椎名へきるクラシック(late)

c0019089_19143461.jpg

というわけで、帰ってまいりました。>「椎名へきるマンスリーアコースティックライブ-毎月へきってやっちゃうぞ-」の2回目(長い)

こんなアコースティックがあるか!
前回と違ってロック色が強くなってきた「Baby blue eyes」と「Face to Face」の2つのアルバムから選曲ということで、いやます不安が期待しておりました。あの楽曲をどのようにアコースティックにアレンジするのかって。

とりあえずセットリストを。例によってアップしてくださる方に感謝。

M1 それっていいね
M2 246
M3 この世で一番大切なもの
M4 風の行方
M5 -赤い華- You're gonna change to the flower
M5 Tears
M6 届けたい想い
M8 あなたの名前
M9 あいたい
M10 This Moment
M11 Everlasting Train-終わりなき旅人-
M12 One
M13 風が吹く丘
M14 抱きしめて
M15 Graduater

「それっていいね」とか、これはもともとアコースティックに近い(アコースティックかな)なので全く違和感もなにもなく、2015年に椎名さんの歌声で聴けることに感謝しながらその歌声に浸れます。
びっくりしたのは「-赤い華- You're gonna change to the flower」で、これがアコースティックVerになるとこんなになるのか!って感動しましたね。実はあまり好みの楽曲ではないんですけど、アコースティックVerはとても味わい深くて、これならむしろアコースティックVerでセルフカバーしてシングルとか出して欲しいと思うぐらい良かったですね。

問題は「This Moment」あたりからで、ここからはノンストップですとか(ノンストップは「One」からだったかも)・・・それでその楽曲はいつものノリになりそうな。w
FC eventでも聴きましたけど「One」とか、ただ楽器がアコースティックなだけじゃないですか。(汗
その「One」でさんざん盛り上げておいて「風が吹く丘」「抱きしめて」「Graduater」3連発って。わたくし、ここら辺では泣いてました。w
みなさん、「アコースティクライブ」という前提で自重してるみたいですけど、誰かが我慢しきれず立ち上がっちゃったりしたら、あっという間に全員スタンディングモードに突入みたいな、臨界寸前の熱い感じがたまりません。むしろ椅子に座ったままなのが不自然なような。w

気になったのは椎名さんが歌に入るところで歌詞を飛ばすというか、入り損ねるのが何回かあったこと。やはり通常版とは違うのでタイミングとか取りづらいように見えました。その点を除けば、鳥肌が立つほどの歌唱力。歌唱力というのは譜面に合わせて音程を正確に歌うだけではないというのがよくわかる。大体が、あの声がオンリーワンなわけでして、他の誰をもってしても代わりにはなり得ないわけですけどね。椎名さんのあの声は奇跡といっても過言ではないです。
わたくしは昼の部だけでしたけど、フラフープ氏は昼夜2回参加ということで、夜の部の様子を訊きましたらば、夜の部では昼の部で失敗したところはきっちりとミスなく歌っていたということで、さすがです。椎名さんのライブを連続で行ってみるとよくわかるんですけど、椎名さんは案外スロースターターで、それは1回のライブの中でも冒頭よりは後半、今回もそうですけど最後のラッシュで本当に全開という感じになり、ライブの構成もそのようにしてあるみたいです。で、ダブルヘッダーの2回目のライブになるとこれがまた1回目とはちょっと様子が変わって、最初から全開みたいな、調子の良さがあって、その変化が楽しいですね。さらに、次の日や次回の同じセットリストのライブでもまた違ってきて、本当にライブってのはライブ(生)なんだなぁと、わたくしのようなシロウトでも実感できます。

1回目のライブ終了後、わたくしは一度ホテルにチェックインしに御徒町方面へ移動。2回目が終了したフラフープ氏と改めて秋葉原で合流して、晩御飯を食べる。ファミレスだったんですけど、20:00ぐらいに入って23:00の閉店まで居ましたよ。そこでああでもないこうでもないと「角の立つ話」とか「声優の演技論」とか「石油王にプレゼンする時」とか、話したわけですけど、とても興味深いネタなので別な折に独立したネタで・・・角が立ちすぎて、どうやって薄めれば良いのか見当がつかないのですけれども。w

