋外の30mで0.28gBB弾で135mmぐらいのグルーピングはでますよ。ノーマルが180〜200mmぐらいのグルーピングですので、60〜40mmぐらいの改善になっていますね。
Commented by uwabaminoago at 2015-09-15 07:58 x
>なまさん
堅実な感じですね>VSR
突き詰めようと思えば、いくらでもつきつめられるかもしれませんが、本当に厳密にやるなら弾に加えて、風速、風向、温度、湿度まで考える必要があります。どこかで「妥協」する、というのも悪いことではないのかもしれません。
信頼性があるのは良いです。マルイはそこらへんは安心できます。

バレルはピカールで磨くと精度が上がる、と言いますがどうなんでしょうか。

Commented by namatee_namatee at 2015-09-15 13:15
>uwabaminoagoさま
わたくしという射手と組み合わせてどれだけ性能・成果が出せるかってことが重要ですので。w
ボルトアクションライフルは現代のサバゲシーンではロマン兵器扱いされがちですけど、だからこそ堅実な仕様で現実的な性能を発揮させてあげたいなぁ、と思います。なのでスコープも軽量&取り回し重視でショートスコープなんですよ。

バレル(真鍮)を磨いたことはありますけど、良い結果は出ませんでした。磨いた直後はツルツルになるんですけど、すぐに元に戻ってしまう?錆びる?
いずれにせよ、集弾性能に変化は感じられませんでした。例外としてはマルイのバイオ弾でBB弾のコーティングのようなものが、バレル内面にこびりつくことがりまして、それは除去しないとものすごいフライヤーになります。そういう時に強引にピカールやコンパウンドで磨くってのはありかもしれません。
そんなにこびりつく前にせいぜいパーツクリーナーがうらいで除去しておくべきなんですけど。
Commented by uwabaminoago at 2015-09-15 17:10 x
>なまさん
一人一人、違いますからね。サバゲーの戦闘距離だと、スコープは低倍率の方が都合が良い、なんて聞きますけどどうなんでしょう?

集団性能、バレルのメンテは重要でしょうね。うちのは全パーツノーマルですが、そのうちなんか改良しようかね。
Commented by namatee_namatee at 2015-09-15 21:44
>uwabaminoagoさま
スコープの倍率は人によると思います。初弾を外した時に修正して撃つ人だと高倍率の方が良いような気がしますし、わたくしのように修正はせずに同じところへ撃つ奴だと2倍ぐらいで十分です。今使っているのは1-6xのノーベルアームズのSUREHIT 1624IR HIDE7 CQBという奴です。大型のスコープよりも軽くてコンパクトだし藪の中でも目立たないのが良いです。見た目は迫力がないんですけど。w

さっき「あきつ丸」のシアをPDI製のと交換していたんですけど、よく見たら純正の1stシアが曲がってました。(汗
そんなに強いスプリングを使っているわけでもなく、発射数もたかが知れているはずなのに。シリンダ内のメンテもしづらいし、やはりノーマルでは限界があるような気がします。買ってすぐなら性能が良いんですけど、ある程度使い込むとやれちゃうんですよね。
Commented by uwabaminoago at 2015-09-16 08:16 x
>なまさん
でかいスコープは重いしかさばりますね。サバゲーの射程だと、たとえば昔のモシン・ナガンや九七式狙撃銃みたいにスコープとアイアンサイトを両方使える配置、も悪くないんではないかと思います。やってみないとわかりませんが。

意外と耐久性に難があるのですね。実は、それが企業の戦略だったりして(笑)
Commented by namatee_namatee at 2015-09-16 12:13
>uwabaminoagoさま
改造防止という意味合いもあるのかもしれません。>各部がひ弱
結局のところ、ノーマルVSRはシリンダを開けられないというのがネックで、それを解決しようとすると次から次へと投資しなければならなくなりますのでご用心。w

スコープはウチにも3-12xのとかありますけど、図体もレンズも口径が大きくて目立つんですよね。見た目は格好良いんですけど・・・
4x固定で、おっしゃる通りアイアンサイトと排他的でないものとか、サバゲでは使いやすいと思います。あとピストルスコープをスカウトマウントにするとか。
Commented by uwabaminoago at 2015-09-16 16:35 x
>なまさん
SS9000でしたっけ?極悪改造されたのが一時期はやったみたいですね。あれも教訓になってるのかな。

