魅力の問題

c0019089_1921548.jpg

中身のない話ですよ。とりとめもないです。w

本日も悪天候。悪天候どころか、ご存知の通り、鬼怒川の堤防が決壊したりして大騒ぎです。ウチの方でも那珂川が警戒水位を超えたとか超えないとかで、ちょっとした騒ぎになっております。ウチは「夕凪の時代」になっても全然平気なぐらい高い土地にあるので、水害の心配はまずありませんけど那珂川を渡れないと家に帰れません。(汗
というわけで、同じ方向の社員3名(自分を含む)には高速を使って良い(もちろん高速代は会社持ち)という許可を出しました・・・会社の車で高速乗るの久しぶりだったので、ETCカードを入れ忘れて(ry

図は「ランティス祭りLIVE写真集」。以前にもネタにしております。
2009年9月に行われた10周年記念の野外ライブの記録ということになりますね。初の声優さんの野外ライブだったそうですよ。もちろん椎名さんの写真もあります。ほんの2ページですけど、パラパラっとめくっていくと、そのページですっと手が止まります。わたくしの顔認識機能もまだ捨てもんじゃないですね。w
で、帯に注目。「ランティスの魅力がここにある」とあります。これがどうもわたくしにはよく飲み込めませんで、ネタにした次第。
「ランティス」は言わずと知れた、アニメ・ゲーム関連に特化したレコード会社です。いや、これもよく知らないんですけどね。(汗

わたくしは特に「ランティス」というレコード会社やレーベルに魅力を感じることはないなぁ。例によってWikipediaなどを見てみると、アニメ・ゲーム・声優関連を中心とした音楽制作会社とあります。わたくしはそっち方面に特に興味がないからなぁ。
いやそれにしても、レコード会社やレーベルに魅力を感じることってあるんですかね。ビジネスの話は別として、単なる客の立場で、例えばソニーミュージックレコードとランティスを比べてなにか違いがあるのかというと・・・まず第一に所属するアーティストさんが好きかどうかが先で、だからレーベルも気になる程度のものなんじゃないかと思います。
いやしかし、アニメ・ゲームに特化ということは、当然ながら声優さん方面に特化ということでもあり、そういう考え方でいくと多くの声優さん&アーティストが所属する「ランティス」には独自の魅力があるということになりますかね。だとしたら、この帯のキャッチは正しいのかも。さらに言うならば、これは10周年記念ライブの記録なので、そういうイベントを行う母体として「ランティス」には魅力があるということなのかもしれませんね。

わたくしのように椎名さん専門とかいうのが変なのかもしれませんね。全体的にもっと広く好きになって興味を持つのが自然なものなのかもしれません。あるいはアニメやゲームの作品の方から興味を広げていくとか。いやまあ、いろいろとチェックはしてみているんですよ、これでも。ただなー、どうもピンとこないというか、椎名さんの音楽とのギャップみたいなものがあって、それをどうしても補完しきれない。いわゆる「心が動かない」んですよね。
もっと広く興味を持って接することができれば、テーマにしていることについての調べ物もはかどるし、自説の裏付けもより正確にできると思うんですけど、そこまでする気力がありません。難儀なもんですなぁ。(汗

その椎名さんは2014年に「ランティス」からワーナーミュージックジャパンへ移籍したわけですけど、では「ランティス」と椎名さんの関係はどうだったのか、これも興味が尽きないネタですね。なんといっても2014年初頭のライブ以来、ランティス時代の楽曲をライブで演ってないというのがありまして、なんでそんなことになっているのか。
権利、いわゆる著作権とか楽曲の使用料とか、そういう問題があるのか。なくはないと思いますけど、そこまで揉めるとも思えないですね。ライブでの使用が特別なのかどうかわかりませんけど、「みたいラジオ」では普通にランティスになってからの楽曲も使っていますし、なにか大もめになったら完全に使えない・使わないと思うんですよね。
じゃあなんなの?となると、そんなことはわたくしに聞かれてもわかりませんということになります。w
無責任に推測するのならば、前述のアニメ・ゲーム・声優関連を中心とするという「ランティス」というレーベルと椎名さんの音楽に対する姿勢が合わなかったのかなぁ、と。椎名さんは確かに声優さんですけど、よりアーティスト寄りの人であり、音楽に関して言うならば声優さんとしての特質はほとんど関係ないと思います。声の質を生かしているとか、そういうのはありますけど、今の椎名さんには楽曲を作ったり歌ったりするときに声優さんだからなにか得をするというようなことは全然ないでしょう。
伝え聞くところでは「ランティス」の製作現場はすごいスピードで物事が進むのだそうで、おそらくそれは得意とするアニメ・ゲーム関連というジャンルの性質のせいだと思うんですけど、そういう要素がない&必要ない、アーティスト色が強い椎名さんには合わないのかも。そういった面でランティス側も椎名さん側もストレスがたまる状態が続いていたのではないかと思います。で、積極的にというか、表立って揉めることはないけど、無言の抵抗とか抗議とか、そういった感じでライブでランティス時代の楽曲は歌わないのかなと。
あとはなんだろ。楽曲を作るときに用意される元ネタの曲が合わないとかですかね。やりようでなんとかなるような気はしますけれども。