といったわけで、フラフープさまお疲れ様でした。っていうか、無事帰れたのかどうか。(汗

他に何か・・・ライブ開始30分ぐらい前、代官山の駅前をキーボードの川村ケン氏が歩いていました。w
どこかで見た人だな、と思ったら、ああ川村さんだ、みたいな。特に声をかけたりとかはしませんけど。
会場が狭いせいか、PAの方とか、あと大楽氏と出入り口の近くですれ違ったりしますし、いつもとは違う感じで面白いですね。

日付が変わる頃、ホテルに帰ってシャワー浴びて寝ようとおもいましたけど、例によって興奮しているのか寝付けない。結局、2時過ぎまでgdgdしてやっと寝れましたよ。おかげで5時間ぐらいしか眠れずに寝不足です。これもまあいつものことですけど。

図の黒いのは今回のニューアイテムのフラットポーチ。これ、丸いマークとかは悪くないんですけど、「HS HEKIRU SHIINA」のフォントをもう一工夫欲しいかなぁ。ちょっとそっけないんですよね。緑色のはTシャツです。前回にも購入してますけど、色合いが気に入ったので普段用に2枚目を買いました。
by namatee_namatee | 2015-09-06 19:21 | music | Comments(8)
Commented by フラフープ at 2015-09-07 21:44 x
お疲れ様でした。生きております。w
意外な曲の意外な楽しみ方を発見できたライブでしたね。次回の曲も気になりますなぁ。
ロイホでの時間も、楽しすぎてあっという間でした。僕の無責任な戯れ言は、忘れていただいて構いません。それより、もっとヨコハマの話をしたかったですね。相談したいアイディアもあったのですが、また来月の楽しみにしておきます。
Commented by namatee_namatee at 2015-09-08 07:03
>フラフープさま
大変お疲れ様でした。
次回の曲・・・次回はアルバムで行くとどの範囲なんでしょうね。アコースティックな楽曲はなくはないけど、そうじゃない曲の方が多くなってくるし、心配でなりません。w

来月も当たれば良いなぁ。(汗
Commented by フラフープ at 2015-09-08 07:51 x
「One」も「赤い華」も先にやっちゃうくらいだし、あまり気にしなくなるのかも。>範囲
アコースティック向けであろうがなかろうが、それはすでに(意図的に?)無視されてますし。w
Commented by namatee_namatee at 2015-09-08 12:42
>フラフープさま
そうなんですよね、アルバム縛りとか別に関係ないみたいですね。w
12月もアコースティックらしいということは、前回と同じ曲を演ることも考えられるかもしれませんね。いずれにせよ、いろんな方から意外な感じが楽しめそうで、wktkが止まりません。正直、アコースティックライブでこんなに楽しめるとは思っていなかったですよ。
Commented by josei84827781 at 2015-09-12 13:23
おひさです。

今日の12時過ぎにすぐチケ申し込みしたのに、もぅ売り切れ・・


嫌になりますの凹
Commented by namatee_namatee at 2015-09-12 18:50
>joseiさま
一般はほとんどないんじゃないでしょうか。(汗
あとほんのちょっとだけ、50人ぐらい多く入れれば違うと思いますねぇ。
いつもだったらこんなに焦ることはないんですけど、手に入りづらいとなると途端に焦燥感にかられるようになるこの心理はなんなんですかね。w>チケット
Commented by josei84827781 at 2015-09-15 17:02
多分あんな調子じゃ11月も無理ですわね・・

皆さん私の分まで応援頑張って下さい✨
Commented by namatee_namatee at 2015-09-15 21:19
>joseiさま
そう言わずに可能性はゼロではないわけですから。やってみなくちゃわかりません。(汗
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 安物の耳ですから。 田舎者には荷が重い >>