ハイマウントにする、という手もありますけど、そうするとゼロインがめんどくさくなりそうです。
Commented by namatee_namatee at 2015-09-16 21:20
>uwabaminoagoさま
U10シニアのご先祖さまですね。>SS9000
ウチにもありました。っていうか、今でもあります。HOPもないのに50mぐらい水平に飛び、中身の入ったスチール缶を貫くという極悪パワー。でもレシーバーとかトリガーメカがノーマルだったので、コッキングできなくなってしまいました。撃てたら撃てたで法的に大問題なわけですけど。w
記憶によると、SS9000は上記の通りノーマルではレシーバーやトリガー周りが脆弱なので、パワーアップするとすぐに壊れてしまいます。その点ではVSRの方がずっとマシだと思います。ああ見えてもVSR-10はパワー規制時代の前に発売されたエアガンですから、0.98Jとかのパワー規制下なら平気かと・・・でも、シアが曲がったんですよね。(汗

スコープがオフセットしているのも使いづらいかもしれません。やっぱり1-4xぐらいのショートズームスコープが無難じゃないでしょうか。
Commented by uwabaminoago at 2015-09-17 08:27 x
>なまさん
お持ちでしたか。>SS9000
狙撃銃なら他のよりも射程を長くしたい、と考える気持ちはわかりますが、さすがに改造後とはいえ、肉に食い込む威力というのは(汗)
でも、逆にいえば、VSRあたりでも0.98Jを超える改造をする輩がいそうで怖いですね。サバゲーならチェックするので大丈夫でしょうが。

アイアンで狙ってやれないこともないんでしょうが(シモ・ヘイへはそうでしたし。)やはり、スコープをつけた方がやりやすいんでしょうね。私は近眼ですし。
Commented by namatee_namatee at 2015-09-17 14:47
>uwabaminoagoさま
頬を貫通したという話も聞きました。(汗>規制前
わたくしは規制後(ぎりぎり規制前ですけど、実質1J制限になっていた)に参入した口ですけど、今のパワーで十分だと思います。安心して当てたり当てられたりできるので、昨今のサバゲブームも規制のおかげだと思います。

VSRのプロスナイパーをアイアンサイトで運用すると意外にいけたりします。ただ着弾の修正がやり辛いので一発勝負ですね。それはそれでスリルがありますけど。
Commented by uwabaminoago at 2015-09-17 16:58 x
>なまさん
なんと!怖すぎる!>SS9000
規制も悪いことばかりではないですね。これ以上厳しくなっては欲しくないですけど。

アイサンサイトか機構が単純な分、あつかいやすいです。
Commented by namatee_namatee at 2015-09-17 21:42
>uwabaminoagoさま
今のパワーでも当たりどころが悪いと、例えば目とかだとダメージ大きいですね。あと歯。わたくしも前歯に直撃して折れたことがありますけど、かなり距離があっても折れちゃうもんなんですよね。>歯

M4とかM16のオープンサイトは使いやすいですね。ああいうタイプのものならボルトアクションライフルでも素早くて正確な照準が両立できるかもしれません。
Commented by uwabaminoago at 2015-09-18 08:42 x
>なまさん
フルフェイスのマスクが必須ですね。歯は急な衝撃に弱いのかもしれません。

M16系はピープサイトでしたっけ。クラウンのライフルなんかあんな感じではないですか?
Commented by namatee_namatee at 2015-09-18 11:39
>uwabaminoagoさま
歯は大して痛くもなかったんですけど衝撃が大きいですね。あと精神的なショックも。w
わたくしの場合は前歯の同じところに2発いただきまして、1発目で歯の裏側が剥離(ちょうどHESHが当たったみたいに)して、次の着弾(それは3ヶ月後でしたけど)にもう1発あたって完全に折れました。もちろん1発で折れてしまう例も何度か見てますし、口を守るガードは必須だと思います。最近の女性のゲーマーさんとか、防御がとても薄いんで見ていて心配になります。(汗