かつて某巨大掲示板の椎名さんスレで「レコード会社がかわるとなにか変わることがあるの?」と質問したことがあります。そのときの答えは「機材や楽曲の提供元の違いなんて素人にはわからん」というものでした。おお、まともなやりとりだ。某巨大掲示板とて、そういつもいつも煽り合いをしているわけではないんですよ。w
当時はそれで納得したんですけど、今はちょっと違うかな。やっぱりレコード会社の違いって楽曲に出ますよ。これまた某巨大掲示板で見た意見で「ランティスになってからは楽曲にコクみたいなものがなくなって薄味」というのがありまして、これは両手をあげてというほどではないにせよ理解できます。最近の曲は洗練されているけど、ややカジュアルな感じで、かつての体育会系の熱さみたいなものは薄らいだとでもいいますか。
もっともそれがレコード会社の違いとも言えないんですけどね。椎名さん自身の音楽性の変化かもしれませんから。実際、ここのところのアコースティックライブの様子をみると、もしかして今後はこういう方向に行くつもりなのかななどと思わないこともない。だとすると、洗練されてカジュアルになってきた最近の音楽の流れはレコード会社には関係ないことだとも言えます。

年末あたりに「従来型」のがっつりとしたライブがあるのかどうか。そのときにどんなセットリストになるのか。これが楽しみですね。ライブそのものが楽しみというのもありますけど、どういう風なライブになるのかも楽しみです。そいういう意味では椎名さん専門といっても結構多角的に楽しめているということになりますね。
by namatee_namatee | 2015-09-10 22:09 | music | Comments(4)
Commented by フラフープ at 2015-09-11 22:56 x
日産の魅力とか、トヨタの魅力とか言われてもさっぱりですが、ランティスなら「もしかして?」という想像くらいはできそうです。w
ニュースで驚きました。市役所が孤立とか、リアルに想像してそら恐ろしい気持ちになりましたよ。会社のほうも無事ですか?>台風
Commented by namatee_namatee at 2015-09-12 10:52
>フラフープさま
自動車メーカーとレコード会社を一緒にするのは・・・わたくしも今のトヨタや日産よりはランティスとかWMJの方が魅力を感じられそうです。w

会社もウチも特に被害はありませんでした。近所の小さな川が氾濫したりしましたけど、まあ小さな川ですし迂回は可能でした。那珂川も何度か大きな水害になっているんですけど、今回は幸いにして持ちこたえました。友人の家が被害にあいましたけど、水害は後片付けが大変です。(汗
Commented by ファム&アンドリューwk at 2015-09-14 07:07 x
おはようございます!!
最近の曲はカジュアルな感じしますね!カジュアル過ぎてアニソンなの?!って曲もあるくらい(^_^;)
Rock Roseからfor youでカジュアル感出たなぁって感じからErmitageでだいぶ路線変わって大丈夫かなってなりました(^_^;)
個人的にはへきるRockをやり続けて欲しいのですがね・・・
Commented by namatee_namatee at 2015-09-14 10:41
>ファム&アンドリューwkさま
ある時期のアニソンっぽいのは、あの時期やっぱりそういう方向も模索していたのかな、などと邪推しちゃいます。ランティスとの短い蜜月だったのかもしれませんね。

「へきるロック」「へきロック」はすでに名曲がたくさんありますから。今は熟成された美しい歌声と見事なテクニックを楽しんでほしいということだと思っております。

今日のネタにしようと思っておりますけど、一連のアコースティックライブでいろいろと考えさせられました。薄々感づいてましたけど椎名さんの音楽はやっぱり奥が深いなぁ、と。幅が狭いような気がするので手放しでこれで良しとも言えないとも思いますけど。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 錯綜 謎の三輪車 >>