ピープサイトでリアサイトのリングが大小切替可能だったと思います。フロントサイトと相まって狙いやすいと思います。普通のボルトアクションライフのピープサイトはリングが小さすぎて素早いサイティングは難しいかもしれませんね。
Commented by uwabaminoago at 2015-09-18 17:32 x
>なまさん
油断禁物ですね。あれはあたると普通の箇所でも結構いたいものです。私はめがねなので、つけられるゴーグルorマスクが限られそうです(泣)

そうでしたね。正確さでもピープサイトは良さそうです。タンジェントサイトなんかも個人的に好きですが。
Commented by namatee_namatee at 2015-09-18 21:05
>uwabaminoagoさま
まず顔を撃ちますからね。(汗
以前はサバゲの時は使い捨てのコンタクトを使ってました。曇らないし、おっしゃる通り、ゴーグルの選択肢が広いですから。特にメッシュのサングラスタイプの小さいゴーグルは、口元のガードと合わせやすくて好きなんですけど、絶対にメガネでは使えませんので。
ところが、最近は老眼が進んで参りまして、コンタクトだと手元が見えないという。orz
仕方がないので今はメガネ+マルイ製のゴーグルです。
Commented by uwabaminoago at 2015-09-20 09:49 x
>なまさん
実戦だと、面積が大きい分、胴体を狙ったほうが良いなんて聞きますが、サバゲーだとまずは気付いてもらわなければなりませんからね。
マルイのゴーグルはメガネでもいけるんですか。

Commented by namatee_namatee at 2015-09-20 21:52
>uwabaminoagoさま
見えるのは顔だけだったりしますし。どうやっても顔には集中するので、プロテクションはしっかりしておかないと・・・最近はシューティンググラスの人も多いんですけど、わたくしはこわくて無理です。(汗
マルイのゴーグルは完成度高いですね。ファンも効果的ですし、メガネも普通のものなら使えます。ウチのはもうヨレヨレなのでそろそろ新しいのに交換ですね。5年ぐらいは使ってますから、耐久性の面からも優秀です。>マルイのプロゴーグル
Commented by uwabaminoago at 2015-09-24 08:29 x
>なまさん
お座敷シューターならシューティンググラスだけでも良さそうですが、サバゲーとなると心もとないですね。ちなみに、シューティンググラスはダイソーのポリカーボネート製保護ゴーグルがけっこうつかえたりします。メガネの上からかけられる上、強度も申し分ないです。
Commented by namatee_namatee at 2015-09-24 12:51
>uwabaminoagoさま
レンズ自体の強度は必要なだけあると思いますけど、上下の隙間がこわいですね。>シューティンググラス
レンズの縁に当たって変な角度で跳ね返ったりすると危険だと思います。ゴーグルはゴーグルで重いし暑くるしいし、シューティンググラスにしたくなる気持ちはわかりますけど・・・

木工用とかの保護メガネですか?>ダイソーの
わたくしも射撃会などでは使いました。安いしおっしゃるとおりメガネ対応なのが良いですね。傷ついたら気にせず新しいのに換えちゃえば良いですし。
Commented by uwabaminoago at 2015-09-24 17:37 x
>なまさん
それはたしかにそうですね。サバゲーではやめた方がよさそうです。

木工用、というか工具売り場にあるやつですね。至近距離(10cmくらい)から撃っても、まったくといっていいほど傷付きません。
Commented by namatee_namatee at 2015-09-24 22:25
>uwabaminoagoさま
たまに朝のミーティングで顔を撃つなとか言いますけど無理です。w
だって顔しか見えないんですから。目と口はなにかで保護しないとダメですね。「プロテクションは相手のためでもある」と教わりましたけど、その通りだと思います。特にスナイパーの真似事とかしていると、狙うのは頭ばっかりですし。(汗

シューティングレンジではそういう保護メガネを愛用してます。メガネ使用可というのが便利ですね。そういうイベントでは近距離から直撃ということは考えづらいんですけど、跳弾の恐れは常にありますし。
Commented by uwabaminogo at 2015-09-25 08:33 x
>なまさん
ヘッドショットもしかたないことですね。気付いてもらえやすそうですし。

跳弾はあたると結構痛いでので、なるべくやわらかい物に撃ってます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新境地 wktkがとまらない >>